Steamにてパラド社タイトルが幅広くセール対象となっています。Stellaris・HoI4は無料プレイも可能。

「Stellaris」開発日記#221――バランスとプレイしやすさの改善

Stellaris 開発日記

「Stellaris」の開発日記#221が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回はバランスとプレイしやすさの改善について。3.1「レム」リリース前の開発日記です。

前回:開発日記#220――Humanoids Species Packへの追加物


スポンサーリンク

開発日記

開発日記#221は、バランスとプレイしやすさの改善について。

  • 開発日記#215で言及した3.1「レム」パッチに向けたCustodiansの作業の一環として、チームはさまざまな機能のバランスとプレイしやすさの改善を行い、影響の大きい変更点を今回ご紹介する。すべての変更点を網羅したものではなく、最終的な数値ではないものも含まれる。なお、Necroids Species Packの変更点については開発日記#216でご紹介しているが、こうした変更点もすべてレムアップデートに含まれる。

宇宙生まれ(Void Dwellers)

新たに改良された特性「宇宙生まれ」とその補正。

  • 宇宙生まれのポジティブな特性とネガティブな特性を持たせる実装では満足のいく結果にならなかったことを、私たちは認識していた。ネガティブな特性を遺伝子改変で消滅させることができる点は特にそうだ。これを解決すべく、特性の機能の仕方に変更を加えた。
    • 特性「宇宙生まれ」は単一の特性となり、種族の遺伝子改変で悪用されなくなった。
    • 特性の補正は以下のようになった。
      • 軌道上居住地のPopの産出量+15%
      • 非人工惑星(Non-Artificial Worlds)でのPopの産出量-15%
      • 成長速度-10%
      • 非人工惑星での幸福度-30%
  • これが意味するのは、宇宙生まれPopがもっとも生産的で幸福なのは軌道上居住地であり、リングワールドでのボーナスは取り除かれ、惑星に定住すると生産と幸福度にペナルティを受けるということだ。

砕けたリング(Shattered Ring)

The Voor Technocracyは砕けたリングワールドのセグメントを母星として誇示している。

  • 起源「砕けたリング」を再度バランス取りすることについても私たちは議論してきた。この起源の初期の国力を低下させるさまざまなバージョンを経て、プレイヤーのファンタジーを念頭に置き、最終的に砕けたリングの進歩を起源「残党(Remnants)」に似たものにすることで落ち着いた。
  • 砕けたリングは以下の区域種別をサポートする。
    • 都市・巣窟(Hive)・中枢(Nexus):帝国に応じた住居。
    • 工業:消費財や合金を製造する。
    • 商業:事務員が利益を出し、職人は工房を経営する。
    • 発電所(画像にはない):集合意識と機械知性が動かしている。発電所区域と商業区域は砕けたリングの支配者によって変わる。
    • 農業:食糧が栽培される。
    • 採掘:以下で詳細を述べる。
  • すべてのがれきが撤去されると25区域分の空きができる。

採掘区域、すなわち貴重な鉱物や合金で満たされたトンネル。

  • みなさんはこう思うだろう。「リングワールドに採掘区域はあるか? 私はなにを採掘している?」答えはリングそのものだ。宇宙航行に到達する前にリング上の生命しか知らなかった文明として、利用できる資源はリングワールド自体を構成するものだけだった。幸いにも壊れたリングワールドは巨大で、壊れた素材をその星系の太陽に落とすことなく保存している。
  • そのため、砕けたリングの採掘区域は通常の鉱山労働者をスクラップ採掘者(scrap miner)に置き換え、毎月鉱物2と合金1を産出する。

もちろん家のちょっとした修復が必要なこともある。

  • 上で述べたように、砕けたリングの進歩を起源「残存者」の遺物惑星に似たものにしたかった。そこで、砕けたリングの破片をすべて取り除き、適切な技術を研究すれば、完全に機能するリングワールドのセグメントに修復できる。
  • この作業が完了すると砕けたリングの区域はリングワールドの区域に5:1の比率でアップグレードされる。つまり、農業区域5が農業セグメント1になる。リングを修理すると材料を取り除く必要がなくなるために採掘区域が削除され、研究セグメントを建設できるようになる。

エキュメノポリスのプレイしやすさの変更

地球は、遠い昔の過去の遺物で、新たに復元する準備ができている。

新たに復元された地球。地方統治アルゴリズムはすべての産業基盤が守護者の宇宙軍の支援に集中すべきだと想定していなかったことに注意されたい。

  • 私たちは惑星がエキュメノポリスに変わったときの工業区域の割り当てに多くのフィードバックをいただいている。3.1以前はすべての工業区域が合金の生産に充てられ、精錬アーコロジーに転換されていた。3.1では工業区域が開発構想に従って転換される。
    • 開発構想「精錬惑星」の場合は2:1の比率で精錬アーコロジーに転換される。
    • 開発構想「工場惑星(Factory World)」の場合は2:1の比率で工業アーコロジーに転換される。
    • 開発構想「工業惑星(Industrial World)」他の開発構想の場合は4:1:1の比率で精錬アーコロジーと工業アーコロジーに転換される。

  • もうひとつの変更はアセンションパーク「アーコロジー計画」と遺物惑星をエキュメノポリスに復元できるディシジョンが独善的な奉仕機械でも利用可能になることだ。さらに、通常存在するレジャーアーコロジーはバイオトロフィーを住まわせる豪華な高層アーコロジーとなった。

さまざまなプレイしやすさの変更

  • 上述したように、消費財向けの開発構想は「工業惑星」の追加によって「工場惑星」に改称した。

  • 「工業惑星」は単一の職種に限定して注力したくない惑星に適しており、職人と冶金技師の双方に小規模なボーナスがつく。

  • Hive Worldsと機械惑星はガイア型惑星に合わせてさらなるボーナスを得た。Hive Worldsは産卵ドローン(Spawning Drone)+1、機械惑星はReplicator+1を得る。起源「資源の集約(Resource Consolidation)」による機械惑星では、Replicatorの職業枠を得るにはブロッカーを取り除く必要がある。

  • 暴力的カルト(Subversive Cults。大衆の福音(Gospel of the Masses)と犯罪結社(Criminal Syndicate)を併せ持つ巨大企業)は繁栄の神殿(the Temple of Prosperity)を利用できなくなり、かわりに反体制の殿堂(Subversive Shrine)を設立できる。これはその惑星での精神主義の魅力と犯罪を増やす。

国是の調整

  • 私たちは既存のあまり利用されていない国是や利用されすぎている国是に対しても、穏やかなバランス変更を行いたいと考えている。以下はテコ入れが必要だと感じた国是のリストだ。
  • 通常帝国
    • 自由の灯台:統合力+15%に加えてPopからの帝国膨張量-15%
    • 君主崇拝(Imperial Cult):布告上限+1ではなく+2
    • 理想主義の基盤:幸福度+5%ではなく+10%
    • 環境論者(Environmentalist):消費財維持費-10%ではなく-20%
    • 議会制:派閥からの影響力+25%ではなく+40%
    • 効率的官僚制:管理許容量+10%ではなく+20%
    • 熱狂的国家主義(Nationalistic Zeal):戦争疲弊度上昇量-10%ではなく-20%、かつ請求権コスト-15%
    • 機能的建築様式(Functional Architecture):建造物・区域の建設コストと維持費-10%、建設スロット+1ではなく建造物・区域の建設コスト-15%(維持費低下は削除)、建設スロット+2
  • 集合意識
    • 亜空間神経伝達(Subspace Ephase):宇宙軍許容量+15%に加えて艦船速度+20%
    • 分割的注意(Divided Attention):管理許容量+10%ではなく+20%
  • 機械知性
    • 建設ロボット(Constructobot):建造物・区域の建設コストと維持費-10%、建設スロット+1ではなく建造物・区域の建設コスト-15%(維持費低下は削除)、建設スロット+2
  • こうした数値の変更がこれらの国是に新鮮な空気を吹き込み、多くのプレイヤーにとって魅力が増すことを期待している。
  • あまり使われていない国是を強化するだけでは問題は解決しないため、3つの「持っているべき」国是を弱体化した。
    • 奴隷ギルド:奴隷化するPopを40%→35%に
    • 年季奉公の資産(Indentured Assets):奴隷化するPopを40%→35%に(巨大企業の国是)
    • 技術官僚の支配(Technocracy):技術官僚制が原因で統合力を産出する科学者の消費財維持費+1
  • おわかりのように、奴隷ギルドは技術官僚制に比べて小さな変更だが、こうしたことの目標はこれらの国是を少しだけ弱体化することであって、徹底的に弱体化してしまうことではない。私たちの目標はこうした国是を「常にベストな選択」から「状況によってはベストな選択になり得る」に変えることだ。
  • 私たちはみなさんからのフィードバックや他のプラットフォームでのフィードバック、テレメトリーを注意深く観察して国是の調整を進めていく。他にも改善が必要な国是があり、そうしたものについても検討するが、レムアップデートではない。

質疑応答

Q:エキュメノポリスとかガイア型惑星は人工惑星に入るの?

A:入らない。軌道上居住地とリングワールドだけだ。


2021年9月3日追記開発日記#222は「レム」アップデートでのMod開発に関する内容についての記事となっていますが、当サイトでは記事にしてご紹介しませんので、気になる方は直接スレッドをご覧ください。

次回:開発日記#223――3.1「レム」アップデートのリリース日とパッチノート

コメント

  1. Segment → 区域(リングワールド用)
    Remnants → 残党
    都市・Hive・Nexus → 都市・巣窟・中枢
    もうひとつの変更はアセンションパーク「アーコロジー計画」の強化だ。独善的な奉仕機械は遺物惑星をエキュメノポリスに復元できるディシジョンが利用可能になる。 → もうひとつの変更はアセンションパーク「アーコロジー計画」と遺物惑星をエキュメノポリスに復元できるディシジョンが独善的な奉仕機械も利用可能になったことだ。

    Subversive Cults → 暴力的カルト(政体)
    Gospel of the Masses → 大衆の福音(国是)
    Criminal Syndicate → 犯罪結社(政体)
    暴力的カルトになるのは大衆の福音とCriminal Heritage=犯罪の系譜(国是)を取った時なのでここは開発日記自体がおかしいですね(よくあることですが)
    Imperial Cult → 君主崇拝
    Environmentalist → 環境論者
    Nationalistic Zeal → 熱狂的国家主義
    Functional Architecture → 機能的建築様式
    Subspace Ephase → 亜空間神経伝達
    Divided Attention → 分割的注意
    Technocracy → 技術官僚の支配
    以上日本語化MODに準じたものです。邪魔だったら消してください

    • ありがとうございます。記事を修正しました。

      • 国是をアップグレードできるようにすれば良いんじゃ…

        • 天才あらわる

          • 昔、政体のアップグレードがあったことを考えるとゲーム的にはできるはずなんだがな…
            (RP的には数百年単位のゲームで意識変化がないのがむしろ不自然という気もするし)

  2. •効率的官僚制:管理許容量+10%ではなく+20%

    管理許容量は取り除きたい、って前に言ってたように思ったけど
    結局は残したのかな

タイトルとURLをコピーしました