2018/10/02:パラドゲーの過去バージョンの利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

「Imperator: Rome」開発日記2018年11月19日

「Imperator: Rome」開発日記2018年11月19日分が更新されていましたので、その内容をご紹介。今回は国家アイディア・カルタゴ・地中海南部について。

前回:開発日記2018年11月12日


スポンサーリンク

概要

開発日記2018年11月19日は、国家アイディア・カルタゴ・地中海南部について。長いので大きく省略しています。

国家アイディア

  • EU:Romeと同じく、Imperatorでも国家アイディアを選択することで国家をプレイヤーの目標に合わせて作り上げていくことができる。
  • 選択できる国家アイディアは36種類あり、それぞれがボーナスを持ち、ゲーム中の4カテゴリーと対応する。新たな国家アイディアを採用するには統治力(Civic Power)50を消費する。一部は最初から利用できるが、ゲーム中の先進性(Advances)によって解禁されるものもある。
  • アクティブにできる国家アイディアの数は政体による。部族政府では国家アイディアは2つまでだが、より先進的な政体である共和制や君主制では3つまで獲得できるようになる(例外はある)。
  • ゲーム中の政体にはそれぞれ特別なボーナスがあり、また政体に対応するアイディアを選ぶことで得られる副次的なボーナスも存在する。
  • スクリーンショットでわかるようにカルタゴは寡頭共和制で、したがって追加ボーナスが欲しい場合は統治アイディア(Civic Ideas)2つまでと弁舌アイディア(Oratory Idea)1つまでを選択できる。ローマはスタート時点で貴族共和制なので、追加ボーナスを得られるのは軍事アイディア(Military Ideas)2つまでと統治アイディア1つまでだ。
  •  国家アイディアのボーナスは変更される可能性があるが、今のところは以下のとおり。
    • 軍事アイディア
      • Martial Ethos:陸軍士気+10%
      • Thalassocracy (軍事の先進性6が必要):海軍士気+20%
      • Elite Soldiery(軍事の先進性12が必要):規律+5%
      • Permanent Shipyards:三段櫂船コスト-50%
      • Conscription(軍事の先進性6が必要):国家の人的資源+25%
      • Militarized Society(軍事の先進性12が必要):陸海軍の維持費-33%
      • Ordered Retreat:ユニットの再編成(Reorganization)コスト-50%
      • Siege Training(軍事の先進性6が必要):強襲能力+15%
      • Support of the People(軍事の先進性12が必要):凱旋式開催コスト-50%
    • 統治アイディア
      • Standardized Construction:建設コスト・建設時間-30%
      • City Planning(統治の先進性6が必要):建設スロット+1
      • Central Urban Spaces(統治の先進性12が必要):プロヴィンスの忠誠度+0.03
      • Complex Tariffs:商業収入+33%
      • Patronized Trading Posts(統治の先進性6が必要):首都の輸入路+3
      • Institute Tariff Exceptions(統治の先進性12が必要):プロヴィンスの輸入路+1
      • Tax Farming:奴隷による産出量+20%
      • Land Appropriation Reform(統治の先進性6が必要):自由民・奴隷の移動コスト-50%
      • Grain Stockpile(統治の先進性12が必要):人口成長+0.1%
    • 弁舌アイディア
      • Sanctioned Privileges:汚職-0.1/月
      • Strategic Propaganda(弁舌の先進性6が必要):異文化の幸福度ペナルティが15%減少
      • Legislative Reform(弁舌の先進性12が必要):異文化グループの幸福度ペナルティが15%減少
      • Military Administration:軍の伝統コスト-33%
      • Patronized Scholars(弁舌の先進性6が必要):発明コスト-20%
      • Functional Bureaucracy(弁舌の先進性12が必要):法律制定コスト-33%
      • Permanent Ambassadors:外交関係+1
      • Casus Belli(弁舌の先進性6が必要):攻撃的拡張の影響-33%
      • Hospitium(弁舌の先進性12が必要):関係改善の最大量+33%
    • 信仰アイディア
      • State Religion:吉兆発現コスト-25%
      • Religious Calendar(信仰の先進性6が必要):吉兆の発現期間+100%
      • Mandated Observance(信仰の先進性12が必要):吉兆の力(Omen Power)+50%
      • Haruspicy:神への犠牲のコスト-33%
      • Tolerance of Pagans(信仰の先進性6が必要):国家の不穏度-2
      • Institutional Proselytism(信仰の先進性12が必要):Popの改宗コスト-33%
      • Origin Myth:統治者の人気度上昇+50%
      • Divine Mandate(信仰の先進性6が必要):圧政度(Tyranny)-20%/月
      • Loyalty to the State(信仰の先進性12が必要):忠誠度+0.05/月

アフリカ北西部

  • Carthage:この地域でもっとも古いフェニキア人植民地ではないが、もっとも裕福で影響力のある国家になった。
  • Utica:カルタゴの北にある財産共和制国家。
  • Kerkouane:カルタゴの東にある古い財産共和制国家。
  • Hadrumetum:裕福な貿易都市で、Byssatis地域の主要港のひとつ。
  • Leptis:後にLeptis MinorあるいはLeptis Parvaとして知られる。Hadrumetumの南の寡頭共和制国家。
  • ThapsusByssatisのもう一つの都市。
  • Achola:Byssatis南部のフェニキア人による寡頭共和制国家。
  • TripolitaniaSabrathaOea、Leptis Magnaの3都市から名付けられている寡頭共和制国家。
  • Emporia:砂漠の民からの商品がもたらされ、同時に沿岸部の産業の中心でもある都市群のある地域。
  • Musulami:カルタゴ勢力圏内で最小の部族国家。
  • Massylia:現代のアルジェリアとチュニジアに位置する部族王国。
  • Massaesylia:現代のアルジェリアに位置する部族王国。
  • Iol:古い都市Iol(イオル)の財産共和制国家。
  • Mauretania:この部族王国については、あまり多くのことがわかっているわけではない。スタート時点では現代のモロッコ北部を占領している。

次回:開発日記2018年11月26日

コメント

  1. カルタゴは滅ぶべきであると考える次第である