「Crusader Kings III」新DLC「Roads to Power」発売は9月24日!

「Cities: Skylines II」でパッチ1.1.6f1がリリース オフィス労働者が5人に減る問題の修正など(1.1.7f1も)

Cities: Skylines II

2024年7月3日、「Cities: Skylines II」でパッチ1.1.6f1がリリースされました。オフィス労働者が5人まで減少する問題の修正のほか、新たな建物やツールの機能などの追加も行われています。


スポンサーリンク

1.1.6f1

2024年7月3日、「Cities: Skylines II」でパッチ1.1.6f1がリリースされました。オフィス労働者が5人まで減少する問題の修正のほか、新たな建物やツールの機能などの追加も行われています。

今回のパッチには「Detailer’s Patch #1」という名称がつけられており、このDetailer’s Patchというのは受け取ったフィードバックに対応し、細部の装飾にこだわるプレイスタイルのサポートを改善するためのものとされています。開発チームが他にどのようなものを用意しているかは今後発表されるとのこと。

また、今回のパッチで夏休み前のアップデートは終わり、開発の再開は8月以降になるとされています。

1.1.6f1の変更点

以下では私が気になった点を抜粋しています。

  • 新たなコンテンツ
    • 区画化可能なラウンドアバウト
      • 8つの新たなラウンドアバウトの装飾
    • 樹木配置ツールに樹齢選択ツールを追加
    • 表面ツール
      • 2つのコンクリートの表面
      • 2つの芝生の表面
      • 2つの舗装の表面
      • 2つの砂地の表面
      • 3つのタイルの表面
    • 27種類の新たなサービス施設のバリエーション
      • 小規模給水塔
      • 小規模診療所
      • 都市消防署
      • 4つの教育施設
      • 2つの警察署
      • 小規模郵便局
      • 6つの公共交通施設
      • 5つの都市公園
      • 6つの駐車場
    • 4種類の新車両
      • 北アメリカのごみ収集車
      • 北アメリカの除雪車
      • 北アメリカの旅客列車
      • ヨーロッパの貨物機関車
  • ゲームの修正
    • オフィスの従業員数が5/5になるまで減少していたのを修正。
    • 工業企業の労働者の最大数が正しく更新されなかったのを修正。
    • 郵便局の建物がなくても信頼できる郵便サービスの幸福度が市民の幸福度に影響するように修正。
    • サービス施設がアップグレードされたときに賃金が2倍になり、サービス費用が高くなりすぎるのを修正。
    • 建物をアップグレードするとUIの維持費の項目で賃金が2回計算されていたのを修正。
    • 一部の市民が生涯若者のままだったのを修正。
    • 金融サービスやソフトウェアのような仮想的なオフィス製品が企業間で機能していなかったのを修正。
    • 時間経過による水質汚染の減衰を改善。
    • 高速道路からの騒音と大気汚染を増加させた。
    • 太陽光発電所の騒音を削除。
    • 小学校の遊び場と大学の公園のアップグレードには大きな公園をアンロックすることが必要になった。また、高校の運動場には大規模スポーツ施設をアンロックすることが必要になった。
    • 新たな翻訳を追加。

既知の問題

  • 小規模郵便局が都市で配達するために送られてきた郵便物を受け取らない。
  • オフィス企業は5/5の労働者数からゆっくりと回復する。ただし都市内で利益をあげられる場合に限る。
  • オフィス企業は建物が削除されても都市を去らない場合がある(本来は都市を去るべき)。オフィスが5/5のままだったり、労働者を失い続ける場合は、オフィス企業が都市に留まっている可能性が高い。以下の回避策で強制的に追い出すことができる。
    1. オフィスの税率を30%に上げる。
    2. すべてのオフィスビルが空になるまでシミュレーションを実行させる。これにはゲーム内時間で1か月ほどかかる。空きのオフィスビル(灰色で表示される)は収益性情報画面で確認できる。
    3. すべてのオフィス企業が都市から撤退したら、税率をお好みの水準に戻す。
    4. 新たなオフィス企業が都市にやってくる。空きのオフィスビルが多いため、しばらくはオフィス需要が見込めないだろう。これは通常のことだ。オフィス需要は既存のビルが満室になると戻ってくる。
  • オフィス需要を維持する代替手段として、以下の方法がある。
    • 都市内のオフィス区画をすべて消去する。
    • オフィスからの税収が0になるまでシミュレーションを実行させる。
    • お好みの場所を再びオフィス区画に設定する。

1.1.7f1(2024年7月5日追記)

2024年7月4日、1.1.6f1で発生していた問題をいくつか修正するホットフィックスパッチ1.1.7f1がリリースされました。なお、1.1.7f1は今のところSteamのみのリリースであり、Microsoft Storeでは認証に通った後にリリースされるとのこと。

  • 郵便局がさまざまなサイズの郵便物を受け取れるように改善。さらに、配達車が郵便物を輸送できるようになった。
  • 郵便局02とそのアップグレードのユーティリティ消費量、容量、建設費、維持費を調整。
  • アップグレード「Radio Mast Wireless Network Antenna」にアイコンがなかったのを修正。

これ以降、開発チームは夏休みに入り、8月5日に戻ってホームレスや犯罪に関する問題などのバグ報告の調査を行うとのこと。


#1とついているように、この系統のパッチはまだ続くようです。都市サービス維持費が高くつく問題は、さらに小さなサービス施設を追加することで解決するようですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. シムシティは重視するポイントを街から人に移して大失敗してシリーズが消えてしまったのに、
    それを踏み台にして成功したスカイラインもなぜ街づくりから人メインにシフトしてしまったのだろう

タイトルとURLをコピーしました