EU4, HoI4, Stellarisでランチャーがアップデートされたとのこと。Mod管理で検索バーやロード順の番号などが追加されたようです。

「Imperator: Rome」開発日記2019年5月6日

「Imperator: Rome」開発日記2019年5月6日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は1.1ポンペイウスパッチの変更点について。

前回:開発日記2019年4月29日


スポンサーリンク

概要

開発日記2019年5月6日は、1.1ポンペイウスパッチの変更点について。非常に長い開発日記のため、適宜内容を省略しています。

Imperatorの時代の海軍

  • Imperatorの海戦は多くのものをEU: Romeから引き継いでいる。
  • この時代の軍船には多くの種類や使用法があり、またどんどん大型のものも建造されていった。中には攻城兵器が搭載されることもあった。

軍船と海戦

  • 海軍の多様性や使用法をよりよくカバーするため、戦列を作ることにした。軍船の種類は3つのカテゴリーに分かれ、それぞれに強み弱みがある。主な狙いはこの時代の用法に基づいて小型船・中型船にさまざまな役割を認めることだ。
  • 大型船をアンロックしない軍の伝統では中小型が強化される。
  • 軍船の種類は文化によって名称が変わる。

軍船の種類

  • 小型船(Light Ships):高機動性、追加の士気ダメージ、翼や第1列に有用、木材を必要としない
    • Liburnian:覆いがされていない二段櫂船。安価で小型であり、非常に小回りが利く。スタート時は海賊が使用しているが、後にローマの軍船のひとつとなる。与えるダメージは小さいが追加の士気ダメージを与えることができる。機動性(Maneuver)が6あり、戦闘ではずっと離れたところの敵船も攻撃できる。
    • Trirere:史実では覆いがあるものもないものもあった。Liburnianより大型だが依然として小回りが利き、少し高価で与えるダメージも大きい。機動性は4。
  • 中型船(Medium Ships):4段~7段。戦闘力はあるが少し動きが鈍い。衝角攻撃(戦力ダメージ)、斬り込み攻撃両方で威力を発揮する。小型船の回り込みに対しては脆弱。木材が必要。
    • Tetrere/Trihemiolia:4段の全甲板船(Cataphract)。長い間海軍の標準的な軍船だった。長所も短所もなし。機動性は3。
    • Hexere:6段の全甲板船。より鈍重だがこの時代に広く使われた。追加の戦力ダメージを与えることができる。機動性は1。
  • 大型船(Heavy Ships):8段~40段。非常に高価で巨大な衝角を持ち、カタパルトや攻城兵器が取り付けられている。孤立して多数の方向から攻撃されるのに脆弱。Imperatorの時代の最後には使用されなくなっていたが、ギリシャ時代は艦隊の3割がこれだった。アンロックには軍の伝統が必要。
    • Octere:大型で高価。海の戦象。受ける戦力ダメージが小さく、与えるダメージは大きい。機動性は0(そのため、前方にいる敵船以外と交戦できない)。
    • Mega Polyreme:極めて高価。10段以上の軍船を表現している。より大きな戦力ダメージにも耐える。海岸要塞に突破口を開くことができる。機動性は0。

軍船の拿捕

  • 軍船の士気が0になったが戦力は0でない場合、その船が拿捕される可能性がある。拿捕確率は取り除かれる軍船とそれを標的としている軍船の種類に基づく。中大型船はより小型の軍船を拿捕する確率が少し高いが、小型の船ほどより多くの士気ダメージを与えるため、全体として拿捕確率はより高い。
  • 拿捕された軍船は戦闘から取り除かれるが、その所属は相手方に移る。

海軍戦術

  • 多くの種類の軍船が利用できるようになったことに合わせて、戦術システムも使用するようにした。艦隊の構成によってさまざまな戦術がさまざまな有効性を持つ。戦術の選択は軍船の拿捕確率にも影響する。

海軍ユニットの能力

  • Capture Port:大型船5隻以上の艦隊で利用でき、要塞化されていない港を直接占領する。上陸作戦の橋頭堡作りとして役立つ。
  • Port Raid:戦力値が95%以上の大型船1隻以上の艦隊で利用でき、攻城戦が行われている要塞化された港で直ちに突破口を開く。大型船の戦力値は30%低下する。
  • Port Assault:戦力値最大のMega Polyreme1隻以上の艦隊で利用でき、要塞レベルが1の要塞化された港で要塞レベルを1低下させる。Mega Polyremeの戦力値は20%まで低下する。

海軍の行動範囲

行動範囲を表示したデバッグマップモード

  • すべての国家は海軍の行動範囲(naval range)を持つようになり、自国のもっとも近い港から計算される。範囲外に出ると大きな損耗を受ける。

航行可能な河川

開発中の航行可能な河川。航行可能かどうかひと目でわかるように異なる見た目をしている。

  • 一部の川は航行できるようになった。こうした川は陸上ユニットが渡河地点(海峡に似ている)で渡河できるようになっている。大河に接する陸上プロヴィンスは人口キャパシティ(詳細は今後の開発日記で述べる)が増加する。

海域特性

  • Open Sea:戦闘補正なし。
  • Coastal Sea:群島や沿岸部で使用され、防衛側にアドバンテージがある。
  • River Terrain:航行可能な河川では防衛側に有利になり、また小型船が大幅に有利になる。

Omensと宗教

宗教統一度とOmen Powerが非常に低いマウリヤ朝の仏教のOmens

  • Johanのデザインコーナーでも紹介されていたが、私たちはポンペイウスパッチでプレイに多様性をもたらしたいと思っている。そのひとつが宗教についての国家ボーナスの追加であり、例えばTuisticの国家では簡単にPopが移住できるようになる一方で、Canaaniteの国家では交易路の設定がより容易になる。

現在のローマのOmens。多くの点で仏教のそれとそっくりだ。

Serapis Cultを受容した後のエジプトのOmensの例。

  • また、宗教や文化によってOmenも異なるようにした。つまりBuddhistsとKemeticistsではまったく異なるOmenを持つ。一部の国家では特別なOmenがある。
  • このシステムは完全に改造可能だ。

改宗

  • リリース時にはわずかな国家(主にDharmicの国家、バクトリア、エジプト)しか国教を容易に変更できなかった。宗教がより多様化するのに合わせて、国教の変更もより一般化されたアプローチを取ることにした。
  •  外国の宗教を持つキャラクターが少なくとも1名いれば、そのキャラクターの宗教への改宗がどんなものかを見ることができる。改宗の要件は今のところ以下のとおり。
    • 首都の自由なPop(奴隷以外)の過半数が新たな宗教を信仰している。
    • 共和制においては元老院が賛同している。
    • 君主制においては正統性が70以上ある。
    • 部族制においてはclan leadersが賛同している。
    • High Priest、Pontifexその他同等の公職者が新たな宗教を信仰している。

  •  国教変更の効果は以下のとおり。
    • 新たな国教を信仰していないキャラクターは忠誠度が20低下する。
    • 統治者とその一族の忠誠心あるメンバーは新たな国教に改宗し、忠誠心があり国家の中でもっともprominenceの高い上位6名も同様。
    • 一定期間、改宗がより効果的になる(このボーナスの間は新たに別の宗教に改宗することができない)。

次回:開発日記2019年5月13日

コメント

  1. この時代で海戦あるのに、CKにはなぜ海戦が実装されないのか・・・

    • ヴェネツィア市にフリーパスで上陸されるのほんとなんとかしてほしいわ
      あの海軍の意味はなんなんだよマジで

  2. 結局どういうゲームなのかよくわからないんだけどローマ帝国版HoI?
    当時の国家総てで遊べるのかな

    • https://simulationian.com/2019/04/imperator-review/
      レビュー記事がありますのでこちらをご覧ください。
      さらに詳しくは過去の開発日記をお読みいただくといいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました