「Stellaris」開発日記#95――Humanoids Species Pack

パラド社発の宇宙4Xゲーム「Stellaris」の開発日記#95が更新されましたので、その内容をご紹介。今回はHumanoids Species Packについて。

前回:開発日記#94――チェリイでのアセンションパークと探査


スポンサーリンク

概要

開発日記#95は、Humanoids Species Packについて。

  • 去年以来、特にここ数か月は、Plantoidsのときのような追加のポートレートや艦船セットを求める声が多かった。チェリイアップデートにおける大きな改変にコーダーとコンテンツデザイナーの時間を割り当てたため、多くのアート制作の時間を作ることができた。ハインラインアップデートのときは多くの無料のヒューマノイドポートレートを追加し、非常に人気だった。ゲームのおよそ半数近くがヒューマノイドで始められていた。
  • 哺乳類のものよりも滑らかな、より「古典的な西洋のSF」のような艦船セットを求める声を合体させて、Humanoids Species Packが生まれた。私たちのアーティストは舞台裏で静かに仕事を続け、そして準備ができた。
  • Humanoids Species Packの内容は以下。
    • 10の新たなヒューマノイドポートレート。
    • 古典的な西洋のSFにインスピレーションを受けたまったく新たな艦船セット。
    • ヒューマノイド向けの新たな都市セット。
    • 追加のあらかじめ作成されている帝国である、狂信的権威主義/物質主義のVoor Technocracy。「ロード画面の異星人」にインスピレーションを受けたポートレートを持つ。
    • 3種類のアドバイザー音声。これはUnited Nations of Earth(「Dignified Xenophile」)、Commonwealth of Man(「Disciplined Militarist」)、Voor Technocracy(「Ruthless Materialist」)に基づいた既存の志向に向けたものだ。(注:ボイスパックはSynthetic Dawnを持っている必要はないとのこと。)
    • 3曲のクラシックなStellarisの曲をリミックスしたミュージックトラック。
  • もちろん、既にある5つのヒューマノイドポートレートは全員に対して無料のままだ。
  • Humanoids Species Packは2017年12月7日発売、7.99ドルだ。パラド社販売サイトから予約することも可能だ。

スレッドの投稿の一番下には試聴用の音声ファイルが貼られています。

質疑応答

Q1:これは1.8.3で動作するの?

A1:これは1.8.3の作り直しである1.9としてリリースされる。したがってイエスだ。

Q1-2:チェリイアップデートの前に1.9アップデートがあるということ?

A1-2:その通り。1.9は小規模なアップデートだ。

Q1-3:1.9の次のメインアップデートは1.10? 2.0?

A1-3:通常なら1.10だ。チェリイアップデートは2.0になる予定だが、これは大規模な変更になるからであって、1.9の次だからではない(バージョンナンバーはそのようにはしていない)。

Q2:ライブストリームでやってたイースターエッグのスウェーデン語ボイスパックはどうすれば使える?

A2:起動オプションに「-bajen」とつけて起動すればいい。(注:Steamのタイトルを右クリック→プロパティ→一般タブにある「起動オプションを設定」で入力すればできるはず)


来週はチェリイアップデートでのドゥームスタック(今度こそ本当)についてとのこと。

次回:開発日記#96――ドゥームスタックと艦船設計