「Europa Universalis IV」開発日記2017年5月5日

定例の火曜日ではありませんが、「Europa Universalis IV」開発日記5月5日分が公開されていました。今回は1.22について。

前回:開発日記2017年5月2日


スポンサーリンク

概要

5月5日分の開発日記は、1.22について。

水兵の徴募(Press Sailors)

  • 最初に、Mare Nostrumを持っている場合、従属国への要求(interactions)に「水兵の徴募(Press Sailors)」を追加した。これは自由の欲求(liberty desire)が50%より低い植民地国家に対して行うことが可能で、直ちに植民地国家の20%の水兵を得ることができる。これにより、その植民地国家の自由の欲求は15%上昇する。
  • 植民地と自由の欲求についてだが、植民地はもはや相対的な力関係からは自由の欲求が上がらず、代わりに植民地に対して高い関税をかけると少しだけ上昇する。

封鎖(Blockade)の変更

  • 1.22では、封鎖に新たな側面を付け加えた。封鎖することで攻城戦が行われているときと同様に荒廃度(devastation)が上昇し、また同様に封鎖されていると荒廃度の回復が止まる。

辺境伯(Marches)

  • ご存じのように、辺境伯はマルチプレイでは厳しく禁じられる傾向にあり、シングルプレイでもいくぶん制限されることがある。これについて、開発度(development)200という固定値の上限から、宗主国の25%の開発度を上限とすることにした。士官の派遣(Send Officers)についても辺境伯ボーナスと同様の制限を設けた。

貴族主義アイディアグループ(Aristocratic Idea)の調整

  • アイディア「軍の伝統(Military Traditions)」を貴族主義アイディアグループの2番目に変更。
  • アイディア「在地貴族(Local Nobility)」で国家全体の自治度(autonomy)が上昇し、絶対主義(absolutism)も毎年上昇するようになった。
  • アイディア「農奴制(Serfdom)」で上昇する人的資源が25%が33%に引き上げ。
  • アイディア「国際的貴族(International Nobility、注:原文ではinternational Diplomacyとなっている)」に指揮官+1を追加。
  • アイディア「貴族の回復力(Noble Resilience)」を「貴族の人脈(Noble Connections)」に変更。これは傭兵プール(mercenary pool)を+20%する。
  • コンプリートボーナスは指揮官の攻城戦能力+1。

カルマ(Karma)

  • 仏教はまったく人気がないため、1.22で小規模のオーバーホールを行った。カルマは、中程度であれば外交的名声(dip rep)を+2し、規律(discipline)を5%上昇させる。高ければ外交的名声+1、低ければ規律+2.5%となり、中程度以外の場合のペナルティはなくなった。
  • またコアを得ることでカルマが低下することはなくなり、領土を獲得することにかかるカルマの低下は行政効率(administrative efficiency)によって変動する。また、宣教師が改宗させたプロヴィンスの開発度ごとに0.1だけカルマが上昇するようにした。

次の火曜日は、マップの変更について。

次回:開発日記2017年5月9日