「Rule The Waves II」発売は5月17日!

HoI4を大幅に拡張する総合MOD「Blackice HOI IV」

hoi4mod-bice

HoI3の大人気大型MODとして名を馳せた「Black ICE」が、HoI4でも登場。まだ開発がスタートしたばかりでHoI3のときほど大規模ではありませんが、それでも大幅に手が入っています。

HoI3の大型MOD「Black ICE」についての記事はこちら。


スポンサーリンク

概要

hoi4mod-bice-top

WW2戦略シミュレーション「Hearts of Iron IV」用のMODです。Steamワークショップから簡単に導入できます。なお、導入にあたっては「BlackICE Event-GFX」というサブModも導入する必要があります。また、日本語化するModもあります。

2018/12/31追記:この記事で紹介する画像は2016年のものですが、2018年現在でも大筋は同じです。記事内容は2018年現在に合わせて更新しました。

変更点は非常に多岐にわたっていて書ききれないくらいですが、大きな変更点としては、

  • 技術ツリーの大幅な追加変更
  • 国家方針ツリーの追加(技術ツリーの変更に伴うものを含む)
  • 建設できる工場の種類の追加
  • 装備・ユニットの追加
  • イベントの追加
  • 法律や閣僚の追加
  • ディシジョンの追加

が挙げられます。改変部分が多いからか、ゲームの動作はちょっと重め。

技術ツリー

hoi4mod-bice-tech

技術ツリーはそもそも研究領域タブからして変わっていて、陸軍ドクトリンにWW1の時期のものが追加されているほか、左側に新たに各国固有の戦車や航空機のタブが追加されています。

2018/12/31追記:現在は左側の各国固有タブはなくなり、汎用の戦車・艦船・航空機研究タブが各国固有のものに置き換わるようになっています。

また、通常の技術ツリーでは、産業タブが大きく変わっています。上の画像を見ていただけるとわかりますが、「集中工業」と「分散工業」の下に「小火器工場」「航空機工場」「潜水艦造船所」のような生産物別の技術があり、それぞれの生産物の生産効率が向上します。II以降になると、生産物別の工場施設が建設できるようになり、兵器生産にボーナスがつきます(兵器自体を生産するわけではありません)。

hoi4mod-bice-tech2

建設ツリーもこのように技術が追加されています。左側の「DEFENSES」は塹壕陣地強度や構築速度、要塞の建設速度を向上させます。真ん中の「INFRA」はインフラや航空基地、造船所の建設速度を上げるほか、工場の生産効率や部隊の移動に関する効果もあります。右側の「CIVILIAN」は徴兵可能人口を増加させたり、損耗率や訓練速度を向上させます。

さらに、上の画像の右端には「STEEL INDUSTRY」というツリーがありますが、これは合成石油工場の鋼鉄版で、高価な工場ですが、建設すると鋼鉄を得ることができます。

2018/12/31追記:現在は「STEEL INDUSTRY」部分はなくなりました。

師団編成

hoi4mod-bice-division

師団編成では、師団を構成する大隊や支援中隊の種類が大幅に増えました。また、師団に入れられる支援中隊は5個から10個に倍増。

生産

hoi4mod-bice-production

生産物もバニラから大きく変わったもののひとつ。歩兵向けの装備は小銃などの武器のほかに制服・ブーツ・ヘルメットが追加され、さらに守備隊向けの装備や司令部向けの装備、大砲のほかに大砲を牽引する馬匹や牽引車両というように、多くの品目に細分化されています。

特に司令部装備(HQ Equipment)は、備蓄量によって、全部隊の指揮統制や訓練速度にボーナス・ペナルティがつく「参謀本部(Army Command)」の国家精神が切り替わります。多くの司令部装備を保有しているとTrained→Experienced→Veteranと、ボーナスの大きいものに替わっていきます。

気になるところ

まず将軍・提督が大量に追加されているのですが、日本は明らかに適当に作ったであろう人物がたくさんいて(特に海軍)、「それなら追加しないでくれればよかったのに……」という気分にさせられます。

また、ゲームのバランスとしてはまだちょっと変だったり、説明文が全然なかったりと、あくまで開発途上のMODとして考える必要があるのかなというところが大きい印象です。ただ、2016年から2年経過した2018年時点では完成度の低さを感じさせる部分がだいぶ修正されています。


発売直後からSteamワークショップにページだけはあったのですが、9月に入ってようやくバージョン1がリリースされた本MOD。HoI3のときは楽しく遊ばせてもらいましたし、HoI4でも期待できそうかなと思っています。

今後なにか進展があれば、その都度ご紹介していくつもりです。

コメント

  1. いつも更新お疲れ様です。英語が不得意なのでいつも本当に助かっております。
    ありがとうございます。

    • いつもご覧いただきありがとうございます。そう言っていただけるととても励みになります。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました