「Hearts of Iron 4」開発日記#43

hoi4-dd43

「Hearts of Iron 4」開発日記#43が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は外交について。

前回:開発日記#42

2016/2/13 #44へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

開発日記#43は、外交について。

勢力(Faction)

  • HoI4の目標のひとつは、イデオロギーによって勢力が形成されるのではなく、プレイヤーが自分自身で形成できるようにすることだった。
  • 作成者のイデオロギーは勢力の特別なルールとボーナスについてや、誰が勢力に入ってくれるかについて重要だ(例えば、ファシストが率いている勢力は既に戦争していても誰にでも宣戦布告できる)。
  • 勢力を旗揚げするには、そうすることができる国家目標(National Focus)を取る必要がある。目標の中には直接勢力が旗揚げされるものもある(フランスのチェコスロバキアとの小協商のような)。小国でも正しい目標を取れば勢力を旗揚げすることができる。勢力を旗揚げすると、勢力の名前を自由に決められ、その勢力のリーダーとなる。
  • 国家はいくつかの状況で勢力を離脱することができる。クーデターが起こったり、(一緒に戦争していないときに限るが)自分で勢力を抜けたり、特別な目標やイベントが起こったりしたときだ。

戦争の正当化

  • 誰かに対して宣戦布告するとき、戦争の目標を決めなければならない(これはどうやっても変更できない)。特定のファシスト国家は最初に宣戦布告するときだけ戦争の目標が必要で、戦争中なら続けて宣戦布告でき、より素早く行動できる。民主主義は、世界の緊張度がゼロのうちは戦争目標を正当化できないという制限がある。
  • 戦争目標があると、戦争が終わって講和会議のときに、同盟国と比較して安く目標としたものを要求することができる。
  • また、戦争目標は特定の状況で国家目標から獲得することもできる。これはすべてのルールに優先して獲得できる。

和平の提案

  • HoI4では、戦争が充分進むと降伏勧告ができるようになる。降伏する側の国家からも降伏の申し出をすることができる。これは国家が占領されたり、国民統合度が限界まで下がったことによる無条件降伏とは異なる。講和会議についてはこちらも参照のこと。(当サイトの対応する記事はこちら

独立保障

  • これは拡張主義者を止めようとする民主主義国のメインツールだ。誰かの独立を保障することで、世界の緊張度にかかわらず(実際に独立保障をするには25%の緊張度が必要だが)相手国を保護するために参戦することになる。
  • 独立保障するには政治力を消費し、さらに他の国にも独立保障しようとすることは相当高くつくため、ヨーロッパ全体を絨毯爆撃のように独立保障して回るのは得策ではない。

軍事通行権(Military Access)

  • ほとんどのパラドゲーと同じく、攻撃されることなく他国の領内を軍隊が通行できるようになる。航空基地と軍港へのアクセスは軍事通行権ではできず、勢力が同じである必要がある。

関係改善

  • EU4と同じような感じで、政治力を消費して他国と関係を円滑にすることができる。これは勢力に参加したり、貿易を行うときに役に立つ。

不可侵条約

  • 不可侵条約はお互いに相手に対して宣戦布告しないようにするものだ。発効から12か月間は破棄することができないが、それ以降はお互いの国境に相手がプレイヤーより相当少ない軍隊しか配置していない場合、破棄することが可能になる。破棄されないために必要な量の軍隊は、時間経過とともに少なくなっていく。(多くなっていくの間違い?)

レンドリース・義勇軍・遠征軍

政党支持率の引き上げ

  • 政治力を消費して他国の政党の支持率に影響を与えることができる。これは自分の国家で大臣を採用するほど強力ではないが、国家を自分の側に引き寄せ、将来的にはクーデターも期待することができる。

クーデター

  • 政治力と装備を消費して、外国でクーデターを準備することができる。発生する内戦の規模は、国民統合度、プレイヤーが支持しているイデオロギーの支持率(the power of the ideology)、送り込んだ装備の量など、いくつかの要因による。
  • こうしたことについて不安ならば、大臣と国家目標があれば、外国からの工作に対して備えることができる。
  • 内戦とクーデターについて、詳しくはこちらを参照のこと。(当サイトの対応する記事はこちら

占領地の移転

  • 戦争における占領地を味方に引き渡すことが可能だ。これについては次回の占領とレジスタンスについて述べる開発日記で詳しく解説する。

開発日記の最後で、ようやくHoI4が公式ベータ版に移行したと書かれています。ただ発売日についてのアナウンスはもう少し先とのこと。以前、「アルファ版から発売まで最低6か月」という投稿がありましたので、長くても今年の夏までには発売されると考えてよさそうです。実質的には4月とかそのあたりでしょうか……。

次回:開発日記#44