「Europa Universalis IV」開発日記2017年9月5日

「Europa Universalis IV」開発日記2017年9月5日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回は貿易政策について。

前回:開発日記2017年8月29日


スポンサーリンク

概要

2017年9月5日分の開発日記は、貿易政策について。

  • 1.23と同時にリリースされる拡張の所有者向けに、プレイヤー国家が商人を派遣しているすべてのノード向けに貿易政策を設定できるようにした。政策の設定にコストはかからず、12か月のクールダウンが明けると再設定できる。利用できる政策は以下のとおり。
    • Maximize Profits:trade power+5%
    • Hostile Trading:そのノードに商人を派遣している、またはそのノードがホームノードになっている国家に対してSpy network+25%
    • Establish Communities:そのノードに商人を派遣している、またはそのノードがホームノードになっている国家に対して関係改善+15%
    • Improve Inland Routes:ノードのあるプロヴィンスでcombat terrain bonus+1。そのノードでTrade Powerが33%以上であるときのみ可能。
  • すべての商人について、デフォルトはMaximize Profitsに設定されている。理由は分からないが、オフィスではImprove Inland Routesが非常に人気だ。

  • こうした貿易政策はどの国家でも使えるが、これまでの開発日記やスクリーンショットからわかるように、私たちは1.23でイスラム世界に光を当てようとしている。つまりイスラム教国は特別な貿易政策を使うことができる。それがPropagate Religionだ。
  • イスラム教国がTrade Companyのリージョンにあるノードで33%以上のTrade Powerを持っている場合、彼らはPropagate Religionを使うことができる。これはノードに宗教的中心地を設け、ノードに宗教を伝播させる。
  • 貿易政策と関連したイベントもあり、例えばインドネシアに宗教が伝播する特別なフレーバーイベントなどがある。

  • 東南アジアの貿易品はこのとおりだ。特に宝石と香料が追加され、これらは植民したときに可能性のある貿易品にも追加されている。

来週はイスラム世界の変更点について。

次回:開発日記2017年9月12日