「Cities: Skylines」の新DLC「Financial Districts」ほか2本は2022年12月13日発売予定!

「Stellaris」開発日記#277――3.6「Orion」パッチノート

Stellaris 開発日記

「Stellaris」の開発日記#277が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は3.6「Orion」パッチノートについて。3.6「Orion」リリース前の開発日記です。

前回:開発日記#276――死は始まり


スポンサーリンク

開発日記

開発日記#277は、3.6「Orion」パッチノートについて。

  • アメリカでは感謝祭の休日が来るため、最後のアップデートをオープンベータブランチにプッシュするのを頼んでおいた。これはリリース候補版となるものだ。このアップデートはすぐに行われるはずなので、今週の開発日記は1日早くなっている。

リリース候補版とは?

  • 3.6「Orion」はまもなくリリースされる予定だ。このベータ版で予期せぬ問題が発生しない限り、今のところ11月29日を予定している。

チェンジログは省略します。いつものようにStellaris日本語Wikiの「Ver.3.6について」で紹介されるものと思われます。

オープンベータに関する最後のコメント

  • 「Orion」オープンベータの大成功により、私たちは今後も同様のリリースを行う可能性が非常に高い。みなさんのご協力に改めて感謝する。フィードバックのおかげで「Orion」はよりよいものになった。
  • 次はより小さな変更点を追求するつもりでいる。次のオープンベータではAIの属国化に関する限定的な変更をテストし、経済の調整もいくつか行うかもしれない。

では次は?

  • 「Orion」の次の「Canis Minor」アップデートは2023年第1四半期を予定しており、「Orion」オープンベータのフィードバックのうち3.6では対応できなかったものと、観察に基づくさらなる戦闘調整が行われる。これには他の2つと比べて工学技術の比重を下げるような技術のバランス調整なども含まれる。このアップデートで予定している他のことについては来年述べる。
なお、ベータ版で遊びたい場合はSteamのライブラリからタイトルを右クリック→プロパティ→ベータからプルダウンメニューでバージョンを切り替えることができます。
  • 注意:Modを使用している場合は壊れる可能性が高い。

2022年11月29日追記:3.6「Orion」がリリースされました。内容についてはこちらのSteamの記事で日本語で紹介されています。

次回:開発日記#278

コメント

タイトルとURLをコピーしました