「Imperator: Rome」が日本時間12月9日03:00まで無料プレイを実施しているとのこと。同時に33%オフのセールも行われています。

「Crusader Kings III」開発日記#4――開発度と建造物

「Crusader Kings III」開発日記#4が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は開発度と建造物について。

前回:開発日記#3――戦争


スポンサーリンク

概要

開発日記#4は、開発度と建造物について。

  • 今回は所領(holdings)、すなわち男爵領と伯爵領についてプレイヤーができることをご紹介する。男爵領(Baronies)はCK3ではマップ上に物理的に存在しており、男爵領のグループをまとめて伯爵領(County)と呼ぶ。
  • 建造物などは今作でも男爵領のものだが、2つの重要な値は伯爵領単位となる。すなわち開発度と支配度だ。
  • 開発度(Development)とは伯爵領の技術的先進性とインフラ一般の尺度だ。開発度は所領から得る税収や徴募兵を直接増加させ、特別な選択肢を可能にする。開発度はゲームを通じて非常にゆっくりと上昇し、開発度の高い伯爵領から近隣の伯爵領へ広がっていく。例えばコンスタンティノープルは初期から非常に高い開発度を持っているが、これがゆっくりと広がり、ギリシャの中心地よりもずっと遠い土地まで到達する。
  • もちろん開発度を高める手段は存在し、例えば家令(Steward)の「開発度の引き上げ(Increase Development)」任務があるが、これは非常にゆっくりした過程であり、通常は特定の伯爵領でのみ行う価値がある。伯爵領内に農地(Farmland)や氾濫原(Floodplains)のような地形があると、開発度を高める理想的な候補となる。開発度が一定レベルに達すると開発度はゆっくりとそれ以外の領内に広がっていくため、座ってみているだけで済む。
  • 支配度(Control)は伯爵領内に対してプレイヤーが持っている権力を表現している。これは攻城戦の期間中や領地を強制的に奪うことで自然に低下し、CK2の「new Administration」の補正を置き換える。元帥(Marshal)を使って新たに征服した土地の支配度を高めることができ、多くの多くの役に立たない土地があることに気付くかもしれない。また、これは自領外における農民の暴徒やそのような害虫の重要性を高めるものでもある。
  • 伯爵領はそれぞれ所有者に対して評価を持ち、これを「民衆の評価(Popular Opinion)」と呼ぶ。これは地元農民の感情を表しており、文化や宗教の転向には非常に長い期間がかかるため、プレイヤーがその土地と同じ文化や宗教でない場合や、その土地をプレイヤーのために管理する「地元の領主(local lords)」として同じ文化や宗教の封臣を立てると低下する傾向にある。不幸な伯爵領は問題が起こりやすくなるが、これについては別の開発日記で述べる。
  • 伯爵領にはそれぞれ男爵領が使えるスロットが一定数ある。一部はスタート時点で既に男爵領が建設されているが、一部は空いている。

  • 所領の3つの種別は変わっていない。すなわち城(Castles)、町(Cities)、寺院(Temples)はマップ上の所領の大半を占め、それぞれが目的を持っている。城は徴募兵と防備を、町は税収と副次的には開発度を、寺院は同程度の税収と徴募兵に加えて副次的には支配度を、それぞれもたらす。

  • プロヴィンスの地形に基づいて、各所領は多くの建造物を利用できる。通常の建造物は主に税収と徴募兵の増加に注力し、副次的な効果として防備や補給物資の増加などがある。こうした建造物は通常、単純なアップグレードが行われる長期的な投資だ。

  • 味付けとして、公爵領の首都建造物(Duchy Capital Buildings)のコンセプトも導入した。これはすべてのDe Jureの公爵領の首都となる男爵領にのみ建設でき、建設してアクティブにするには関連する公爵領を支配する必要がある。特別な建造物を建てることができる伯爵領を貯め込むことはできず、CK2と同じく個人で多くの公爵位を持ちすぎると深刻なペナルティがつく。
  • こうした建造物は非常に高価だが多くのフレーバーをもたらす。軍学校(The Military Academies)の流れにある建造物は騎士の有効性を高め、より多くの騎士を持てるようになりる。境界地(marches)の建設では公爵領全体がより防衛しやすくなり、攻城兵器工房(Siege Workshops)では攻城兵器の有効性が高まる、などだ。
  • 特別な建造物のコンセプトもある。これは古代やゲーム期間中に建設された史実の建造物を表現することを狙っている。マップ上の特定の男爵領に配置されており、ピラミッドやコロッセウムのほか、オッファの防塁(Offa’s Dyke)やバーミヤンの石仏(Buddhas of Bamiyan)のようなあまり知られていないものもある。また、ロンドン塔(Tower of London)やアルハンブラ宮殿(the Alhambra)のようにゲーム中で建設できるものもある。
  • こうした建造物はすべて固有の興味深いボーナスをもたらし、一部のものはマップ上に3Dモデルで表示される。

質疑応答

Q1:公爵領の首都は固定されてるの?

A1:されている。例えばエセックス公爵領の首都建造物はロンドンに建設する必要がある。

Q2:城と町と寺院以外の所領はなんなの?

A2:部族と空き。


来週は新たな陰謀システムについて。

次回:開発日記#5――策略、秘密、Hooks

コメント

タイトルとURLをコピーしました