「Europa Universalis IV」開発日記2018年6月5日

「Europa Universalis IV」開発日記2018年6月5日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回は勅許貿易会社と政策について。

前回:開発日記2018年5月29日


スポンサーリンク

概要

2018年6月5日分の開発日記は、勅許貿易会社と政策について。

勅許貿易会社

  • 私たちはWealth of Nationsで、世界の勅許地域(Charter Regions)に貿易会社(Trade Companies)を作れるようにした。これは私にとってどのようになるかで常にイライラさせられるものだったし、常に関わりたくないものだった。貿易会社のプロヴィンスはプレイヤーの操作範囲ではなく、さまざまな企業と地元の領主のものだった。ヨーロッパ諸国とインドの初期の関係は、ポルトガルは除くが、貿易だった。いずれにせよ、私たちはヨーロッパ諸国とインド諸国双方が相手の存在によって利益を得る仕組みを作りたかった。……少なくとも最初は。

  • そこで、ヨーロッパ諸国が貿易会社を設立すると、会社の強化のためにさらに投資を行えるようにした。貿易会社が存在するエリアごとに10の投資を行うことができ、勅許地域ごと(? per charter)に5つの特別な建造物を建てられる。最初はもっとも安く300ダカット、アップグレードするのには600ダカット、特別な建造物には1000ダカットかかる。したがって、極東の富すべてを利用しようと思うなら、その資源に大量に投資することになる。
  • こうした投資がプレイヤーにもたらす影響は非常に強力だが、ほとんどはその周辺エリアにもボーナスをもたらし、ものによっては幅広い地域にボーナスを与える。だが、他国の投資からの効果が重複するわけではないことに注意が必要だ。
  • 以下はその完全なリストで、特に明記がない限り、その影響は建設されたエリア内に限られる。
    • Local Quarter - 300ダカット
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるDefensiveness+15%、Supply Limit+25%
    • Permanent Quarters - 600ダカット
      • Local Quartersからのアップグレード
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるDefensiveness+30%、Supply Limit+50%
    • Officers’ Mess - 1000ダカット
      • 貿易会社の勅許地域あたり1つ
      • 貿易会社のLand Force Limit+5
    • Company Warehouse - 300ダカット
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるLocal Trade Power+2
      • エリア全体のProduction Efficiency+25%
    • Company Depot - 600ダカット
      • Company Warehouseからのアップグレード
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるLocal Trade Power+4
      • エリア全体のProduction Efficiency+50%
    • Admiralty - 1000ダカット
      • 貿易会社の勅許地域あたり1つ
      • 貿易会社のNaval Force Limit+5
    • Brokers Office - 300ダカット
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるProduction Efficiency+25%
      • エリア全体のGoods Produced+0.15
    • Brokers Exchange - 600ダカット
      • Brokers Officeからのアップグレード
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるProduction Efficiency+50%
      • エリア全体のGoods Produced+0.30
    • Property Appraiser - 1000ダカット
      • 貿易会社の勅許地域あたり1つ
      • 貿易会社の勅許地域の貿易ノードにおけるTrade Steering+50%
    • <地名> Settlements - 300ダカット
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるTax Modifier+25%
      • そのエリアのDevelopment Cost-7.5%
    • <地名> District - 600ダカット
      • Settlementsからのアップグレード
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるTax Modifier+50%
      • そのエリアのDevelopment Cost-15%
    • <地名> Township - 1000ダカット
      • 貿易会社の勅許地域あたり1つ
      • 貿易会社の勅許地域全体のTrade Value+10%
    • Company Administration - 300ダカット
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるLocal Manpower+25%、 Local Sailors+25%
    • Military Administration - 600ダカット
      • Company Administrationからのアップグレード
      • 貿易会社のプロヴィンスにおけるLocal Manpower+50%、 Local Sailors+50%
    • Governor General’s Mansion - 1000ダカット
      • 貿易会社の勅許地域あたり1つ
      • 貿易会社のShip Cost-2%
  • 以上のものは現在作業中であり、数字はバランス取りで変更される可能性がある。

政策(policies)

  • 私たちはまずメカニクスの変更を行った。5つの政策をアクティベートするのではなく、君主点のカテゴリーごとにそれぞれ3つの政策を有効化する。カテゴリーごとに1つの政策は無料で有効にでき、これは長期的な利用のためにある。
  • これらの数字は固定ではなく、改革によって変動することもあるし、統治政策が無料になるもうひとつ無料になるDeccanのアイディアのように、国家アイディアでも変動する。しかしこれにはDharmaが必要となる。

数値は開発中のもの。

  • 私たちはバランス取りをし、以前のよくない政策を削除して新しく面白いものを追加した。120個すべてをリストにはしないが、ひと目ですべてが見て取れる表をご紹介しよう。

来週はQoL(UIの改良など)について。

次回:開発日記2018年6月12日

『「Europa Universalis IV」開発日記2018年6月5日』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/06/05(火) 23:22:41 ID:ee76e251f

    最近のスピード更新非常にありがたいです。
    いつも感謝しております。