「Stellaris」開発日記#104――チェリイの内容まとめ

パラド社発の宇宙4Xゲーム「Stellaris」の開発日記#104が更新されましたので、その内容をご紹介。今回は細かな内容について。

前回:開発日記#103――国是とアセンションパークの追加・変更


スポンサーリンク

概要

開発日記#104は、細かな内容について。

生活の質(Quality of Life)

  • 惑星にアップグレードできる建造物がある場合や、稼働させている建造物がないPopがいる場合に表示される小さなアイコンをアウトライナーに追加した。宇宙基地に空のモジュールスロットや建造物スロットがある場合も同様のものを見ることができる。これによって惑星や宇宙基地をより簡単に管理できるようになる。

  • 艦隊画面ではどの設計がアップグレード可能かを確認することもできる。

惑星の神聖化(Hallowed Planets)

  • 精神主義帝国は領域内にある未入植のガイア型惑星を「神聖な惑星(Holy World)」に指定することができる。神聖な惑星はそれが領域内にあり、かつ未入植であり続ける限り、帝国の統合力産出を増加させる。
  • 未入植のガイア型惑星をより役に立つものにできるようになったことに加えて、惑星の神聖化は精神主義派閥を幸福にする。
  • (その後のコメント)神聖な惑星指定では統合力産出が増加するが、これは物質主義者の研究力を増大させる布告と対応している。チェリイでは精神主義は統合力に非常に重点を置いている。

戦争ドクトリン(War Doctrines)

  • 伝統のその他の変更に加えて、覇道の伝統を完了すると帝国は戦争ドクトリンを制定できるようになる。戦争ドクトリンではどのように艦隊を利用するかについてさらなるカスタマイズと特化が行える。

  • 4つの戦争ドクトリンにはそれぞれ強みと弱みがある。
    • 縦深防御(Defense in Depth):防衛的な帝国は自国の領域内にある艦船の射撃レートにボーナスを得る。
    • 一撃離脱(Hit and Run):このドクトリンは自国の艦船が戦闘中に緊急FTLできる可能性を高め、緊急FTLに関するダメージを軽減する。
    • 急速展開(Rapid Deployment):脅威に対して素早く対応することを頼りにすることを選択した帝国は、このドクトリンを選んで亜光速航行速度と射程を増大させる。
    • 絶対死守(No retreat):軍国主義かゲシュタルト意識の帝国が選択でき、艦船の射撃レートが上昇するが、艦船は戦闘中に緊急FTLができなくなる。

超能力の覚醒(Utopia)

  • Utopiaを入れて超能力帝国をプレイしている場合、下位種族を超能力に覚醒させる手助けをすることができる。これは同化と同様に機能し、プレイヤーは他種族に自分のアセンションパスの便益を与えることができる。

来週は2.0パッチノート。

次回:開発日記#105――2.0「チェリイ」パッチノート

コメント

  1. いつも翻訳ありがとうございます。

    以前の開発日記の内容と比べると、戦争ドクトリンの条件が技術から伝統に変わったんですね。
    (もしかして伝統と技術両方必要ってことかもしれませんが)

    ところで伝統「Supremacy」の訳ですが、日本語MODに合わせて「覇道」の方が分かりやすいかと思いますがどうでしょうか?
    (恥ずかしながら最初新しく伝統が増えるのかと勘違いしてしまいました…)

    • 記事を書いているときにわからなくて翻訳作業所で検索をかけたのですが、アチーブメントのほうの訳語と勘違いしたようです。
      訂正しておきました。ありがとうございます。

  2. チェリーアップデートでより守備的、内政的なプレイスタイルでもいけるようになりそうですね。
    序盤のラッシュ・拡張スピードが勝敗を大きく左右することが減りそうで、とても楽しみなアップデートです。