HoI4新DLC「By Blood Alone」発売!

CK3新DLC「Friends & Foes」発売! 1.7アップデートもリリース

CK3 その他

2022年9月8日、「Crusader Kings III(CK3)」の新イベントパック「Friends & Foes」が発売されました。

発売日発表時の記事はこちら。


スポンサーリンク

新イベントパック「Friends and Foes」

「Friends and Foes」には発売時のトレイラーがないようです。

2022年9月8日、「Crusader Kings III(CK3)」の新イベントパック「Friends & Foes」が発売されました。価格はSteamでは540円。人間関係に着目したイベントや小規模なシステムを追加するDLCとなっています。Steamストアページに日本語で説明があるほか、過去の開発日記ではより詳しく紹介されていますのでこちらもぜひご覧ください。

1.7.0「Bastion」アップデートノート

1.7.0「Bastion」アップデートも同時にリリースされており、アップデートノートも公開されています。アップデートノートはこちら。以下では主な機能について抜粋してご紹介しています。

  • 拡張(注:イベントパック)の内容
    • 家族・友人・宿敵との関係を拡張する100以上の新イベント。より多様な毎年のランダムイベントや、プレイヤーが死にかけのときや親しい誰かが戦場に出たときなどの心が痛むようなコンテンツによる体験。
      • 配偶者を探したり、ともに生活する新イベント:パートナーを甘やかしてその結果に苦しみ、自分の子供を第一継承者にしようとする宿敵関係にある複数の配偶者に対処し、自分の子供を純粋なままに保とうと本を焼く狂信的な配偶者を抑え(あるいは許し)、結婚を許されるには戦闘で相手を倒さなければならない潜在的なパートナーを探そう。
      • 親としての人生:継承順位を競い合う子供たちの喧嘩を収め、子の結婚相手を求めて文通をし、ほかのきょうだいと平等に扱われることを望む妾の子の疑念や嫉妬を鎮めよう。
      • 中世の子供としての人生の落とし穴を回避する:焚き火で友だちを作り、嫉妬するきょうだいの殺意をかわし、お気に入りのおもちゃを壊したいじめっ子に永遠の復讐を誓おう。
      • 友情の喜びを探求する:旧友と戦いの物語を共有し、浴場で新たな友人を作ろう。死んだ友人の配偶者からの誘惑に抵抗し、大食いの親友が自分の家のものを食べ尽くすのを許し、酒に溺れた仲間のために介入し、独身の友人のために仲人をやり、友人がこの世を去るときにその苦しみを和らげよう。
      • 宿敵との対立の奥深さを知る:波止場や酒場で喧嘩し、正しさを証明するために腕相撲をし、相手の目の前で彼らの宝物を燃やし、宿敵が死ぬまで待って死体を掘り返し彼らを冒涜しよう。宿敵の子とベッドを共にしよう。その結果には気をつけよ。
      • 小話から長い連鎖イベントまで、このコンテンツは友情・復讐・家同士の確執・過去の記憶など、劇的なストーリーを紡ぎ出す。
    • 中東や西洋に着目した新たなムード音楽や、プレイする場所に関係なく馴染む音楽。
  • 無料の内容
    • 12の幼少期の性格イベントを追加。これにより特定の性格特性の組み合わせがより出現しやすくなり、以前は不可能だった組み合わせも可能になる。この特性の組み合わせは後見人としてより興味深いものになるようにバランス取りされている。
      • diligent・gregarious・temperate
      • zealous・ambitious・sadistic
      • shy・paranoid・craven
      • lazy・gluttonous・compassionate
      • lustful・chaste
      • just・greedy・callous
      • humble・cynical・content
      • vengeful・deceitful・calm
      • generous・fickle・arrogant
      • forgiving・trusting・patient
      • honest・arbitrary・impatient
      • brave・stubborn・wrathful
    • 友人や親友などの関係が形成されたとき、その理由が記載される。これは関係が公のものである場合、キャラクター画面の関係タブですべてのキャラクターで確認できる。
    • キャラクターのポートレートに関係アイコンが追加され、誰が友人・宿敵・恋人であるかが一目でわかるようになった。
    • キャラクターは自分の人生に起こったできごと(子供が生まれた、戦いに勝った、宿敵を殺したなど)の記録を持つようになった。この記録はイベントや他のコンテンツで使用される。こうした記録は時間とともに薄れ、通常は死亡すると失われる。特定のキャラクターについては記録はより長く、あるいは永久に保存される(プレイヤーが操作した領主や高位の領主など)。
    • 記録はキャラクター画面の殺害リスト・インベントリー・ライフスタイルと同じ場所にある記録ビューワーでいつでも閲覧できる。
      • 記録は日付とともに時系列順で表示される(トグルで方向を反転させることができる)。
      • 記録はクリップボードにコピーするボタンがあり、ゲーム外で共有できる。
    • 忠実/不忠(Loyal/Disloyal)特性を追加。派閥に参加したり、配偶者を裏切るなどの可能性に影響する。こうした特性は罪や美徳に組み込まれ、文化的伝統と結びつき、新イベントを通じて獲得できる。
    • Populist派閥を見直し、特にプレイヤーである封臣との関わり方について機能を改善した。
      • Populistの反乱の影響を直接受けた封臣は反乱の指導者から手紙を受け取るようになり、要求にどのように答えるかを尋ねられる。封臣は以下のいずれかを選ぶ。
        • 戦争に参加し、主君を助ける。
        • 派閥の文化や教派に転向し、反乱側として参戦する。
        • 参戦せず、なにもしない(主君が敗れた場合は領地を失うリスクがある)。
      • AIの封臣は主君につく可能性が高いが、まれに他の2つの選択肢のいずれかを選ぶ。
      • これにより、AIの主君はプレイヤーである封臣がこの派閥の標的となっている場合、派閥の要求を決して受け入れなくなった(これでプレイヤーである封臣が介入し、自身の領地を守れるようになった)。
        • Populistの軍は徴募兵に加えていくつかの基礎的な常備軍を持つようになった。
        • Populistの軍は文化の革新に応じて攻城兵器を持つようになり、ゲーム終盤にに向けてより強力になるようになった。
        • Populist派閥は部隊を率いる数人の指揮官を生成するようになった。
      • populistの指導者は勝利時に資金を獲得できるようになり、称号や常備軍の創設を行う余裕ができた。
      • 軍事力のしきい値を超えることで派閥が不満を抱く割合を引き下げた。これにより最後通牒を突きつけるまでに領主が対応する期間が長くなる(特に派閥が標的よりわずかに強力な場合)。
      • 成功したPopulist派閥はその正当な(De Jure)領地の50%以上を支配していない場合、既存の称号を剥奪したり創設したりできなくなった。
      • Populist派閥がカスタム王国・公国を創設する制限を増やした。彼らは主に保有者のいない称号を創設するか、既存の称号を剥奪しようとする。
      • Populist派閥に参加した領主は、指導者の封臣になるには位が高すぎる場合、以前の主君の封臣として残るのではなく独立するようになった。
      • 成功したPopulist派閥の指導者は反乱に参加した領主から伯爵領を盗むことがなくなった。
    • 新たな14のイベントイラスト。
    • イベント用の新たなキャラクターアニメーション7種。

9月13日にはCK3のフレーバーパックが価格改定(6.99ドル→12.99ドルへと倍近い値上げ)が行われることがアナウンスされています

コメント

タイトルとURLをコピーしました