パラド社が2017年第1四半期リポートを発表

5月5日、パラド社が2017年第1四半期の事業報告を公表しました。相変わらず調子よく儲かっているようです。

前四半期:2016年第4四半期


スポンサーリンク

概要

5月5日、パラド社はウェブサイトで2017年第1四半期の事業報告を公表しました。

業績と株価

以下では1クローナ=12.8211円で換算しています。日本円換算は千の位を四捨五入しています。SEKはスウェーデンクローナ。

SEK日本円前年同期比(SEKベース)(参考)前四半期
売上高1億2,130万15億5,520万+30%1億9,840万SEK
営業利益3,800万4億8,720万+51%8,590万SEK
税引前利益3,800万4億8,720万+51%6,810万SEK

2017年第1四半期は新規発売が「CK2: Monks & Mystics」のみだったため、業績は前四半期と比べるとかなりおとなしめのようです。また、2017年第1四半期でHoI4は累計販売本数50万本、「Cities: Skylines」は累計350万本に到達したとのこと。

この決算発表を受けてか、パラド社の株価は事業報告が発表された5月5日には売買が膨らみ、終値は67.50スウェーデンクローナ。5月5日時点での時価総額(Market Cap)はYahoo! Financeによれば71.3億クローナ(914.14億円)。日本の上場企業で近いところでは、東映アニメーション(889億円)、スポーツ用品店大手のゼビオホールディングス(895.46億円)、コピー機製造販売の理想科学工業(934.85億円)、タンクローリーや海上自衛隊の救難飛行艇US-2の製造を行っている新明和工業(940億円)など。もう新興企業とは呼べないレベルまで大きくなっている感じがします。

現金の蓄積

前回前々回と、「現金が妙に多い」ということを書きましたが、今回の決算でも2億8,803万クローナと非常に多くの現金を保有しています。総資産が6億1,407万クローナなので、実に半分近くを現金で持っている計算。やはりちょっと多すぎるように思われますし、前々回からこの傾向が続いているのも気になります。上場したので安全のために現金に余裕を持たせたいということなのかもしれません。

ただ、投資キャッシュフロー(4,463万クローナ)は前年同期比の3倍、2016年通期の1/3の額を第1四半期だけで投資しているので、単に「投資額以上にめちゃくちゃ儲かっているのでお金が貯まっている」というだけなのかもしれません。

しかし前四半期は投資キャッシュフローが5,880万クローナだったので、そこから見ると投資額は1/4ほど減っている計算になります。これがいったいどういうことを意味するのか……単に去年は年末にまとめて投資したというだけなのか、それとも他になにか動きがあってのことなのか……。時期的にスマホゲー進出への投資が昨年末から今年の第1四半期に集中したということなのか……詳細はわかりません。


去年のStellaris、HoI4、一昨年から続くCities: Skylinesの人気も一段落して、充電期間というところでしょうか。今月にはWW2を舞台としたRTS「Steel Division」も発売されるようですし、第2四半期からはまたエンジンがかかってくるのかもしれません。

ところでVic3の発売はいつなのでしょうか。

なお、当サイトはあくまでゲーム情報サイトですから、本記事はパラド社その他への投資の勧誘などを目的とするものではありませんし、情報に関して正確性に気をつけてはいますが、投資に際してはご自身で改めて正確な情報をご確認ください(という投資関係の決まり文句的なやつを念のため)。

次四半期:2017年第2四半期

コメント

  1. ハーフライフ3とどちらが早くリリースされるんでしょうかね

  2. 海外ではEU4が一番人気と聞いてびっくりしました。
    hoiシリーズが一番売れているのかと思ったら違うんですね~。
    EU5はマルチバイト対応していただければ…VIC3も!

  3. VIC3とMount&BladeIIとどっちが速いかな…

  4. Cities: Skylinesは先日XBOX1でかなり好調なセールスみたいで
    PS4版も恐らく出るでしょう。
    まだまだ売れるタイトルですね。

  5. vic2を簡略化したものがstellarisとhoi4に引き継がれてしまってるけど
    vic3でるなら何を主題にしたゲームになるんだろ