「Victoria 3」新DLC「Sphere of Influence」発売は5月6日!

「Stellaris」開発日記#309――OK, Bloomer

Stellaris 開発日記

「Stellaris」開発日記#309が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は「Plantoids Species Pack」の改良と3.9での変更について。3.9「Caelum」リリース前の開発日記です。

前回:開発日記#308――ロックオン!


スポンサーリンク

開発日記

開発日記#309は、「Plantoids Species Pack」の改良と3.9での変更について。

  • 今回も3.9「Caelum」でのSpecies Packの改良とその他のものについて。

動画版開発日記も掲載されています。

Environmentalists

  • 最初のバージョンの国是「Environmentalists」のRanger LodgeとRangerの職はいいものだったが、もっと改善できると感じた。この国是に関する変更点は以下のとおり。

    • LodgeがもたらすRangerの職業枠数は惑星上の自然ブロッカーの数で変動するようになった。
    • Environmentalistの帝国は「Nature Preserves」を拡張し、惑星上のブロッカー(つまりRangerの職)の数を増やせるようになった。

    • Environmentalistは統合力を生むことに加えて、「Nature Preserves」を除く惑星上の自然ブロッカーがRangerの職に少量の基礎資源生産をもたらすようになった。

特性「Invasive Species」

  • 雑草のように成長するPlantoidやFungoidの種族を作ることができる。「Invasive species」はその種族が持つネガティブな特性ひとつにつき居住性が+5%、Pop成長率が+5%されるもので、ネガティブな特性か植物に関する特性を持つ種族のみが選択できる。

起源「Fruitful Partnership」

  • 起源「Fruitful Partnership」を持つ帝国はティヤンキと接触した状態でスタートし、「Starseed Gardens」が彼らの母星のOrchard Stationに建設されている。

  • 星系を訪れた宇宙生物はステーションに誘い込まれ、そこで提供された果物を食べ、プレイヤー種族の種の鞘を持って銀河系を移動する。

  • 居住可能惑星の近くを通りかかると、種の鞘は住処を見つけることができる。

  • 特別プロジェクトを完了すると、種がもたらされた場所で新たな生命が花開く。

  • 敵の惑星に種を蒔くという、もう少し直接的な方法もある。こうした種のブロッカーは敵にとっては厄介だが、プレイヤーが惑星を獲得して除去すれば、LithoidのブロッカーのようにPopに変えることができる。

Human Plantoids

  • 先週紹介したLithoid Theiansは遠い昔に地球と接触していたが、新たなPlantoidsは地球からスタートし、「もし人間が植物だったら」という可能性を探る。当然、地球から分離したCommonwealth of Manのような帝国もこれを受け継ぐ。

3.9での改良

中立機構の指導者

  • 「Galactic Paragons」と「First Contact」の開発中に、私たちは銀河系に点在する中立機構との以下のような関わりを見直したいと思っていたが、その時間がなかった。
    • キュレーターから科学者を雇う
    • 貿易中立機構から総督を雇う
    • ShroudwalkersからTeacherを雇う
    • SalvagersからSalvage Overseerを雇う
  • 3.8のホットフィックスパッチが終わった頃に、私たちはEmpire Councilorsのさらなるコードの支援を得ることができ、作業に取りかかることができた。3.9ではこうしたディシジョンでレベル5の固有の特性を持った科学者や総督を雇用できる(「Galactic Paragons」があれば彼らだけが任命できる固有のCouncil Positionもある)。このリーダーの募集によって既存の惑星補正「Shroudwalker Teacher」と帝国補正「Salvage Overseer」が置き換えられ、キュレーターや貿易中立機構から雇用する科学者や総督を改良したものとなる。

  • 中立機構からRenowned Leadersを雇用した場合、プレイヤーが彼らの出身地を攻撃したときに彼らが座視するのを期待してはならない。

UIの改造についての変更

  • これについて強調したい主な変更点は、NInterfaceがcommom/defines/00_defines.txtからunchecked_defines/interface.txtに移動したという点だ。これによってNInterfaceのdefinesを変更するModは実績やアイアンマンをブロックしなくなった

暫定的なリーダー経験値のアップデート

  • 開発日記#307で述べたように、より大きな見直しの準備ができるまでキャップ超過の悪影響を低減する調整を考えていた。経験値が-100%になる直線的な減少ではなく、曲線を描く式に変えた。

来週はHumanoidsとNecroids、軌道上居住地、オープンベータについて。

次回:開発日記#310――生と死の問題

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました