第二次大戦後の戦闘車両で戦うオンラインゲーム「Armored Warfare」オープンベータ開始

armoredwarfare-top

第二次大戦以降の戦闘車両を操作して戦うオンラインゲーム「Armored Warfare」のご紹介。10月9日からオープンベータテストが開始され、誰でもプレイできるようになっています。


スポンサーリンク

概要

ゲームをプレイするには、My.comのアカウントが必要です。「Armored Warfare」公式サイト右側の「DOWNLOAD NOW!」をクリックすると、アカウント登録画面が表示されますので、お持ちでない場合はそこからご登録ください。

インストール手順

  1. アカウントを登録すると、DOWNLOAD ARMORED WARFAREというページに飛ぶので、「DOWNLOAD CLIENT」をクリックしてクライアントをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたクライアントを起動すると、My.comのアプリケーションランチャーみたいなものがインストールされます。その後、そのランチャーの画面で「Armored Warfare」のダウンロード・インストールが始まります。ダウンロードは通常版で10GB、HD版では19GBと途方もない容量なので、その点はご注意ください
  3. ダウンロードにはものすごい時間がかかるので、この間にMy.comのアカウントのアクティベーションなどを済ませておくとよいでしょう。
  4. ダウンロードとインストールが終わると、My.comのランチャーからゲームを起動できるようになります。「Play」の右側の下三角形をクリックすると、ショートカットなどが作れるプルダウンメニューが表示されますので、お好みでどうぞ。

ちょっとだけ詳しく

ざっくり言うと、第二次大戦以降の戦闘車両が使える「World of Tanks」(WoTでも使えますが……)でして、操作系もほとんど同じです。

しかしながら、プレイした感じとしては、「World of Tanks」は重厚感が全面に出ている感じの動きですが、「Armored Warfare」は登場する車両が新しいからか、かなり軽快な動きです。

かと言って不自然なほど軽いわけでもなく、「ちょうどいい現代の車両の動き」に感じられます。感覚としては、Battlefieldシリーズの戦車の挙動が近いかなと。

戦闘について

armoredwarfare-sight

戦闘中の狙撃モード(砲手視点)はこんな感じ。敵車両は赤枠で強調され、その上に耐久力も表示されます。

中心の円は弾のばらつきを示すもので、静止していると小さくなります。わかりにくいですが、円の上に黄色の目のようなものが表示されていますが、これは敵に発見されたことを示しています。

インターフェースまわりもWoTとだいたい一緒。ちょっとわかりにくいのは左下のインジケータですが、上の緑のゲージは耐久力、その内側のアイコンが並んでいるところは車両のモジュールの状態、その内側の白い点線の円は障害物等でカバーされている方位、下の黄色い車体のゲージは隠蔽率、左のアイコンの並びはクルーの状態をそれぞれ示しています。

WoTだと灌木や茂みに隠れて隠蔽率を上げ、発見されないようにするのが重要ですが、AWではむしろ動きまわって素早く有利な位置取りをするというのも重要に感じます。というのは、AWでは移動が速いですし、照準合わせも早いので、発見されたところでさっさと逃げればいいし、動き回っているうちに発見した敵を素早く攻撃することもできるわけです。

そのため、隠れやすいポイントでじっとしているよりは、動きまわって戦うほうがよいバランスになっているように感じました。

ゲームモードについて

armoredwarfare-pve

こういうタイプのオンラインゲームに標準搭載のPvPモード(プレイヤーをチーム分けして対戦)だけではなく、PvEモード(AWでは、プレイヤーたちがチームとなってミッションをクリアしていくモード)も搭載されています。

「World of Warships」にもPvEモードはついていますが、あちらはPvPの練習くらいにしか感じられない一方、AWでは、それ自体がけっこう遊べる感じになっています。PvPに飽きたらPvEとか、PvPだとすぐやられちゃうからPvEというように、PvPはそこまで好きじゃないなあという方も楽しめます。

基地開発

armoredwarfare-base

AWでは、自分の基地を拡張していくこともできます。車庫、アカデミー、兵舎などの建物を建設することで、修理費用が安くなったり、クルーの経験値にボーナスがついたりします。

建設のための資材は1日に100与えられ、これを消費して建設していきます。

その他

あくまで私の環境ですが、やっていて感じるのは「PCのファンがめっちゃうるさい」ということですね。

3年くらい前のPC(Core i5-3570、GeForce GTX660Ti)にHD版をインストールして、さらに画質「Very High」でやっているので、プレイ中はグラボが全力稼働しているようで、ファンがうなりを上げて回ります。

推奨動作環境はそこまで高いとは思いませんが、HD版でやる場合はそれなりに高い性能を求められるというのはあるようです。


というわけで、WoTに続く新たな戦車ゲー「Armored Warfare」をご紹介しました。

個人的には、WoTよりこちらのほうが好みです。せっかちなので、移動が軽快だとストレスがなくて気持よく遊べます。

「WoT面白かった!」という方も、一度プレイされてみてはいかがでしょうか。