CK2の次期拡張「Conclave」開発日記#4-2――v2.5チェンジログ続き

ck2-conclave4

CK2の次期拡張「Conclave」の開発日記#4の続きです。

前回:開発日記#4-1


スポンサーリンク

概要

前回に引き続き、開発日記#4の内容です。

小さな変更……の続き

  • AIが神聖ローマ帝国を少しだけ建国しやすくした(AIは教皇との関係を無視するようにし、戴冠のためのカネが不足していても建国できるようにした)。
  • 更生した退廃的なキャラクターは、ほとんどの場合少なくとも10年は更生した状態のままでいるようにした。
  • 部族長(Clan Chiefs)が「Adopt Religion」のディシジョンを行うと、同じ家系の近い親族である廷臣も改宗するようにした(狂信的な成人を除く)。
  • 「王になる」目標は異教でない領主により興味深いチャンスをもたらすようにした。
  • 「王になる」目標の報酬を威信点500に下げた。
  • 配下が主君に領地をねだることができる「称号を獲得する」目標を追加した。
  • 「Soft」は侮辱するときの形容詞として正しく扱われるようにした。
  • 副次的な称号からも毎月の威信点を得られるようにした。
  • 「Kali Maaa!」アチーブメントが再び獲得できるようにした。
  • なくなってしまったいくつかのキリスト教の聖職が、再び創設されたり現れたりするようにした。
  • 人々は大ハンの偉業を、月の終わりには忘れてしまうのではなく、生涯にわたって覚えておくようにした。
  • any_de_jure_vassal_title scopeをトリガーとして追加した。このscopeは領地付きの称号のscopeからアクセスされる。(?)
  • naming num_culture_realm_provs, num_title_realm_provs  , num_religion_realm_provsトリガーがメンバーの変数として値を取るようにした。(?)
  • 略奪部隊は部族の徴兵軍のサイズを減らすようにした。
  • プレイヤーキャラの宦官となった息子はメイドを妊娠させることがなくなるようにした。
  • 歴史コマンドadd_matrilineal_spouseは、ゲームスタート時にキャラクターが生存している場合でも正しく女系結婚の設定をするようにした。
  • 更生した家族は、5年間は再び退廃をもたらさないようにした。
  • 暗殺者は間違った暗殺対象を使ったおとり作戦に引っかからなくなるようにした。(?)
  • いくつかのケルトの称号は、正しくタニストリー継承法でスタートするようにした。
  • 選挙制を支持する派閥は自治的な配下の王権を配下が使えるように求めないようにした。(?)
  • 交渉の必要条件についてのツールチップがより一貫するようにした。(?)
  • ふたつの共和国マップモードを統合して新たなマップモードとした。
  • 王朝マップモードと政府マップモードを改良した。
  • ユニットは死ぬ前に逃げ出すように士気と防御力を調整した。
  • 追撃するユニットは側面攻撃ボーナスを得ることがなくなるようにし、正しく新たな戦術を取るようにした。
  • 戦死はサブユニットの士気に影響するようにした。
  • プロヴィンス上で[Shift]+右クリックすると、その土地の最上位の所有者の王朝ビューが開くようにした。
  • プロヴィンス上で[Alt]+右クリックすると、その土地の所有者の外交ビューが開くようにした。
  • プロヴィンス上で[Shift]+[Alt]+右クリックすると、その土地の最上位の所有者の外交ビューが開くようにした。
  • 反乱軍ユニットは一度敗北すると取り除かれるようにした。
  • 強襲に失敗したユニットは攻城戦から退却しないようにした。
  • プレイヤーキャラクターが側面ユニットではなくサブユニットを率いていた場合、アイコンが見えるだけになっていたバグを修正した。
  • 8日以内に殺害されたユニットは取り除かれるようにした。(?)
  • 遊牧民は遊牧民の領内に領地持ちの廷臣を作らないようにした。
  • 強襲を手動で止めると防衛側の士気が上がるバグを修正した。
  • 暴君修正が入る期間を長くした。
  • AIは彼ら自身でコミュニケーションをして協力するようにし、ディシジョンにあたっては同じデータを共有するようにした。
  • AIは防衛しているかどうかを正しく判別できるようにした。
  • AIは略奪する冒険者に襲撃された場合、彼らに称号を与えようとだけするようにした。(?)
  • 遊牧民の維持コストを引き上げた。
  • 人口やマンパワーの定義を修正し、以前と同じくらい強い状態でスタートしてもあまり大きく成長しないようにした。(?)
  • 遊牧民の税収を引き下げた。
  • hordeユニットのベースの威信点コストを引き上げた。
  • 略奪によって得る技術点を引き下げた。
  • アルタイ人の戦術に地形ブロックを追加した。(?)
  • swarm戦術とharass戦術を調整した。
  • ボーナスが少ない、組織化されていないswarm戦術とharass戦術を追加した。
  • 遊牧民に対する威信を元にした大義名分は、攻撃者に威信点をもたらさないようにした。
  • 威信点を獲得し、人口を盗む、遊牧民の屈辱を与える大義名分を追加した。
  • モンゴルが一団となるようにした。(?)
  • 死傷者計算の変更によって防御力を調整した。
  • テムジンはいくらかの威信点を持った状態でスタートするようにした。
  • AIは可能ならば遊牧民の侵略ディシジョンをより実行するようにした。
  • 大モンゴルAIは年を取ることを考慮しないようにした。(?)
  • モンゴルAIの攻撃性を高めた。
  • 人間が馬の誕生を止めるのを修正した。(?)
  • 牝馬が評議会に入らないようにした。
  • 略奪者がタダで船を手に入れるバグを修正した。
  • AIが他の誰かと結婚させようとして婚約を破棄しないようにした。
  • マルチプレイで「ready」を押した後にキャラクターをカスタマイズできないようにした。
  • Linuxでもリンクをクリックできるようにした。
  • テムジンの出現時の威信点を5000に引き上げた。
  • モンゴル侵略イベントにおけるジンギスカンの存在は彼の配下をよりskoodilypoopingにする。(? skoodilypoopingの意味が不明)
  • モンゴルは世界を征服するという目標に集中し、同盟や同じ宗教の勢力の救援は無視するようにした。

MODに関するチェンジログは省略します。


「Conclave」は内容盛りだくさんなので、開発日記もかなり長めです。みなさんはもう購入されましたか? 私はもう少し経済的に余裕ができてからと考えています……。