HoI4新DLC「By Blood Alone」発売!

「Cities: Skylines」Plazas & Promenades開発日記#4――新たな特化とマップ

Cities: Skylines

「Cities: Skylines」Plazas & Promenades開発日記#4が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は地区の特化とマップについて。「Plazas & Promenades」発売前の開発日記です。

前回:Plazas & Promenades開発日記#3――新たな広場とサービス施設


スポンサーリンク

開発日記

Plazas & Promenades開発日記#4は、今回は地区の特化とマップについて。

無秩序に広がったWall-to-wallの地域

  • まず住宅区画・商業区画・オフィス区画に使用できる新たなWall-to-wallの特化について。これはマイルストーン6「大きな街」で高密度区画とともにアンロックされる。特化ごとに48の新しい近代的な低層建造物があり、都市にユニークなエリアを作り出す。また、ゲームの新機能として、こうした建造物には壁画が描かれており、建造物が出現するたびにランダムに選択され、その地域にさらなるバリエーションと彩りをもたらす。
  • 新たな特化wall-to-wallは見た目が素晴らしいだけでなく、通常の地区とは動作が若干異なる。近代的な建築様式であることを反映してこうした建造物は火災の危険性が低くなっているが、密接して建設されているため、建造物の間で火災が拡大しやすくなっている。そのため、火災が発生した場合に備えて近くに消防署を置いておくようにしよう。
  • これまでの特化と同様にこれは「地区とエリア」メニューにあり、この特化を選択して地区をクリックすることで適用される。ただし、歩行者エリアについては特化を直接適用できるため、地区を作成する必要はない。地区と歩行者エリアが重複していて、商業など特定の地区に異なる特化が適用されている場合、歩行者エリアの特化が使用される。

新たなマップ

  • 拡張には新たなマップが欠かせない。「Plazas and Promenades」ではさまざまな風景やテーマの5つのマップから選択できる。

Cape Appleは開発可能な広い空間が広がっている

  • まず温暖なマップであるCape Appleだ。周囲の陸地にアクセスしやすい長い半島を中心としてスタートし、繁栄するメトロポリスに最適な環境となっている。観光客を呼び込む海路をつないだり、海岸に産業を興して新たな街を建設しよう。

Coastal Gemにはその名前のとおり美しい砂浜がある

  • 次は南国のCoastal Gemだ。長く広い砂浜と都市を建設するのに十分な広い空間がある。内陸に拡大すれば多くの鉱脈がある場所に到達できるし、海岸線では水辺の地価上昇の恩恵が得られる。

Gondola Islandsの島々は多くのものをもたらす

  • Gondola Islandsはあらたな2つのヨーロッパ風マップのうちのひとつで、本土とは橋でつながっているだけの大小さまざまな島々で構成されている。歩行者エリアを使った歩きやすさを重視した島のコミュニティを作ったり、新たな道路を使って多くの島々をつないだり、Gondola Islandsはここに作る都市を形づくるだろう。

Oracle Lakeは風光明媚な景色が多い

  • 寒帯のOracle Lakeは都市建設が可能な、森と湖の多い広大な渓谷だ。広大な森林を利用して産業を興したり、豊富な鉱石を採掘したり、活気ある観光地を作ってもいいだろう。選択はプレイヤー次第だ。

Splitz Tributaryは新たな都市に理想的な場所だ

  • 最後は2つ目のヨーロッパ風マップであるSplitz Tributaryだ。山の麓やここで合流する川のほとりに都市を建設しよう。建設可能な土地が多く、都市をさまざまな形にできる。


今回で「Plazas and Promenades」の新コンテンツを紹介する開発日記は終了し、次回の13日火曜日には無料アップデートの内容とパッチノートが紹介されるとのこと。

次回:Plazas & Promenades開発日記#5――無料コンテンツとパッチノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました