2018/10/02:パラドゲーの過去バージョンの利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

「Hearts of Iron IV」開発日記2018年11月28日――いろんなもの その3

「Hearts of Iron IV」開発日記2018年11月28日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回はイデオロギー、オランダとイギリスの国家方針、マップの変更について。

前回:開発日記2018年11月14日――海軍条約と艦船の改装


スポンサーリンク

概要

開発日記2018年11月28日は、イデオロギー、オランダとイギリスの国家方針、マップの変更について。国家方針については一部省略しています。

  • 残念ながら海戦についてはまだお見せする準備が完全にできていない。

イデオロギーとその変化に関する問題

  • 例えば共産主義国でファシスト国を傀儡化した場合、以前にファシズムに向かう国民精神を獲得していたために徐々にファシズムに戻っていくというような問題がコミュニティで指摘されていた。これに対処するため、2つの方法でアプローチした。まずイデオロギーを変化させる国民精神すべてを2-3年で時間切れにすること、あるいはイデオロギー変化以外にも効果があり、それゆえに永続化する必要がある場合は、それがもたらすイデオロギー以外のものに移った場合は取り除くことだ。

  • さらに従属国のイデオロギーを管理する新たなディシジョンも追加した。政治力を消費してイデオロギーを変化させ、充分イデオロギーが強くなったら強制的に自国のイデオロギーに転換させる。

オランダの国家方針の調整

君主主義ルートは左側になったが、特定の方針は民主主義ルート(右側)と共有している。

  • 元のデザインは歴史的なそれらしさにあまりにも縛られていた。しかしHoI4では必然的にこうしたことがプレイヤーの遊び方を貧しいものにしている。楽しいゲームプレイにならないのだ。

マップ外の軍需工場を獲得できるものや、ドイツ占領地域を解放するとヴィルヘルム2世を立ててドイツで内戦が始まるという国家方針などがあるとのこと。

イギリスの国家方針の調整

  • イギリスの国家方針では海軍ツリーが作り直され、新たな国家方針が多く追加された。いくつかの方針は帝国の強化ルートとも関連がある。イギリスは通商路の保護に関して軽巡洋艦によるところが大きかったため、それを表現する方針もある。
  • これらは有料の機能に関する部分を除いてすべて無料の見直しだ。すなわち、「対潜水艦戦(ASW Warfare)」、「修理船渠の拡張(Expand the Repair Yards)」、「ヴァンガード(Vanguard)」、「反非接触委員会(? 機雷に関する組織らしいがよくわからず。Anti-Non-Contact Committee)」はDLCがないと利用できない。

マップの変更

  • 以下のように多くのタグを新たに追加した。
    • モーリタニア
    • ナミビア
    • 西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)
    • イギリス領アンティル諸島
    • フランス領ギアナ
    • モルディブ
    • フィジー/メラネシア
    • スロベニア
    • ボスニア
    • マケドニア
    • 北アイルランド
  • ギリシャ、トルコ、ポルトガル、メキシコ、ポーランド、チェコスロバキア、ヨーロッパロシアでは多くのVP調整が行われた。スペイン、フランス、アメリカ、イタリア、中国、シベリアでもVPを調整した。
  • 新たなタグの追加時に、解放できるタグは少なくともひとつ(首都に)VPを持つようにした。これによってアフリカ、カリブ、アジアではVPの量が大きく増えた。
  • 最後に、海域特性(naval terrain)をよりよく使えるようにいくつかの海域を分割した。

質疑応答

Q1:日本やイタリアの国家方針見直しはないの?

A1:ない。

Q2:リリース日は?

A2:すぐ(トラスト・ミー)


なんだか年内の発売はなさそうな雰囲気ですね。Waking the Tigerのリリース日発表前のような感じが……。Waking the Tigerリリース前の「いろんなもの その3(Bag of Tricks #3)」はリリースのちょうど2か月ほど前だったので、今回も同じとすると来年1月末頃ということになります。

しかし12月8日(16:20追記:海外ではハワイ時間の12月7日になっているようなので、正しくは7日)に奇襲的にリリース!という可能性ももしかしたら……。

次回:開発日記2018年12月6日――新しい海戦

コメント

  1. 12月7日か8日に発売日決定トレイラーくらいはくるかもしれませんね!
    (関係ないけど個人的にはDecember 7th のほうがしっくりくる)

  2. これで旧ユーゴスラビア諸国はコソヴォ以外追加されたかな?

  3. もう待てないよ奇襲してくれー(´・ω・`)

  4. 北アイルランドが独立国ってまじかよ
    実況者かAARで
    「北アイルランド返せよおら」
    「おう返してやるよ北”アイルランド”国になあ!」

  5. 実はクロアチアでオーハンが作れることはあまり知られていない
    んでもってスロベニアとボスニアでもオーハンが作れるようになるのだろうか?

  6. ???
    「フランス領ガイアナ」ではなく、『フランス領ギアナ』ですよ。
    現在では、フランスのロケット打ち上げのメッカとなっています。

    • ありがとうございます。修正しました。英連邦ではガイアナで仏領ではギアナなんですね。

  7. Q2:リリース日は?
    A2:すぐ(トラスト・ミー)
    でも、英語では「soon」だと思われますので、「直ぐ」と言う意味もありますが「近い将来」と言う意味もあります。
    だから、「近日公開」(←何時やねん!)では?

    • おっしゃりたいことがうまく読み取れていないようでしたら申し訳ありませんが、私にはどちらでも問題ないように思えます。

  8. 原文のASW Warfareって中々面白いネーミングだな。例えばPDW WeaponとかCIWS System言うようなものだし…開発は分かっているのだろうか?
    これを敢えて原文に沿った和訳をするなら対潜戦闘戦争とか何とか?
    意訳するなら「大西洋の戦い」だな、間違いないね( )

  9. ただでさえ世の中が年末商戦で何にお金を使うか悩んでる時期の今、本当に真珠湾攻撃の日に発売を合わせるとしたらもう予約開始してないとおかしいよんだよなあ
    肝心の海戦についての解説がまだってこともあるし、真珠湾の日にトレーラー&予約開始、年明け後に発売で間違いないと思う

    そしてトレイラーにはWiF2modのOPでも使われたルーズベルトの「Yesterday,Dec.7,1941…」で始まる例のスピーチがSEに使われるという俺の予言