EU4, HoI4, Stellarisでランチャーがアップデートされたとのこと。Mod管理で検索バーやロード順の番号などが追加されたようです。

HoI4の1.6.2ベータ版がリリース

3月14日、HoI4の1.6.2ベータ版がリリースされましたので、チェンジログから私が気になった部分を抜粋してご紹介します。

1.6.1パッチについてはこちら。


スポンサーリンク

概要

パラドフォーラムのチェンジログはこちら。1.6.2の主な変更点については3月13日分のHoI4開発日記では、ゲーム終盤の潜水艦探知、アメリカの内戦、チートができてしまう海軍任務、連合国のAI、海軍UIの改善、戦争の統合などについて作業していると述べられていました。

以下は私が気になった部分を抜粋してご紹介しています。全文については直接フォーラムをご覧ください。

2019/03/29追記:2019/03/28に1.6.2ベータ版にさらにアップデートがありました。

  • 任務部隊構成エディターで正しく補充されない問題を修正。
  • [Shift]+左クリックで艦船を選択した状態を解除できるようにした。
  • 日本の国家方針「究極の戦艦」はMtG所有者向けには無料の超大型戦艦テンプレートを獲得し、そのテンプレートの建造中の2隻を得る。
  • 防衛戦闘時(戦闘に参加してはいるが移動していない)の燃料消費量を1倍に低減させた。
  • ドイツはソ連を降伏させない限りスエズ運河をそれほど優先しないようにした。
  • 日本は中国に対して初期に少しだけ上陸作戦をするようにした。
  • 中国(軍閥等含む)がユニットを編成しないのを修正。
  • 海軍大国のAIはもっと直衛艦を建造するようにした。
  • 既存の金剛型を巡洋戦艦に変更した(MtGのみ)。

2019/03/28追記:2019/03/27に1.6.2ベータ版が再びアップデートされました。

  • AIは燃料のレンドリースを受け入れるようになった。
  • 航空隊の名称がセーブデータからロードされない問題を修正。
  • 充分な艦船や任務部隊が割り当てられていない場合、海軍の任務効率が低下するようにした。
  • 研究企業の研究ボーナスを10→15%とした。
  • ドクトリン研究者の研究ボーナスを7→10%、あるいは10→15%とした。
  • 電子機械工学技術の研究ボーナスを2→3%とした。
  • 機械式計算機技術の研究ボーナスを3→4%とした。
  • 計算機技術の研究ボーナスを3→5%とした。
  • 改良型計算機技術の研究ボーナスを5→8%とした。
  • 発展型計算機技術の研究ボーナスを5→8%とした。
  • 他の地域の優先度を調整したことで、イギリスがもっとアフリカに注意を払うようになった。
  • ソ連はドイツと戦っている最中に国家方針「日本との戦争」を取らなくなった。

2019/03/22追記:本日1.6.2ベータ版がアップデートされ、チェンジログの内容も追加されましたので、以下改めて私が気になった部分を抜粋してご紹介します。全文については直接フォーラムをご覧ください。

  • 輸送船関連の任務と機雷関連の任務はひとつなぎの海域で動作するようになった。艦隊は接続していない複数の海域に配置され、任務部隊はひとつなぎの割り当てられた海域でのみ任務を実施できる。
  • 戦争状態にない国家に対して、2か国の大国が戦争状態になったために海軍軍縮条約が失効したこと知らせる説明イベントを追加。
  • 制海権の計算方法を変更し、任務部隊内の艦船数と、海域においてどれくらい効果的であるかによって決まるようにした。多くの海域が割り当てられている艦隊は制海度が低下する。任務の種類も制海度に影響する。
  • アタテュルクが1939年に墓から蘇って軍を率いないようにし、またマンネルヘイムのアイディアのポートレートを追加した。
  • 艦船が意図したより速くなっていたのを修正。
  • 魚雷の命中確率を引き上げ。
  • 爆雷の命中確率を倍増。
  • 輸送船の小型砲攻撃力を半減。対空攻撃力を75%低減。
  • すべての技術レベルでレーダーとソナーの生産コストを低減。
  • 駆逐艦、軽巡洋艦、潜水艦に対する外洋の影響を低減。
  • 日本が三国同盟に参加した際に中国と同盟しないAIの戦略を独伊に追加。
  • AIの上陸作戦の計画と調整を改善。

2019/03/22追記:以下は1.6.2公開当初の内容です。

  • 輸送船戦闘アラートが防衛側に表示されない問題を修正
  • 予備任務部隊も移動時に燃料を消費するようになった
  • 艦船の経験値に関する問題を修正。ツールチップが機能するようになり、スクリプト可能な補正を持つようになった。また空母は艦載機出撃効率に新たなボーナスを得る
  • 「フィリピンの迂回」は輸送技術にボーナスがつくようになり、MtGプレイヤーにとって役に立つ
  • 輸送船のレンドリースは常に無料になった
  • 日本の重雷装巡洋艦船体の潜水艦探知は通常の巡洋艦に合わせて低下させた
  • バニラ(注:DLCが入っていない状態を指していると思われる)艦船の潜水艦探知、水上探知はMtGの値に合わせて低下させた
  • バニラでの駆逐艦、軽巡洋艦、戦艦の速度をMtGの艦船に合わせてリバランスした
  • 任務をキャンセルするか待機に設定すると、その任務部隊は現在の任務をキャンセルして港に帰投するようになった。その位置で任務部隊が停止するというこれまでの振る舞いは待機ボタンを[Ctrl]+左クリックするか、[Ctrl]+[H]のショートカットキーを使う
  • 艦船詳細画面から艦船設計へのショートカットを追加
  • トルコの元帥としてアタテュルク、フィンランドの元帥としてマンネルヘイムを追加
  • 大国の海軍の多くの艦船に初期の経験値を追加
ベータ版で遊びたい場合はSteamのライブラリからタイトルを右クリック→プロパティ→ベータタブからプルダウンメニューでベータ版に切り替えることができます。プルダウンメニューが表示されない場合はこちらの記事をご覧ください

StellarisのほうではDLC発売から3か月以上リリース後のサポートが続いていますが、HoI4ではどうなるのでしょうね。現状の感じからすると1,2か月くらいは続きそうな印象ですが……。

コメント

  1. え、マンネルヘイムいなかったのか…全然気づかんかった…

  2. マンネルヘイムきたー!!

  3. ここで聞くのも場違いとは思いますが、
    ベータ版でも実績は解除できるのでしょうか?
    「paradox beta achievement」で検索してもよく分からなくて…

  4. このパッチ入れると船の速度が異常に早くなる。
    戦艦で70ノットはないだろう・

  5. 実績の件、ありがとうございます。
    何か自分でも達成できるものがあったときに、確認してみたいと思います。
    解除済み実績を逆にロックできれば良かったのですが。
    手頃なものが今はないもので。

タイトルとURLをコピーしました