Steamで2022年オータムセール開催! 「信長の野望・新生」もセール対象

自動車メーカー経営シミュレーション「GearCity」が12年の開発期間を経て遂に正式リリース

GearCity

2022年1月15日、自動車メーカー経営シミュレーション「GearCity」が12年(うちSteam早期アクセス期間はおよそ8年)の開発期間を経て遂に正式リリースされました!

ゲームの紹介記事についてはこちら。


スポンサーリンク

「GearCity」遂に正式リリース!

2022年1月15日、自動車メーカー経営シミュレーション「GearCity」がSteamでの早期アクセス期間を終了し、正式に発売されました。価格は早期アクセス期間中と同じ2,050円ですが、正式リリース記念ということなのかセールが行われており、22日まで25%オフの1,537円となっています。

Steamコミュニティでの正式リリースについての記事によると、本作の開発は12年に及び、40万行以上のプログラムコード、40万行以上のGUIスクリプト、22万語以上のコンテンツを手書きしたとのこと。

また、今後も可能な限りカスタマーサポートやバグ修正を行うと同時に、さらなる機能追加のための資金調達手段である「Feature Bounty」プログラムを計画している(ただしSteamではアナウンスしないので、他のプラットフォームをフォローしてほしいとのこと)とも述べられています。

この記事では開発者であるEric氏の次回作「AeroMogul」についても触れられており、こちらは「GearCity」よりさらに深みのある航空会社経営シミュレーションとなる予定であるとのこと。


私が「GearCity」を知ったのは本当にごくごく最近(紹介記事を出したのが2021年7月)ですが、プレイを始めてすぐにその面白さとゲームシステムの深さに引き込まれました。デモ版もありますので、未プレイの方は今回の正式リリースを機にぜひ「GearCity」に触れてみていただきたいなと思います。

紹介記事はこちら。

日本スタートのプレイ日記はこちら。

コメント

  1. そんなに長い間開発してたのかこれ、驚きだ

  2. ずっと追ってきてイチ自動車会社の立場で歴史に介入できたら
    …とか夢想してたけど流石にそこまでは広げられなかったか

タイトルとURLをコピーしました