「Victoria 3」の新DLC「Sphere of Influence」発売は6月24日!

「Victoria 3」開発日記#73――オープンベータと1.2の概要

Vic3 開発日記

「Victoria 3」開発日記#73が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回はオープンベータと1.2の概要について。1.2リリース前の開発日記です。

前回:開発日記#72――経済法の変更


スポンサーリンク

開発日記

開発日記#73は、オープンベータと1.2の概要について。

  • 前回の開発日記で述べたように1.2は大きなアップデートであり、万全の準備ができたと感じないままリリースしたいとは思わない。私たちはアップデート1.1の評判には全体として満足だが、最初にリリースされたときに正当性の仕組みが頻繁に変わっていたことを覚えておられる方もいるだろう。1.1.2でようやく問題のほとんどを解決できた(詳細は後述)が、今後こうなることは避けたいと思っている。「Victoria 3」のように相互の結びつきが強く、非常に複雑なゲームでは、パッチに十分に時間をかけ、プレイテスターにすべてをしっかりと検証してもらうしかない。
  • 同時に、1.2ではユーザーにとって重要ないくつかの分野で大幅な改善が行われており、私たちはユーザーが関わらないようにするのは最小限にしたいと考えている。特定の改良やバグ修正とそのブランチで既に行われた他の変更とのもつれを解きほぐすのは、手間がかかるし間違いも多いものだ。私たちの評価では、こうしたものをホットフィックスでリリースするのはリスクが高い。
  • みなさんに次のコンテンツにできるだけ早く触れてもらうことと、次のアップデートで高い品質を確保することを両立する方法は、オープンベータにすることだ。オープンベータではみなさんに1.2をすべて体験してもらえるのみならず、事前にフィードバックをもらうことで私たちが現在取り組んでいる内容を改善できる。
  • ベータ版リリースはCET2月8日10:00(注:日本時間18:00)の予定だ。この時点で「Victoria 3」を持っている全員がSteamのベータブランチ「1.2-beta」を利用できるようになる。これを有効化する方法の詳しい説明は新たなフォーラムの投稿で行われる。ベータ版のプレイを開始した後でも、いつでも同じ方法で正式版のブランチに戻すことができる。いつもどおり、既存のセーブデータは新バージョンで完全な互換性をおそらく持っていないし、1.2で作成したセーブデータも1.1.2と後方互換性はないはずだ。
  • 私たちは「Victoria 3」Discordサーバーに新たにベータセクションを立ち上げており、他のプレイヤーとアップデートについて話し合ったり、バグやバランスに関する問題を報告したりできるようにした。このチャンネルではモデレーターが活動し、時間が許す限り開発者やQAチームのメンバーも参加する。Discordを使用したくない場合はベータ版であってもフォーラムのバグ報告ツールを使用して報告できる。
  • 最初にベータ版をリリースした後、ベータブランチは週単位で2つの追加アップデートをリリースする予定だ。これにはバグ修正やパフォーマンス改善など、みなさんからのフィードバックに対する調整を含んでいる。こうしたアップデートの正確なリリース日時は未定だが、Discordチャンネルでお知らせする。
  • 期待を適正な水準に保つために言っておくが、ベータ版のプレイは滑らかな体験ではない。ゲームのいくつかの要素は大幅に改善されるが、他のものはもっと粗削りの状態であり、バグもある(そうでなければ、ベータにせずリリースしている)。一部の機能はベータ開始時点ではリリース時よりも生煮えの状態にある。例えば戦略目標はベータ版では1か国につき1つに制限されているが、意図しているのはこれを拡張して複数の戦略目標を指定できるようにすることだ。これはベータ版に含まれ、みなさんがどのように感じるかを試し、フィードバックできるようにしつつ、私たちは完全な実装に取り組む。みなさんは最新の機能や多くの改良を正式リリース前に体験できるが、進行中に速度低下が予想されることにも留意してほしい。その際にはぜひご報告いただきたい。
  • 1.2で追加された新機能と改善点の簡単なリストは以下のとおり。いつものように、このリストにないものは認識されていないことを意味しないし、既に対処済みの可能性がある。完全なチェンジログはリリース日が近くなったら公開予定だ。

  • 新機能
    • 自律的投資システム
    • 軍事作戦計画のための戦略目標
    • カスタマイズ可能な通知設定
    • ゲーム内音楽プレイヤー
    • キーバインドの変更
  • 改善とバグ修正
    • パフォーマンス最適化
    • 港の管理を含む経済と軍事に関するAIの改良
    • 経済システムの差異の拡大
    • より現実的な貿易路の利益とGDPのモデリング
    • 全世界の耕作可能地の見直しと移民のバランス調整
    • 政党構成ロジックとイデオロギーの調整による巨大政党の制限
  • インターフェース
    • 貿易路の管理を容易にする貿易画面の見直し
    • Popのニーズ・輸送船(護衛)・急進派・体制派をよりわかりやすく
    • 施設拡張時にインフラや雇用可能なPopを表示するというような、マップモードとレンズのビジュアルアップグレード
    • 商品やキャラクターをピン留め可能にするアウトライナーの改良
    • 通知スパムの低減
  • 1.2リリースまでの開発日記でこうしたことのほとんどに触れる予定だが、ベータ版に含まれている(繰り返すが、おそらく最終的な形としてではない)ので2月8日にご自身の目で確かめてほしい。
  • 3回目の最後のベータ版リリースの後、1.2正式リリース前にベータ版とDiscordのベータセクションが利用できなくなるが、これは私たちが正式リリースに全力を注ぐためだ。ベータ版終了日はDiscordでもお知らせする。
  • 1.2正式版のリリース予定はすべて計画どおりなら3月13日だ。それまで1.1.2のプレイを続ける方は今後の開発日記で新機能を確認できる。

質疑応答

Q:ベータ版はローカライズされる?

A:ほとんどのものはローカライズされるが、一部は英語でしか正しく表示されないかもしれない。

Q:GDPのより現実的なモデル化というのはGDPの計算から投入額を差し引くということ?

A:そのとおり。これによって資源国経済も工業国経済と同じ土俵に立てる。1.1.2では後者が(不当に)優遇されている。

Q:ゲームジャムに関する開発日記にあった技術キューと前線ごとの複数戦闘も追加される?

A:技術キューはそうだが、前線ごとの複数戦闘は複雑になるため、デフォルトでは有効にならない(将軍が増えれば勝利数が増えるというのは私たちが望むものではない)。私たちは前線ごとに複数の戦闘を行うことを望んでおり、設計上の問題を解決すべく引き続き取り組んでいく。それまでは、設定ファイルのdefineを変更するか、それを行うModを導入することで複数戦闘を試すことができる。


なお、ベータ版で遊びたい場合はSteamのライブラリからタイトルを右クリック→プロパティ→ベータからプルダウンメニューでバージョンを切り替えることができます。

2023年2月23日追記:この記事にあった1.2ベータ版の既知の問題については、こちらの記事に移動しました。

次回:開発日記#74――UXの改善

スポンサーリンク

コメント

  1. 民間建設は投資が100%集まったら建設開始するけど、建設スロットは投資開始時点で割り振られているので宙に浮いて活用出来ない建設スロットが生まれてつらい

  2. デンマークが登くんに改名したのはまだバレてないか

  3. なんか訳語がめちゃくちゃ変わっとる

  4. 毛利敬親とかはちゃんと直ってたし、侍→武士・左派→離脱など多くの誤字・誤訳は解消されてたのに、なんで登が爆誕したんだろうなあ

  5. まだ登だったので、langファイル見てみた
    中国人名と国名の変数が被ってて、一括置換でミスってるみたい
    登をデン(dēng)って読むんだね

    names_l_japanese.yml
    Hau: “厚”
    Den: “登”
    Phach: “珀”

    countries_l_japanese.yml
    DAK_ADJ: “ダル・アル・クティ”
    DEN: “登”
    DEN_ADJ: “デンマーク”

タイトルとURLをコピーしました