「Crusader Kings II」開発日記#86――帰ってきたキャラクター画面

CK2開発日記#86が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回はキャラクター画面の見直しについて。

前回:開発日記#85――伝説の遺産


スポンサーリンク

概要

開発日記#86は、キャラクター画面の見直しについて。

  • 今日は新たなキャラクター画面についてご紹介する。古いキャラクター画面はこれまでにも何度か見直されてきたが、さまざまな要素(特に特性(Trait))を表示するスペースが不足しており、またインターフェース全体に乱雑にボタンが配置されていた(軍を率いるトグルボタン、宝物(Artifacts)ボタン、理髪店ボタンなど)。私たちの第一の目的はスペースを確保して新たなボタンの追加をしやすくすることだ。その結果が上の画像だ。
  • 私たちは習慣になっていることは変えにくいということを念頭に置き、よく使われるもの(例えば結婚(Arrange Marriage)ボタン)やひと目でわかるようにする必要がある情報(例えば徴集軍の数(Levy Size))はこれまでどおりの位置に配置した。アイコンのテキストも見直し、すべてのアイコンはツールチップを持つようになった。つまり、以前とは異なり、特性と補正の違いのようなさまざまなコンセプトを説明できるようになったということだ。
  • いくつかの要素は取り除かれた。例えば家系ツリー(Dynasty Tree)ボタンは、家系の紋章をクリックすれば同じ機能を満たすことができる。
  • 古い戦闘補正(Combat modifiers)アイコン(2本の剣が交差したもの)は新たなアイコン(オレンジ地に剣とチェスの駒)に置き換えられた。これはマウスオーバーで役に立つ情報が見られることをより明らかにするためだ。またアーティファクトにも同様のアイコンを追加している(黄色地にゴブレットと兜)。このアイコンはキャラクターリストでも表示され、宝物を持っているキャラクターを見つけるのに役立つ。
  • さらに、個人戦闘スキル(Personal Combat Skill)値はスキルリストの下に表示した。詳しくは将来の開発日記で述べるが、ゲーム体験を改良するものであることは確かだ。
  • 謎めいた感じを損なわないよう、拡張の機能に関するボタンは混乱したアヒルのアイコンで検閲してある。こうしたボタンについては将来の開発日記でご紹介する。

  • 他のキャラクターを見るときはこのとおり。こちらにもさらに検閲したボタンがある。大きな違いは陰謀(plot)ボタンの位置を変更したことだ。全体として見れば便利な位置にある。
  • 私たちは、必要な情報をひと目でわかるような位置にしようとした。アクティブな外交関係(特に戦争)、徴集軍の数、能力値はすべてより便利な位置にある。

質疑応答

Q1:これは無料の内容?

A1:無料の内容。


次回:開発日記#87――連続殺人

コメント