兵器少女を育成して戦場に赴くブラウザゲーム「ミリ姫大戦 -Militaerische Maedchen-」

milihime-top

Yahoo!モバゲーで2015年2月24日にサービスを開始したブラウザゲーム「ミリ姫大戦 -Militaerische Maedchen-」のご紹介。

2015/10/13 カテゴリーを変更。

スポンサーリンク

概要

ありていに言ってしまいますと、陸空版「艦これ」です。

「艦これ」では軍艦を擬人化したキャラクターが出てきますが、こちらは第2次世界大戦のヨーロッパ・北アフリカ戦線で戦った軍人と兵器をミックスさせて擬人化したキャラクターが出てきます(トップの画像は戦車エースとして有名なカリウス。ティーガーIの主砲を持っています)。

公式はYahoo!モバゲーのサイト(http://yahoo-mbga.jp/game/12022153/detail)。

ミリ姫大戦の攻略Wiki(公式ではありません)(http://mh.swiki.jp/)もあります。

詳しく

細かな解説は「4gamer.net」の記事をお読みいただくのが手っ取り早いかと思いますので、ここでは詳しくは説明しません。簡単に言うと、「ミリ姫」なる兵器少女とともに「バタリオン」なる人類の敵をやっつけるというゲームです。「艦これ」と比べてインターフェースがとても洗練されている印象を受けます。操作にストレスがありません。

部隊を編成し、主砲やら機銃やらを装備させて出撃させ、ミリ姫を育成するとともに新たなミリ姫を獲得して部隊を強化してまた出撃……というのが基本的なサイクルです。

最近はこの「ミリ姫」をよくやっていまして、「艦これ」みたいに二次創作も広まっていかないかなーと思っているので、ご紹介します。

案外マニアック

「艦これ」がヒットした理由のひとつとして、よく「かわいらしい見た目でとっつきやすいのに、わかる人にはわかるネタが仕込んである」ということが言われますが、「ミリ姫」でもその点はちゃんとおさえてある印象です。

そもそも登場するキャラクターの元ネタが誰なのか、調べないとわからないことが多々あります。

milihime-example

例えばこの子。ドイツ国防軍のハンス・シュトリッペル中尉を元にしたキャラクターなのですが、そもそもハンス・シュトリッペル中尉に関して資料がなく、ググってもすぐにわかるのは、サイバーホビーという会社からフィギュアが出ていることくらいです(現在ではミリ姫のシュトリッペルが一番上位に来ます)。英語版のウィキペディアにも概要と勲章くらいしか記載がありません。

ちなみにこのシュトリッペルちゃん、「艦これ」でいう夕立が意識されているであろうキャラ付けで、「~かも」が口癖。

なお、政治的な配慮なのか、SS所属の軍人は登場しないようです。なので、ヴィットマンやパンツァーマイヤーは出てきません。

育成が楽しい

「艦これ」もそうですが、作業は単調なのに、キャラが成長していくとなんとなくそれが楽しくなってきてしまうものです。それは「ミリ姫」でも同じです。

milihime-example2

例えばこの子。入手したのはおそらくゲームを始めてから3人目くらいと相当な古参で、現在のところ当司令部で一番レベルが高いキャラです。アップデートでバランスが変わったのか、今でこそそこまで強くなくなりましたが、サービス開始当初は低レベルでも敵の重戦車の装甲を軽くブチ抜いてくれる戦場の女神でした。

このナイグルちゃん、昇格して「II」(艦これでいう「改」)になった後はただレベルが上がっていくだけ(艦これでいう重巡洋艦→航空巡洋艦のように、改良して中戦車→重戦車というように、兵科が変わるキャラもいる)なのですが、それでも出撃部隊には入れています。

「強いキャラだったから使ってるだけでしょ?」とお思いかもしれませんので、ここでもう一人。

milihime-example3

このルクレールも、ナイグルと同様、「II」になった後はレベルが上がるだけなのですが、好きなキャラなので今も一軍として使っています。取り立てて強いわけでもなく、パラメータだけ見ればもっと強いキャラクターもたくさんいますが、愛着のあるキャラを使うのもいいものです。

ルクレールは、「近所のちょっと抜けている綺麗なお姉さん」的キャラになっています。とても好きです。

けど重い!

milihime-example4

ここまではよい面について書いてきましたが、このゲーム、戦闘シーンになると3Dモデルを使っているので、低スペックマシンでは重くなりがち(オプションから軽めにすることができるようですが)。

さらにこの3Dモデルの数が少なく、せっかく多様な兵器が登場するゲームなのに、モデルは使い回しというのもちょっと……。

2015/9/29追記:その後のアップデートで3Dモデルが追加され、使い回しは減りました。

なお、Google Chrome 64bit Windows版ではプレイできないようですので、ご注意ください。私はInternet Explorer 11でプレイしていますが、効果音やボイスが出ないことがあるなど、けっこう重く感じます(回線のせいかもしれません)。

2015/9/29追記:Windows10で搭載されたEdgeでもプレイすることはできましたが、プレイできるだけで動作はガクガクでした。Win10+IE11の場合は、一部表示が低解像度になる(勝敗判定など)ことはありますが、おおむね良好に動作しました。

逆に言えば、不満があるとすればその程度でして、スペックなどに問題なければ面白くストレスなく遊べます。


「ミリ姫」はだいたいこんな感じの、ヒマつぶしに始めて、気づくと1時間くらい経っているようなゲームです。オススメです。ご興味がおありなら、プレイしてみるのもよいのではないでしょうか。

新機能が実装されたアップデートについての記事はこちら。

『兵器少女を育成して戦場に赴くブラウザゲーム「ミリ姫大戦 -Militaerische Maedchen-」』へのコメント

  1. 名前:ミリ姫大戦 -Militärische Mädchen- | Simulationian.com フィンランド分室 投稿日:2016/04/12(火) 17:12:00 ID:2ec8ae5bd

    […] ーで2015年2月24日にサービスを開始し、2016年3月22日にサービスを終了したブラウザゲーム。詳しくは姉妹サイトSimulationian.comの記事、ウィキペディアの記事、及び攻略Wikiをご覧ください。 […]