「Imperator: Rome」発売は4月25日!

「Stellaris」2.2.3パッチがリリース

日本時間2019年1月19日、「Stellaris」2.2.3パッチがリリースされましたので、大まかな変更点をご紹介します。

2.2.2についてはこちら(開発日記#137についての記事内)。


スポンサーリンク

概要

パラドフォーラムのチェンジログはこちら。同時に2.2.4ベータ版もリリースされていますが、こちらの内容は正式版となった際にご紹介します。

以下、2.2.3で特に気になった変更点を抜粋してご紹介します。完全なものはフォーラムの該当スレッドをご覧ください。

  • ロボット、ドロイド、人工生命体の生産を停止・再開するディシジョンを追加し、これらが有機生命体のコントロールとは無関係に機能するようにした。
  • 研究速度を向上させる「ナノマシンアクチュエーター(Nanite Actuators)」の布告を追加。
  • 虚空光線砲(Null Void Beam)は固有のアイコンを持つ。
  • ズィロは銀河に出現する可能性が相当高くなったが、非常に希少であることは変わりない。
  • 惑星補正は採掘・農業・発電所区域の出力に影響する場合、これらの区域の上限にも影響する。
  • 最低市場手数料を5%とした。
  • 市場での一括購入割引を廃止。
  • 貿易の計算を変更してパフォーマンスを改善した。
  • ガイア型惑星へのテラフォーミングで特定の惑星補正が消えるのを修正。
  • 銀河市場の売買チートをさらにしっかり修正。

2.2.4ではさらに多くの修正、バランス取り、AIとパフォーマンスの改善がなされているとのこと。1時間あたりに進む年数も跳ね上がったと書かれています。


現在投稿しているプレイ日記「ファリーン王国の百年」も2.2.2から2.2.3にアップデートして継続する予定です(万が一、セーブデータが使えない場合は2.2.2のままで完結させます)。

2.2.4パッチについてはこちら。

コメント

  1. ガイア型惑星へのテラフォーミングで特定の惑星補正が消えるのを修正
    ベータ版のときは修正したと言っていたのに残っていたが今回はどうだろうか

タイトルとURLをコピーしました