ブラウザゲーム「ミリ姫大戦」に新キャラ・アホが実装

milihime3-top

たびたび取り上げているYahoo!モバゲーのブラウザゲーム「ミリ姫大戦」に、本日のメンテナンスで新キャラが実装されました。

ゲームの紹介記事はこちら。

2016/4/7 リンク切れを修正。

スポンサーリンク

誰が実装されたの?

トップ画像に掲げた、黒髪ロング前髪パッツン美女「アホ」が実装されました。

来週火曜(10/20)までの限定で、探索によって(あと探索することで達成できるミッションで)入手することができる旨、公式ページ(リンク切れ)でアナウンスされています。

アホさんというと日本語話者はちょっとビックリするような名前ですが、北欧圏では割といる名前です。スキージャンプ選手のアホネンとか。

フィンランドの軍人らしいけど、マルッティ・アホって誰?

よくわかりません

milihime3-aho第50歩兵連隊長時代のアホ中佐

いろいろと調べてみましたが、おそらく日本語文献、日本語のwebサイトの解説がないものと思われます。日本語で一番まとまった冬戦争・継続戦争の資料と思われる『雪中の奇跡』と『流血の夏』を見てみましたが、名前を見つけられませんでした。なので、フィンランド語版のウィキペディアをどうぞ

21:30追記:アホ大佐が指揮していた第50歩兵連隊の活躍をまとめたサイト(フィンランド語)に、詳しい記述がありました。ここの記載に基づいて、以下の戦歴について若干追記・変更しています。

戦歴

このウィキペディアのページを、Chromeの自動翻訳機能を使って読んでいくと、最初の戦歴は1918年のフィンランド内戦。この後、予備役士官養成コースに通い、さらに陸軍士官学校に進みました。その合間には国境警備隊の中隊指揮官を務めていたようです。

冬戦争では、始めは中隊指揮官、後に第8独立大隊(ErP 8)を指揮。冬戦争中に2度負傷しているからか、冬戦争での活躍は記載がなく、詳細は不明です。

戦後は国境警備隊の指揮官を務めていた模様。

継続戦争では第11師団所属の第50歩兵連隊長(1941年7月21日~)を務め、8月のカレリア軍によるペトロザヴォーツクへの攻撃に際して巧みな指揮で急速に前進し、ソ連軍が防備を固めていた鉄道と道路の重要地点を確保しています。

この功績が認められ、1942年3月1日には2級マンネルヘイム十字章を受章。

1944年6月23日には大佐に昇進し、その後すぐに有名なタリ=イハンタラの戦いにも参加(6月27日~)しています。

このタリ=イハンタラの戦いに第50歩兵連隊が参戦していたというのは『流血の夏』にも記載があります。が、部隊名が出るだけで詳しい記載はなし。

連隊長だったアホは6月29日に負傷しているようです。タリ=イハンタラでは、第50歩兵連隊はソ連軍の熾烈な攻撃を受けていたというような記載が『流血の夏』にはあります。また、アホは兵士たちと一緒に前線に出て戦うタイプの将校だったらしく、それが原因で負傷したのではないかと思われます。

ラップランド戦争では、10月6日夜からトルニオの戦いに参加。ドイツ軍の一部の包囲に成功し、10月8日夜に500名以上のドイツ兵を降伏させます。

(おそらく)この功績を讃えられて、1944年10月16日には2回目の2級マンネルヘイム十字章を受章。

戦後はロヴァニエミとラーヘで軍の地区管理者(?)として勤務し、1949年予備役編入。

予備役編入後はM.ラウアンヘイモ社という海運会社に就職したようです。


「ミリ姫大戦」はこういう感じで日本語資料のない軍人をモチーフにすることがけっこうあるんですが、いったいどうやって調査しているのか……謎です。

アホさんはゲーム中で「今までの人生戦争ばかり」みたいなことを言っていますが、こうして戦歴を見ると、確かにフィンランドがやった戦争にはすべて参加していることがわかりますね。

このアホさん、私は見た目が大変気に入っています。実を言うとしばらくこのゲームから離れていたのですが、一気にやる気が出ました。

というわけで、まだプレイされていない方はこれを機に始められてはいかが?