2018/10/02:パラドゲーの過去バージョンの利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

「Europa Universalis IV」開発日記2017年11月28日

「Europa Universalis IV」開発日記2017年11月28日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回は1.24「ジャパン」アップデートについて。

前回:開発日記2017年11月14日


スポンサーリンク

概要

2017年11月28日分の開発日記は、1.24「ジャパン」アップデートについて。

  • 今日は来たる1.24アップデートのマップの変更についてだ。1.24アップデートでは日本フィリピンに変更が加えられる。

フィリピン

  • 1444年時点では北部に3つの新たなタグが追加される。Pangasinan、Tondo、Maynilaだ。この3か国はそれぞれ異なる宗教を持っている。すなわちMahayana、Hindu、Animistで、この3か国がフィリピン北部を分割しており、また新たにLuzonアイディアが追加された。
  • luzon_ideas
    • global_trade_goods_size_modifier = 0.1、navy_tradition = 1
    • luzon_barangay:naval_maintenance_modifier = -0.2、sailor_maintenance_modifer = -0.1
    • luzon_conquest_of_paradise:hostile_attrition = 1
    • luzon_sino_philippine_trade:global_ship_trade_power = 0.1
    • luzon_tagalog_syncretism:tolerance_heathen = 2
    • luzon_sailors:navy_tradition_decay = -0.01
    • luzon_a_safe_haven:advisor_cost = -0.1
    • luzon_expand_the_sugar_production:production_efficiency = 0.1
    • bonus:naval_morale = 0.2

  • 南部には、ヒンドゥー教国家であるMadyas、Cebu、Butuanがあり、これらの国はMaguindanaoの強力なAnimistの影響力の前に縮こまっている。また、飛び出ているSuluも1444年時点でプレイ可能になっているのがわかるだろう(注:画像左下のユニットが立っているように見える島のことと思われる)。これらの新たなタグにも固有のNational Ideasが用意されている。今日はMaguindanaoを見ていこう。Animist Pride World Wideだからだ。(注:白人至上主義団体のスローガン「WHITE PRIDE WORLD WIDE」に掛けているものと思われる)
  • mindanao_ideas
    • start:navy_tradition_decay = -0.01、infantry_power = 0.1
    • mindanao_an_islamicized_barangay:tolerance_heathen = 2
    • mindanao_unite_the_datus:global_tax_modifier = 0.1
    • mindanao_protect_the_riches_of_mindanao:global_trade_goods_size_modifier = 0.1
    • mindanao_moro_sailors:naval_maintenance_modifier = -0.2
    • mindanao_fortify_our_ports:defensiveness = 0.2
    • mindanao_guerilla_warfare:land_morale = 0.1
    • mindanao_pirates_of_mindanao:embargo_efficiency = 0.1、privateer_efficiency = 0.25
    • bonus:global_manpower_modifier = 0.1

日本

  • 日本はMandate of Heavenで大きく注目されたが、私たちは日本列島における誤りを正すために立ち戻った。1444年時点で京都が目と鼻の先にあるOda家のほか、Kitabatake家とTokugawa家もプレイできるようになる。信長が織田家を大きく引き立てるのはずっと後のことだが、彼らは自身のNational Ideasを持っている。
  • ODA ideas
    • start:infantry_power = 0.1、land_morale = 0.1
    • oda_rakuichi_rakuza:global_trade_goods_size_modifier = 0.1
    • oda_tenka_fubu:province_warscore_cost = -0.1、core_creation = -0.1
    • oda_generals:leader_land_shock = 1
    • oda_azuchi_castle:leader_siege = 1
    • oda_triple_firing:fire_damage = 0.1
    • oda_patronization_of_the_west:technology_cost = -0.05
    • oda_kenchi:global_manpower_modifier = 0.2
    • bonus:leader_land_fire = 1
  • 1.24アップデートは新年になるよりも前を予定している。このアップデートは無料であり、上記のマップ変更、アイディアの追加、バグフィックスなどを含む。これは私たちからみなさんへのクリスマスプレゼントだ。

質疑応答

Q1:ヨーロッパに大きな変更はないの?

A1:ない。

Q2:この時代にはない大名家も入れるの?

A2: chatnoir17氏は織田家、徳川家、北畠家が実際にはそうではないと指摘している。徳川家についてはそのように言えるかもしれない(注:当時は松平家だったので)が、これは私たちがゲーム中で家名の変更をやれていないことの問題だ。

Q2-2:じゃあどうして今まで1444年に存在しなかったの?

A2-2:どれくらい詳しくするか、特定のタグがプロヴィンスに存在するのに充分に重要であるか、充分に自治していたかということは常にある疑問だ。日本は神聖ローマ帝国と同様にひとつのプロヴィンスがカバーするよりももっと多くの実体があった。ゲームとは異なり、現実では自治というのはグラデーションのようになっていて、この場合、私たちはスタート時点からプレイできる可能性を提示できるタグを求める方向に傾いている。


来週は修正内容とバランス取りについて。

次回:開発日記2017年12月5日

コメント