2018/10/02:パラドゲーの過去バージョンの利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

「Imperator: Rome」開発日記2018年11月12日

「Imperator: Rome」開発日記2018年11月12日分が更新されていましたので、その内容をご紹介。今回は宗教とアナトリア・エーゲ海の国家について。

前回:開発日記2018年11月5日


スポンサーリンク

概要

開発日記2018年11月12日は、宗教とアナトリア・エーゲ海の国家について。長いので大きく省略しています。

宗教

  • Imperatorでは国家キャラクターPopそれぞれが22の宗教のうちのひとつを持つ。宗教はフレーバーだけでなく、いくつかゲームへ直接影響する。
    • おそらくもっとも重要なのは、国家の宗教と異なる宗教を持つPopは幸福でも生産的でもないという点だ。
    • 国家と異なる宗教のキャラクターは国家に対する最大忠誠度が低下する。
    • 同じ宗教の総督に統治されるPopはより幸福で生産的になる一方、異なる宗教の総督に統治されるPopは幸福度が低下し、不穏度が上昇しやすい。
    • 宗教は国家間の評価に影響しないが、異なる宗教の国家との外交においては提案が受諾される可能性がいくらか低下する

  • さらに、信仰力(religious power)を消費して、吉兆(Omens)を起こしたり、神に犠牲を捧げたり安定度を上昇させたりできるほか、誓願を行う(Invoking Devotio)ことで戦争疲弊度を低下させられる。
  • それぞれの国家は一定の信仰力(今のところは基本値が200)を消費して吉兆を起こすことができる。吉兆の効力と期間はアイディア、政府の役職者、イベント、法律、その他多くのことに影響される。EU:Romeとは異なり、吉兆は失敗しない。ネガティブな影響を持つことはある。
  • 吉兆の名称と説明は宗教と文化による。例えばヘレニズムのギリシャ国家ならアレス・アテナ・テュケーの祝福(Blessings of Ares, Athena, or Tyche)となるが、ローマならマルス・ミネルヴァ・フォルトゥナに替わる。これはイベントや神について述べるテキストにも反映される。

  • Popの宗教は信仰力を使った国家の直接の介入や総督の政策(governor policy)によって変わることがある。
  • キャラクターは一般的に宗教を変えないが、特に彼らが野心的で公職のキャリアを追求しようとしている場合はイベントを通じて改宗することがある。また、自国のキャラクターに改宗を要求することも可能だが、彼らは必ずしも感謝はしないだろう。
  • インドにおいては、仏教はまだ若く拡大中で、これを反映してイベントを通じてキャラクターやPopが改宗していく傾向にある。
  • ゲーム中の宗教は以下のとおり。
    • Hellenic:ギリシャ本国に広まっており、オリュンポス十二神は多くの人々に崇拝されている。
    • Kemetic:エジプトの土着信仰。
    • Canaanite:多神教的な意味でカナン信仰は多くの神や星の相を崇拝している。
    • Zalmoxian:ザルモクシスがもともと預言者なのか神なのかはよくわかっていない。
    • Druidic:ドルイドはケルト人社会で活動し、区別された社会階層でもあった。
    • Iberic:イベリアの信仰は動物霊の崇拝と祖先崇拝を含む。
    • Jewish:この当時の信仰とは異なり、ユダヤ教は一神教だった。
    • Zoroastrian:預言者ザラシュストラは創造神アフラ・マズダの一神教を説いた。
    • Matrist:バルト諸族とその信仰についてはほとんどわかっていないが、バルト海沿岸では地母神が崇拝されていたという記録がある。
    • North African:古代の信仰と文化は古来のエジプトの信仰、天体崇拝、祖先崇拝の混合物だった。
    • Tuistic:古代ゲルマン人の神であるトゥイストーは現代のスカンディナヴィアからの移住した初期の部族で信仰されていた。
    • Arabic:アラビアの信仰は神、星の相、悪魔の多神教的な混合物だった。
    • Ritualist:さまざまな地域信仰を表現したもの。
    • Buddhist:比較的若い信仰で、インド北部で生まれた。
    • Hindu:ヒンドゥー教はヴェーダ時代に生まれ、ウパニシャッドによって導かれ、古代初期には全インドで広く信仰されていた。
    • Bön:チベット高原でもともと行われていた土着信仰の集合を表現している。
    • Heptadic:スキタイ人の土地を発祥とするこの汎神論的信仰は、7柱の主神を崇拝し、よくギリシャの神々と同一視される。
    • Cybelene:フリギア人のキュベレー教団は先史時代の地母神信仰と関連している。
    • Khaldic:これは何百年も前にウラルトゥ文化で広まった神々への信仰を表現している。
    • Armazic:コーカサス・イベリア地域の神々はアルマズ神に支配されている。
    • Chaldean:カルデアの神々の歴史は数千年にわたる。

アナトリア

エーゲ海・イオニア海沿岸

  • 初期の国家については以下。
    • Aeolia:アイオリア連合(?Aeolian League)やイリオン連合(?League of Ilion)の諸都市を表現した共和制国家。
    • Ionia:イオニア同盟(Ionian League)の諸都市を表現した共和制国家。
    • Miletos:アナトリア沿岸部の共和制国家。
    • Kos:小島の共和制国家。
    • Nesiotic League:諸島連合(? The nesiotic league, or league of the islanders)はアンティゴノス朝によってエーゲ海の多くの島々をまとめるために作られた。
    • Halikarnassos:エーゲ海沿いのトロイゼーンにある古い植民地。
    • Andros:エウボイア連合と諸島連合の間の小さな島嶼国家。
    • Knidos:カリア沿岸部の小さな都市国家。
    • Rhodes:地中海において特に讃えられる工房、造船所を持ち、もっとも堅固な城塞を持つと知られている共和制島嶼国家。

アナトリア西部

  • Phrygia:「隻眼」アンティゴノスや「攻城者」デメトリオスの領地。
  • Bithynia:地元の領主であるジポエテスに統治されている黒海・ボスポラス海峡の小王国。
  • Heraclea Pontica:ディアドコイであったクラテロスの妻であり、僭主ディオニュシオスの未亡人であり、ダレイオス3世の姪であったアマストリスによって統治されている黒海沿いの小王国。
  • Paphlagonia:アナトリア北西部の部族王国。
  • Kios:ボスポラス海峡近くの小王国でPhrygiaの進貢国。
  • Kyzikos:マルマラ海の中ほどにある小さな寡頭共和制国家。
  • Byzantion:ボスポラス海峡の西側にある小さな都市国家。
  • Calchedon:ボスポラス海峡の東側にある非常に古く影響力のある共和制国家。

カッパドキア・ポントス・黒海沿岸

  • Pontus:ポントス北部の地方領主を表現した部族王国。
  • Cappadocia:アナトリア中部の、サトラップ・アミュンタスに統治されている封建王国。
  • Trapezous:黒海沿岸の独立寡頭共和制国家。
  • Sinope:ギリシャ系ポントス人の独立都市国家。
  • Amisos:ポントス沿岸部のギリシャ人財産共和制国家。
  • Kerausous:ポントス沿岸部の小さな都市国家。
  • Kotyora:ポントス沿岸部の小さな都市国家。

次回:開発日記2018年11月19日

コメント