CK3新DLC「Royal Court」は2022年2月8日発売予定です。

「Mount & Blade II: Bannerlord」序盤の進め方

Mount & Blade II: Bannerlord

「Mount & Blade II: Bannerlord」はチュートリアルが終わるといきなりカルラディアに放り出されますが、そこからの基本的な進め方についてまとめました。

最終更新時のバージョン:1.5.9Beta


スポンサーリンク

概要

「Mount & Blade II: Bannerlord」はチュートリアルが終わるとメインクエストだけ与えられてカルラディアに放り出され、ここからどのようにしてカルラディアに覇を唱える基礎を作るかという道筋は自分で考えることになります。

以下では私が始めたときの流れを簡単にご紹介していきます。これから始める方の参考になれば幸いです。

始める前に

M&B2はそれなりに負荷の大きなゲームなので、始める前にオプションを開いて特にパフォーマンスについて確認することをおすすめします。

私の環境(Core i5-3570、メモリ16GB、Radeon RX470)では、画像にあるVery High設定がギリギリ動く(ファンは常に全開で、たまにグラボの過熱でゲームが落ちる)というところ。おそらく推奨動作環境を満たしたPCならVery High設定でもサクサク動作するものと思いますが、古いPCで遊ぶときは気にしたほうがよいでしょう。

また、以下でご紹介するのは難易度設定がすべてRealistic(戦闘AIはChallenging)の場合のやり方で、かなり保守的なプレイです。難易度は途中からでも変更できるようなので、やっていて「展開が遅いな……」と感じた場合は難易度を下げてリスクを取りに行くような遊び方のほうが楽しめるでしょう。

ただ、個人的にはM&B2は高難易度の主人公といえど雑兵に囲まれればあっさりやられるバランスが楽しい(とはいえ負けたらロードしてしまいますが)と思いますので、ゲームに慣れてきたらぜひそういう遊び方もやってみてもらいたいなと思います。

装備を整える

Champaignの場合、チュートリアルを終わらせるか飛ばすかすると、まずPoros近郊のTraning Fieldからスタートします。まず最初に近くの街であるPorosに入り、装備を整えます。

主人公の生い立ちの選択にもよるでしょうが、手持ちの装備を売るなどして馬・馬鎧・弓・矢を最低限揃えます。これだけあれば、徒歩の敵に囲まれて即負けということはなくなります。

最序盤はこの馬と弓矢を使って騎乗状態でLooterをちまちまと射殺し、回収した戦利品を売って小銭を稼いでいきます

余裕があれば1対1の白兵戦で勝ちやすい武器を揃えてもいいでしょう。私の場合は片手剣と盾が一番安定します(武器による防御が致命的にへたくそなので、雑に守っても防げる盾が必須でした)。防具は高いのでしばらく買う余裕はありません。Looterがドロップする安い装備を使うくらいで充分です。

Lootersと戦う

できるだけ人数の少ないLootersの集団と戦います。最初は10人以下くらいが目安です。

画像だとちょっとわかりにくいですが、戦闘に入ったら馬を使ってLootersからある程度の距離を保ち、馬を止めて矢を射かけていきます。Lootersは一定以上近づくと石を投げてくるので、石を投げられないか投げられてもあまり当たらない程度には離れ、一方で矢をちゃんと当てられる程度には近づきましょう。

ここでのポイントは、一人ずつしっかり射殺して敵の数を減らすことです。

半分くらい射殺すると、敵は敗走していきます。敵が敗走すると戦闘を終わらせることができますが、戦利品のために追撃してできるだけなで斬りにしていきましょう。終わったら[Tab]キーを押して戦闘を終了させます。

戦利品の回収と売却

戦闘が終わると捕虜と戦利品を獲得するウィンドウになりますが、どちらもすべて獲得しておきます。敵がドロップした防具は自分で使ってもいいでしょう。

自分で使わない戦利品を近くの街で売却します。このLootersからの戦利品売却収入が第一の収入源。

ここで、ついでに荷馬を買ってInventory Capacityを大きくしておきましょう。

荷馬と交易

荷馬はマウスオーバーしたときに袋のアイコンがついている種類の馬(画像のSumpter HorseやMuleなど)を指し、1頭でInventory Capacityが100増加します。

インベントリがInventory Capacityを上回るとマップ上での移動速度が低下するため、できるだけ多く荷馬を持ちたいと思ってしまいますが、一方で部隊の人員の数より多くの動物(馬以外にも羊や豚などもある)をインベントリ内に抱えるとこれも移動速度低下の原因になります。

一人旅では1頭の荷馬しか持てないことになりますが、最序盤は多くの荷物を持てるほど裕福でもないので、差し当たってはこれで充分です。この荷馬で得られたInventory Capacityと手持ちの資金を使って交易を始めましょう。これが第二の収入源となります。

M&B2の交易は他のゲームと同じく安く買って高く売るということに尽きますが、平均価格との乖離を表示してくれるため非常に楽に判断できるようになっています。基本的には価格が緑になっている品目を買って、赤になっている品目を売却すればOK。これ以外にも、過去に立ち寄った街での価格もある程度表示され続けるため、この情報を使って交易してもいいでしょう。

画像はLycaronで鉄鉱石(Iron Ore)を買ってPhycaonで売却した場合の価格。この2都市は距離が近く価格差が大きい上、他の都市にも移動しやすいので、交易がやりやすいルートだと思います。

その他

以上のようにLootersと戦ったり交易したりしながら各都市を回り、メインクエスト進めたい場合は道中で諸侯に会っていくのが基本的な流れですが、トーナメントが開かれている街に寄ったときはこれに参加してもいいでしょう。序盤のキャラクターが弱い状態ではまず勝てません(難易度を変えていれば別)が、さまざまな武器のスキルは上がるので安全なレベル上げに使えます。優勝すればそこそこいい装備ももらえますし、なにより参加は無料なのがいいところ。

このほか、街・村・諸侯からクエストを受けてそれをこなすこともできますが、内容によっては資金持ち出しになったり、他のキャラクターとの関係が悪化したりするものがあるので注意が必要です。

その後

少し余裕が出てきたら、街の酒場にいるコンパニオンを雇いましょう。雇えるコンパニオンの数はClan Tierによって上限がありますが、雇えるなら常に上限いっぱいまで雇っておくのがおすすめです。

雇用時にこのように数百デナル(キャラクターによっては数千デナル)の前金を求められますし、装備も元々持っているもの以外はすべてプレイヤーが用意する必要があります。

コンパニオンは異名(ファーストネームの後についている名前)によって持っているスキルが異なります。もちろん必要なスキルを持っているコンパニオンを雇ってもいいですが、適当に雇ってもどうにかなるという印象があります(ただし、攻城戦をやるようになったらEngineerスキルの高いコンパニオンはいたほうがいいでしょう)。

初期状態では3人までコンパニオンを雇えるので、雇用して馬・馬鎧・弓・矢を最低限揃えてやればより多くのLootersがいる集団とも戦えますし、人数が増えるのでさらに多くの交易品を運搬することもできます。

余裕ができたら随時兵士を雇い入れて部隊を大きくしつつ、盗賊との戦闘や交易を進めていけば、防具を揃えられる資金的余裕も持てますし、Clan Tierが上がれば仕官できるようにもなります。そうなればもうゲームは中盤に差し掛かっていると言えるでしょう。


繰り返しになりますが、難易度高めの設定だとどうしても保守的な進め方になるので、展開が遅くて飽きてきたなと感じたらどんどん難易度を下げて楽に進めていったほうがいいと思います。

バージョン1.5.8以降のM&B2はPerkもおおむね実装され、腰を据えて遊べるようになっています。早期アクセスリリース直後に遊んでそれきりという方も、このあたりでまた始めてみるのもいいのではないでしょうか。

コメント

  1. 参考になります!

  2. 鍛冶場使ったことない人は、もったいないので使ってみるのをオススメ
    「木材2つを炭3つにできる」perk好き

タイトルとURLをコピーしました