CK3新DLC「Fate of Iberia」発売は5月31日!(現地時間)

「Stellaris」開発日記#243――3.3「Libra」は出た、では次は?

Stellaris バージョン情報

「Stellaris」の開発日記#243が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は今後の開発について。3.3リリース後の開発日記です。

前回・前バージョン:開発日記#242――3.3「Libra」パッチノートとリリース日の公開(3.3.1正式版)


スポンサーリンク

開発日記

開発日記#243は、今後の開発について。

  • Stellaris 3.3.1「Libra」Custodianアップデートがリリースされ、再び過去を振り返り、未来へ向かうときが来た。
  • 3.3アップデートはオープンベータを経て見事な成功を収めたと私たちは感じている。コミュニティの協力によりシステムは大幅に改善され、多くのバグが発見され、修正された。みなさんのご協力に感謝する。

3.3のサイクル

  • フランス語、ポルトガル語、ロシア語のローカライズの問題や、一部のプレイヤーが遭遇したクラッシュなどギリギリで見つかった問題の修正のため、今日3.3.2をリリースした。

パッチノートは上でほぼ説明されているため省略。

  • さらなる問題に対処するため、3.3.3アップデートが今後数週間で予定されている。

新たなプレイヤーとチュートリアル

  • Stellarisはいつも始めやすいゲームであるとは言いがたい。チュートリアルや初期のゲーム体験に変化があっても驚くことはない。私たちは新たなプレイヤー体験のさまざまな要素についてデータを収集し、さまざまなことを試し、うまくいくことを探していこうとしている。

3.4に向けて

  • 3.4はすぐそこまで来ている。計画では5月まで、3.4アップデートのthe Custodian側では統合力(Unity)に関するバランス調整を続け、オープンベータと3.3リリースからのフィードバックにさらに対応するほか、開発日記#234で初めてご紹介した情勢(Situations)システムのリリースを計画している。情勢とその使い方については今後開発日記で述べる予定だ。

影響力(Influence)と諜報

  • 3.3では影響力が外交・ファストトラベル・生存領域の拡大のための主要な資源だ。5月のアップデートで予定している変更のひとつは統合力に関するオープンベータでいただいたフィードバックに触発されたもので、諜報作戦(Espionage Operations)の初期コストを大量のエナジークレジットではなく影響力に変更する。諜報作戦の維持費は依然としてエナジークレジットだが、数値は変更される可能性がある。

  • この変更に伴い、伝統ツリー「策略(Subterfuge)」にも改良を行った。諜報を重視すると使節(Envoy)の供給が厳しくなり得るため、伝統「二重スパイ(Double Agents)」で使節を1人もたらし、さらに最大浸透レベル(Maximum Infiltration Level)を10引き上げるようになった。

  • 一方で、ツリーの初期に戦闘に関する恩恵を追加し、ECM・ECCMの能力を強化することを表現した。「策略」を重視する帝国は敵艦を捕捉しやすく、敵艦からの捕捉を失敗させやすくなった。
  • 数値は依然として変更される可能性があり、諜報作戦のさらなる見直しも今後予定されている。

国是「のどかな開花(Idyllic Bloom)」の改良

  • 3.4(5月リリース予定)では国是「のどかな開花」に対するプレイしやすさの変更も予定されている。現在はガイア播種装置(Gaia Seeders)が惑星適正に合った惑星にしか建設できないため、この特別な建造物を利用する前にテラフォーミングしなければならなくなっているが、そうではなく、テラフォーミング技術を獲得することでガイア播種装置が有効になる惑星が拡張されていくようにする予定だ。
  • ガイア播種装置は惑星造形(Terrestrial Sculpting)を持っていれば、同じ気候種別(乾燥(Dry)・湿潤(Wet)・寒冷(Cold))の他の惑星にも建設できるようになる。
  • (注:あらかじめ作成されている帝国の)Maweer Caretakersは熱帯惑星(Tropical World・湿潤)の出身なので、高山惑星(Alpine World・寒冷)でガイア播種装置をアップグレードするためには環境適応(Ecological Adaptation)技術が必要となる。
  • また、気候復元(Climate Restoration)技術を獲得すれば死の惑星(Tomb Worlds)にも播種できる。
  • ガイア播種装置の維持費は建造物の配置と同じく、テラフォーミングの難易度と同じ段階を使用して増加する。

他に予定されていることは?

  • 危機拡張チームが取り組んできたことについてはまだ情報を出す準備ができていない。しかし私たちのエージェントの一人がコンセプトアートチームの素晴らしい作品をこっそりと持ち出してきてくれた……。

次回:開発日記#244――変化のとき

次バージョン:3.3.3

コメント

  1. 諜報作戦に影響力が必要になる?
    初期は影響力に余裕ないし、後半は諜報作戦など不要だし。
    中盤にちょろっと使えるかもぐらいになりそうな気がする。
    調整中らしいから最終的にどうなるかはわからないけど。

タイトルとURLをコピーしました