「Europa Universalis IV」開発日記2016年8月11日

eu4-dd20160811

「Europa Universalis IV」開発日記8月11日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は次のパッチと拡張について。

前回:開発日記 2016年8月4日

2016/08/19 2016年8月18日分へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

8月11日分の開発日記は、次のパッチと拡張について。次の土曜日(2016年8月13日)にEU4はリリースから3周年だそうです。また、Johan氏が父親産休から復帰したということで、今回の開発日記は久しぶりにJohan氏によるものです。

  • 次のパッチと拡張にはひとつのビジョンがあり、これは国家の組織的側面をより面白くするものだ。6月の統治者のパーソナリティに関する開発日記では、宮廷画面の空欄について説明しなかったので、今回はこれについて述べる。
  • 次の拡張では、王は王妃を娶る。王妃は明確に名前がつけられた配偶者か、女王が統治しているならば政体に特有の名前がつく。
  • 王室間の婚姻が行われるときに王妃を得る可能性があり、王妃はこのとき出身国の王朝の一員となる。また、現在の王妃以外から後継者が生まれた場合は、地方の小貴族出身の妃を得ることもある。
  • 君主が死ぬと、以前は摂政政治が行われることがあったが、王妃が摂政政治を指導することも起こるようになった。オランダの共和制やイクター制など、政体のメカニクスによってこれが不可能な政体もある。
  • 王妃が後継者の中で最上位となったときの正統性は、現在の正統性と王妃の母国からのものを合わせたものとなる。
  • 王妃を得ることの利益のひとつは、より高い能力値を得られるかもしれないということと、利益をもたらすパーソナリティをえられるかもしれないということだ。また、他国がプレイヤーの国から王妃を娶った場合には、わずかながらだが好意的になってくれるだろう。
  • EU3の時代からあるスキャンダルについては、変更を加えることになるだろう。また、摂政となった王妃は通常の摂政政治と同じく、戦争を始めることがある。

質疑応答

Q1:次の拡張はレギュラー? ビッグ?(注:かなり前の開発日記でDLCの内容と価格付けの話題があり、それに関連した質問と思われます)

A1:レギュラー。でもプレイヤーの満足度はビッグだと思うよ。


次回:開発日記2016年8月18日