Steamオータムセールでパラド社タイトルの多くがセール対象に!

「Europa Universalis IV」開発日記2020年11月3日

EU4 開発日記

「Europa Universalis IV」開発日記2020年11月3日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は秋の調査結果、小さな変更、拡張の新機能について。1.30「オーストリア」+「Emperor」リリース後の開発日記です。

前回:開発日記2020年10月27日


スポンサーリンク

開発日記

開発日記2020年11月3日分は、秋の調査結果、小さな変更、拡張の新機能について。

  • 調査に回答してくれた1万人以上の方に感謝する。これはプレイヤーのほんの一部だが、回答者の半数以上が1,000時間以上プレイしたことがあり、ハードコアな層が好むものを教えてくれる。
  • もっとも一般的なプレイスタイルはロールプレイと歴史の変更だ。Victoriaは最良の経済システムを、Hearts of Ironは最良の軍事システムを、Europa Universalisは最良の外交システムを、Crusader Kingsは最良の政治システムを持っていると見られているのは驚くに当たらないだろう。また、みなさんはボードゲームのシステムよりミュレーションを圧倒的に好み、経済の拡大やフレーバーの多いコンテンツにもっと力を入れるべきだと考えている。
  • 「Golden Century」が最悪の拡張であったのはみなさんの目にも明らかだが、トップ5の拡張は以下のとおり。
    • Art of War
    • Common Sense
    • Emperor
    • Rights of Man
    • Mandate of Heaven

  • もっともプレイされる国家を見てみるのも面白いだろう。
  • マルチプレイでvictory cardsを有効にしてプレイしている人向けの小さなバランスの変更として、victory cardsを持っている国家と同盟するとEstatesの忠誠度が低下するようになった。
  • Cossacksでプレイし、Sich Rada政府を使っているプレイヤー向けには、コミュニティからのリクエストでhordesと同じように略奪を行えるようにした。

  • 最後に、次の拡張の機能であるCarpet Siegeという新たなユニットの命令をご紹介しよう。これはhunt rebelsに似ているが、この軍は勝てる確信がない限り戦闘を積極的に避け、敵領土での攻城戦に注力する。マップ上の特定のエリアだけを目標とするか、有効な目標があるときには裁量で決めるように設定できる。

来週は固有のシステムがない主要な宗教について。

次回:開発日記2020年11月10日

コメント

  1. やっと自動占領機能来たか
    これで終盤の大戦争やりやすくなるかな

  2. 絨毯って言うくらいだから軍の適切な分割や統合までやって同時包囲してくれるのかな?
    いやそこまで便利にはしてくれないか

  3. 「経済の拡大やフレーバーの多いコンテンツにもっと力を入れるべきだと考えている。」
    こ・・・これは・・・!!vic3の暗示では・・・?!?!?!

    てかここで言うべきじゃないんだろうけどマジでvic3いつくるんだ

タイトルとURLをコピーしました