「Europa Universalis IV」開発日記2018年4月17日

「Europa Universalis IV」開発日記2018年4月17日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回は神権制と部族制について。

前回:開発日記2018年4月10日


スポンサーリンク

概要

2018年4月17日分の開発日記は、神権制と部族制について。筆者のDDRJake氏は数日前からフロリダで3週間の休暇をとっているとのこと。今回の開発日記はその休暇前に書かれたもののようです。

神権制(Theocracies)の改革

  • Leadership(主導権)
    • Clergy(聖職者):税収+5%
    • Monastic Order(修道会):要塞維持費-20%
    • (教皇領のみ)Pope(教皇):威信+1、真の信仰の寛容度+1
  • Internal vs External Mission(国内への宣教vs国外への宣教)
    • Internal Mission(国内への宣教):真の信仰の寛容度+2
    • External Mission(国外への宣教):他の宗教に対する戦勝点-20%
  • Divine Cause(神聖な目標(?))
    • Safeguard Holy Sites(聖地の守護):威信+1
    • Combat Heresy(異端との戦い):士気+10%
    • Expel heathens(異教徒の追放):開発度上昇コスト-5%
  • Clergy in Administration(行政における聖職者)
    • Subservient Administrators(補助的な行政官):無料の[HIDDENS]+1
    • Religious Administrators(宗教的行政官):安定度コスト-10%
  • Secularise?(世俗化するか?)
    • Maintain Religious Head of State(宗教的国家元首の維持):絶対主義+10%
    • (イスラム教国)Hereditary Religious Leadership(世襲の宗教指導者):Feudal Theocracy(封建神権制)の能力を獲得
    • Crown [Root.Monarch.GetName](君主の戴冠):君主制に移行し、2つの改革を失う
    • 共和制に移行し、2つの改革を失う
  • 神権制では思いどおりの宗教国家を形成することができる。改革の最後で君主制や共和制になりたいと思ったらそうすることもできる(改革のうちのいくつかは残って君主制・共和制の改革を直ちに行うために使うことができる)し、あるいは宗教国家を保つことをさらに推進することもできる。
  • Cradle of Civilizationを持っていれば、通常のスンニ派神権国家は封建神権制のメカニクスを最後の改革としてとることもできる。Ardabilなどはあらかじめこうしたメカニクスがアンロックされる特別な改革を開始時から持っている。

部族制

  • 私たちは部族制から定住国家になる道を、統治点を食いつぶして国家アイディアのレールに乗っかるのではなく、より面白いものにしたいと思っている。そこで国家を方向づけるにあたり、いくつかの選択肢をもたせている。
  • Tribal Administration(部族の統治)
    • Nomadic(遊牧):Steppe Nomad(ステップ遊牧民)のメカニクスと古い(以前からの?)遊牧民のボーナスを得る。1444年の遊牧国家のみ選択可能。
    • Federation(部族連合):Federation(部族連合)のメカニクスを得る。分離主義-5/年。以前部族連合国家であった国のみ選択可能。
    • Despotism(専制):コア化コスト-10%
    • Kingdom(王国):Vassal(属国)からの収入+20%
  • Cultural Values(文化的価値観)
    • Martial Society(軍事的社会):人的資源+15%
    • Civil Society(市民的社会):税収+5%
  • Religion v secular(宗教vs世俗)
    • Religious Societies(宗教社会):安定度コスト-10%
    • Lip-Service(リップサービス):領土維持費補正-20%
  • Modernization(近代化)
    • Centralize Powers(中央集権化):ステート数+3、絶対主義の最大値+10
    • Retain Tribal Hierarchy(部族階層の維持):コア化コスト-5%、安定度コスト-5%
  • REFORM(改革)
    • Become Monarchy(君主制に移行):改革を4つ失い、君主制になる
    • Become Republic(共和制に移行):改革を4つ失い、共和制になる
    • Become Theocracy(神権制に移行):改革を4つ失い、神権制になる
    • Become Horde(遊牧国家に移行):ステップ遊牧国家になり、遊牧国家のメカニクスを使用する。
  • すべての数値はバランス取りや調整の対象となる。

  • 次の改革にどれだけ近づいているかはメインGUIから直接確認することができ、列強ボタンは位置を変更した。このボタンは改革が近づくと緑で満たされるため、プレイヤーは進展を確認するためにタブを開く必要はない。
  • いつもどおり、こうしたベースゲームの変更は私たちが作業している1.26に含まれる。来週からは1.26でのマップの変更をご紹介する。いつもどおり、マップ変更と新国家は次のアップデートに含まれる無料の内容となる。これは次の拡張で重視することを明らかにするものでもある。

次回:開発日記2018年4月24日