2018/10/02:パラドゲーの過去バージョンの利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

「Stellaris」開発日記#130――ル=グィンでの新たな、あるいは変更された技術

「Stellaris」の開発日記#130が更新されましたので、その内容をご紹介。今回はル=グィンアップデートにおける技術について。

前回:開発日記#129――伝統のアップデート


スポンサーリンク

概要

開発日記#130は、今回はル=グィンアップデートにおける技術について。

新たな経済技術

  • 経済システムと惑星管理の変更の一環として、私たちは資源に影響するさまざまな技術や経済がどのように変化するかについても対処しなければならなかった。これまでは新たな経済技術によってたいていは建造物のアップグレードがアンロックされた。したがって、帝国が新たな採掘技術その他を得ると、惑星のアップグレードクリック祭りにつながっていた。
  • 惑星の見直しの公式目標のひとつは不必要なマイクロマネジメントを取り除くことであるため、私たちは資源技術を2つのタイプに分けることにした。すなわち鉱物・食糧・エネルギーのような基礎的な資源を生産する職に影響する原料資源技術(Raw Resource Technologies)と、消費財や合金のような先進的な資源を生産する職に影響する先進的資源技術(Advanced Resource Technologies)だ。
  • 通常、原料資源技術は即時にわかりやすい生産ボーナス、例えば鉱業労働者(Miners)の鉱物生産に対するボーナスをもたらす。先進的資源技術は建造物のアップグレード、例えば工場(Foundries)をより高効率のものにし、これによって特定の種類の資源生産職のをさらにもたらしたりする。もちろん例外はある(例えば惑星全体の鉱物生産を改善する鉱物精錬プラント(Mineral Purification Plants)のような建造物がある)が、一般的にはこのルールが機能する。
  • また、私たちは一部のプレイヤーが直接ボーナスをもたらす技術を退屈なものと考えていることに気づいているが、Stellarisで研究できるたくさんの技術すべてをこの種のプレイヤーの積極的な関与を必要とするようにすることは、実現不可能だし好ましいことでもまったくない。単にこれまでの建造物アップグレードシステムのようなつまらない雑事がはるかに多くなるだけだ。

  • 私たちは採掘・研究ステーションについての新技術をいくらか追加した。これは効率を高めるもので、したがって宇宙からの資源産出も惑星からの資源産出と同じく、時間と技術によって増加していくようになった。また、エキゾチックガス(Exotic Gases)のような希少資源に関する新技術もあり、自然の埋蔵資源を採掘したり、あるいは自然の埋蔵資源が必要量に対して充分ではない場合には合成して作り出したりできる。

特化惑星技術

  • もちろん資源に関係する技術がすべてではない。新たな惑星管理システムの長所として互いに完全に異なる惑星を作ることができ、その可能性の活用例として、技術によってひとつの惑星に高度に特化した役割を与えられるということが挙げられる。今のところ、ル=グィンでは2つの特価惑星技術、すなわち流刑地(Penal Colonies)とリゾート惑星(Resort Worlds)を計画している。これはそれぞれ新たに入植した惑星を流刑地やリゾート惑星にするディシジョンを使えるようにする。執筆時点では、プレイヤーは帝国にひとつずつのみ保有できるが、リリースまでに変更される可能性がある。
    • 流刑地は帝国の他の植民地が犯罪分子を追放できる惑星だ。流刑地は犯罪度が非常に高いが、移民流入を増加させ、他のすべての植民地の犯罪度を低下させる。惑星を流刑地にできるのは植民されてすぐの段階までだ(すなわち、首都を1度でもアップグレードする前まで)。また、惑星サイズは15以上あることが流刑地にする条件となる。
    • リゾート惑星は観光やレジャーのために確保された惑星だ。リゾート惑星はいかなる区域や資源産出施設も建設できないが、あらゆるPopにとって最高の居住性があり(気候が制御されたリゾート地であることを表現している)、帝国内の他のすべての植民地の快適度を増加させる。リゾート惑星には住居をいくらかもたらす特別な首都建造物がある。プレイヤーは区域や建造物(首都建造物は除く)が建設されていないひとつの惑星のみをリゾート惑星にできる。また、惑星サイズは15以上あることがリゾート惑星にする条件となる。時間が取れれば、リゾート惑星の「質」が他の惑星にどれだけ快適度を与えるかに影響する(例えば、ガイア型惑星は理想的なリゾート地だろう)ようにすることも可能だ。

  • 最後に、特別な順序なしに、ル=グィンで追加・変更された技術を一部お見せしよう。

質疑応答

Q1:惑星を特化させるディシジョンはModで追加できる?

A1:100%できる。ひとつの植民地が他のすべての惑星に与える(しかしその植民地は除く)ボーナスもできる。

Q2:流刑地はなんでひとつだけ?

A2:効果が重複するので、主にバランスの面で。

Q3:他の帝国の特化惑星を征服したらどうなるの?

A3:支配者が変わった時点で特化惑星のステータスは消える。

Q4:流刑地やリゾート惑星にした後、ディシジョンでこういう状態を解除してスペースオーストラリアにできる?

A4:できる。


スレッドで「公式ツイッターアカウントの削除された投稿を見てくれ!」と、配信の宣伝画像が18日にツイートされていたという投稿がされています。この画像には「probably the best announcement in the galaxy」という煽り文句と2018年10月24日15:00CESTという日時が付されていますが、これが本物かどうかは不明。

2018/10/25追記:配信は次期DLC「MegaCorp」のアナウンス配信でした。「MegaCorp」アナウンスについて詳細はこちらの記事をご覧ください。

2018/10/19 16:40追記:そもそも日本時間の夜中に公式ツイッターアカウントで画像が投稿されていたようです。

2018/10/19 16:30追記:開発日記内に上の投稿で話題に出されていた画像が正式に掲載されています。24日の配信で実際になにか発表があるようです。

次回:開発日記#131――メガコーポレーション

コメント

  1. 本当に面白そうで楽しみなアップデート
    しばらく別ゲーに浮気してたけど久々に宇宙に戻りたくなってきた
    属国化も1.9以前とまではいかないけどハードルを下げて欲しいなあ

  2. 2.0のときよりもゲームが変わりそう
    アプデの情報みてるとわくわくするね

    あとは戦闘と戦争だよな?

  3. 完全に別ゲーですな・・3.0と言っていい。

  4. スペースオーストラリアってどういう意味なんだ…

    • オーストラリアは昔イギリスの流刑地だった

  5. 死の星や劣環境惑星を流刑地にしてもいいのか!

    • 受刑者の平均寿命は3年!

    • ネタ抜きでもどうせ流刑地にするなら15サイズ以上あるのに
      マイナス惑星特性てんこ盛りやらブロッカー多いやらの不良惑星が適任
      遠慮せずじゃんじゃん(といっても一つ限りだが)してやれ