WW2の航空機が登場するブラウザゲーム「編隊少女」6月29日→7月8日サービス開始

formationgirls-servicein

6月25日、ブラウザゲーム「編隊少女」のサービス開始が6月29日とアナウンスされましたが、その後、7月8日に延期となりました。

以前の「編隊少女」と「空戦乙女」の比較記事はこちら。

2016/07/12 「編隊少女」のレビュー記事へのリンクを追加。

スポンサーリンク

2016/07/05追記

というわけで、7月8日にリリースとなるようです。

2016/06/29追記

ということで、サービス開始は延期されるようです。

概要

「編隊少女」サービス開始の詳しい内容については、例によって4Gamer.netの記事をご覧いただくのがよいかと思います。

さて、以前の「編隊少女」と「空戦乙女」の比較記事では、「開発に時間をかけて商業的に大丈夫なのか」というような、ミリ姫の苦い経験から来る心配ごとを書きました。サービス継続にはやはり商業的にうまくいくのかというところが大切だと思いますので、運営している会社はどんなところなのか、ちょっとばかり調べてみました。

株式会社アイオウプラス

「企業情報」を見ると、従業員15名、資本金785万円と、会社規模だけならミリ姫を運営していた株式会社ヘッドロックよりも小さなところです。

一方、「ニュース」を見ると、「這いよれ!ニャル子さん」や「ご注文はうさぎですか?」などのアニメの製作委員会メンバーである旨記載があります。会長や代表取締役はこれらのタイトルの企画やプロデューサーとなっていたようですし、アニメ業界と強いつながりがある会社のようです。

グッズ展開

ツイッターでの公式アカウントでは、「編隊少女」のグッズ展開の様子もリツイートされています。サービス開始前からグッズ展開というのは、私はあまり聞いたことがありませんが、一般的なものなのでしょうかね?

ライバルも

開発もかなり長期間にわたり、その上サービス開始前からグッズ展開もやる余裕があるということは、どうやら「太い」ところがバックについているプロジェクトなのかなという印象です。無料動画ストリーミングサイトのGYAO!にもCMを打っていましたし、かなり力を入れているのではないでしょうか。

だとすると、1年以上はサービスが続きそうな気もしますし、もしかすると「ポストミリ姫」になるのかも……。

formationgirls-servicein-axissenki

しかしながら、最近では「あくしず戦姫」という萌えミリもののアプリゲームが公表されました。ブラウザゲームとスマートフォン用アプリゲームなので市場としてはバッティングしないのかもしれませんが、客層としては完全に重なっていそうですし、手強いライバルになりそうな気もします。


「萌えミリ」もののブラウザゲームは、今のところ艦これが市場総取りという印象ですが、「編隊少女」がここに食い込んでいけるのか楽しみです。

「編隊少女」レビュー記事はこちら。