HoI4次期拡張「Man the Guns」発売は2月28日!

「Imperator: Rome」開発日記2019年1月28日

「Imperator: Rome」開発日記2019年1月28日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は部族制とガリアについて。

前回:開発日記2019年1月21日


スポンサーリンク

概要

開発日記2019年1月28日は、部族制とガリアについて。ガリアについての内容は後日追加します。

  • 部族首長制(Tribal Chiefdoms)、部族王制(Tribal Kingdoms)、部族連合(Tribal Federations)はImperatorにおける国家の大部分をなす。

氏族の指導者と従者

  • 部族制国家が前提としているのは権限の共有だ。統治者が死亡すると、新たな統治者が氏族の指導者(Clan Leaders)の中から選ばれる。氏族の指導者は忠実な軍である従者(Retinues)を指揮する。部族におけるあらゆる法律の変更には、支配下の氏族の指導者が忠実である必要があり、実行するとすべての氏族の指導者の忠誠度が低下する。

  • 氏族の従者(Clan Retinues)は氏族の指導者によって召集・補充され、国家の人的資源プールを消費せず、維持費も安い。従者は常に指導者に対して忠実であるため、彼らが大きくなるにつれて氏族の指導者の忠誠に依存することは難しくなる。配下の氏族の指導者の忠誠を維持できなくなれば、彼らが存在することで常に内戦が引き起こされることになる。
  • すべての部族制国家には最低3人の氏族の指導者がおり、国家ランクによって増えていく。

集権度

  • すべての部族制国家は-100から100の値を取る「集権度(Centralization)」という数値を使う。集権度は法律の制定や氏族の指導者に対するプレイヤーの反応などで変動するが、資金や力などを使って直接変動させる方法はなく、プレイヤーの行動や時間経過の結果として変動するだけだ。

  • 集権度が負というのはプレイヤーの部族があまり中央集権的でなく、氏族の指導者の力が強く、氏族の従者は多くなり、部族民の産出が増え、部族首長制に変わり、部族の移住が行えるようになる(移住については今後の開発日記で述べる)。
  • 集権度が正の場合は部族民が自由民に転換するようになり、氏族の従者は減少する。もっとも重要な点としては、国家の文明度が上昇し、支配下のすべての都市の上限はそれに向かって変動する。首都の文明度が高く、適切な法律があれば、部族制から君主制、あるいは共和制へと転換できる。
  • 以前述べたが、研究による影響は別として、自国の都市の文明度の高さはそこに住む部族民の不幸につながる。すなわち部族民が生産的でなくなり、不穏度を生み出すようになる。
  • ゲームスタート時の集権度はさまざまで、例えばゲルマン系部族は負の値だが、一方でヒスパニアのTurdetaniaは非常に高い値で始まる。

  • ゲームスタート時に部族民しかいない国家はほとんどない。文明度に左右されないPopとして、戦争による奴隷は自国の経済を拡大する助けになるが、特に異なる文化・文化グループの奴隷はある状況では手に負えないものとなる。

次回:開発日記2019年2月4日

コメント

タイトルとURLをコピーしました