「Imperator: Rome」が日本時間12月9日03:00まで無料プレイを実施しているとのこと。同時に33%オフのセールも行われています。

「Imperator: Rome」キケロアップデートについて

「Imperator: Rome」1.2キケロアップデートのリリースを明日に控え、パッチノートが公開されましたのでその内容を簡単にご紹介します。

前回:1.1ポンペイウスアップデート


スポンサーリンク

概要

パラドフォーラムのパッチノートはこちら。以下では新機能に関する部分を抜粋してご紹介しています。全文については直接フォーラムをご覧ください。なお、これまでの開発日記で取り上げられた項目については該当記事へリンクを張っています。

  • 忠誠を誓った部隊を2倍のコストで解散できるようになったが、そうした部隊は「退役部隊(veteran cohorts)」としてキャラクターの権力基盤に影響を与え、そのキャラクターが反乱を起こした際には熟練した部隊として出現する。
  • Popは別のPopタイプへの昇格・降格、文化の同化、改宗がただちにできなくなった。そうしたものは時間経過で発生し、政策やその他の行動によってスピードアップできる。その都市(注:後述のように今回のアップデートで都市からterritoriesに呼称変更。以下同様に修正している)の現在進行中の変化はterritoriesインターフェースから確認できる。
  • Popは隣接するterritories、同じプロヴィンス内のterritories、自国内の港があるプロヴィンスとの間で、時間経過により移住する。手動によるPopの移動は奴隷と(自国が部族である場合)部族民に限られる。
  • 君主点のコンセプトは取り除かれた。メカニクスは時間経過で変化し、その他の資源や機会コストを使うようにした。新たな資源である政治的影響力(Political Influence)は政府内の忠誠心あるメンバーによって、時間経過で生み出される。政治的影響力は国家アイディアの選択や法律の制定など、政府への直接的な行動に使用される。
  • 経験値の見直し。ユニットの経験値は戦闘による損失で失われるのではなく、時間経過で失われるようになった。すべての陸軍は訓練(Drill)能力を使用でき、これはコストと将軍に忠誠を誓う確率が上昇するかわりに経験値が貯まる。
  • 軍の伝統の見直し。軍の伝統は軍経験値(Military Experience)を使用して獲得する。軍経験値は国家の持つ数値で、自国が積んできた戦争経験の度合いを意味する。軍経験値は部隊の経験値の平均と戦争疲弊度で上昇し、つまり傭兵に頼っていると蓄積速度が低下する。
  • これまでの都市(cities)をCities、Settlements、Metropolisesに分割し、これらをまとめてterritoriesとした。CitiesとMetropolisesはマップ上では3Dの建造物で表現される。
    • Settlementは基礎的な領土の単位で、人口キャパシティはcityより少なく、建造物はひとつだけ建てることができる。Settlementの建造物はcitiesで利用できるものとは異なり、生産に注力するものとなっている。settlementでは人口が奴隷や(支配国が部族である場合)部族民になりやすい。
    • cityはsettlementに資金と政治的影響力を投じて建設できる。cityは複数の建造物を持つことができ、settlementよりも高い人口キャパシティを持つ。citiesでは交易品生産のためにより多くの奴隷が必要とされており、人口は時間経過で市民や自由民になる可能性が高い。
    • Metropolisへは多くの人口を持つプロヴィンスの首都からアップグレードできる。Cityの建造物も引き続き利用可能で、高い移住魅力度を持ち、citiesより多くの建造物スロットを持つ。
    • CityやMetropolisはsettlementに戻すことができるが、引き換えにTyrannyが上昇する。部族ではTyrannyの上昇幅は小さくなる。
    • 11の新たな建造物を追加し、citiesの開発に深みを持たせた。
    • Settlementsには5つの新たな建造物を追加した。
  • 請求権の捏造は即時ではなくなり、時間経過で完了するようにした。
  • 総督に地名に関する異名を与える行動を追加
  • 汚職に対して制裁を加える行動を追加。忠誠度・Tyrannyと引き換えに腐敗度を低下させる。
  • 食糧が支配するすべてのterritoriesで生産されるようになり、その量は地形に依存する。食糧はPopや軍事ユニットが消費し、不足すれば軍事ユニットは損耗を受ける。余剰の食糧はプロヴィンスに蓄えられる。食糧の貯蔵が多ければ人口成長率が増加し、その土地のdefensivenessも高まる。食糧貯蓄がなくなると記が飢餓やdefensivenessの低下につながる。
    • 交易品の余剰でも食糧は生産され、大都市を養うために輸入され得る。
  • 新たな総督の政策「Harsh Treatment」を追加。移住魅力度とPopの出力を低下させ、プロヴィンスの忠誠度を上昇させる。
  • 共和制でのWar Councilイベントを追加。
  • 共和制に政府への行動「Curiate Assembly(注:スペルミス?)」を追加。
  • 共和制と君主制の法律を見直し、技術によってアンロックされるようにした
  • 部族制の法律を見直し、集権度によってアンロックされるようにした
なお、アップデート後も以前のバージョンで遊びたい場合はSteamのライブラリからタイトルを右クリック→プロパティ→ベータタブからプルダウンメニューでバージョンを切り替えることができます。プルダウンメニューが表示されない場合はこちらの記事をご覧ください

1.2キケロアップデートの正式リリースは明日9月24日とのこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました