「Europa Universalis 4」開発日記 3月17日

eu4-dd20160317

「Europa Universalis 4」開発日記3月17日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は傭兵隊について。

前回:開発日記 3月10日

2016/3/26 開発日記3月24日分へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

3月17日分の開発日記は、傭兵隊について。

  • 傭兵隊はお金と引き換えに他国から借りることができる軍隊だ。傭兵隊の軍は貸す側の国がコントロールするが、借りた側の国の敵と戦う。
  • プレイヤーが軍隊を傭兵隊として貸す場合、傭兵料について月の維持費の何倍とするか(0~5倍)を交渉することができる。傭兵料は18か月分を前払いで受け取る。充分な守備隊がいるなら、相当量の軍(20ユニットまで。傭兵アイディアで増加)を送り出して戦場でカネを稼がせてもいいだろう。
  • 一旦軍を貸すと、傭兵隊は借りる側の国の敵と敵対状態となり、借りている国の名前で戦うことも攻城戦もできる。また、傭兵隊は借りている国の軍事通行権も持つが、借りている国の敵は傭兵隊を貸している国の軍事通行権を得るため、傭兵隊は出身国を避難所として使うことはできなくなる。さらに、借りている国が支払う傭兵料に応じて、傭兵隊は50%の追加の威信と陸軍伝統を得る。
  • 18か月を過ぎたら、どちらの側からも傭兵契約を解除することができる。両者が満足していれば、契約を更新することもできる。傭兵隊を貸している国が戦争状態となった場合、契約は解除される。また、借りている国が和平を結んだ場合は、18か月の期間満了を待たずに契約は終了する。

質疑応答

Q1:AIはちゃんと反応できるの?

A1:もしプレイヤーが傭兵隊を貸してなにもしなかったら、AIは18か月後には契約を解除してくるだろうし、その後傭兵隊を借りてくれる国を見つけることは難しくなるだろう。

どれくらいAIが申入れしてくるかについては、いろんなレベルを考えてみた。敵対する国家と国境を接している軍事志向の統治者は、傭兵隊を貸し出そうとするだろうし、高い難易度では、多くのAI国家が傭兵隊を送り出すようになる。

Q2:例えばスイスがミラノと戦争してるとして、フランスがスイスに1部隊、ミラノに1部隊貸したら、傭兵隊同士で戦うこともあるの?

A2:まず、どこかの国に傭兵を貸し出したら、その国と戦争状態にある国に傭兵を貸し出すことはできない。しかし、18か月が経過して相手方に雇用されるということはある。

それから、傭兵隊のマンパワーは傭兵隊の母国のものが消費される。

Q3:傭兵隊はみんな使えるの? ヨーロッパの国だけ?

A3:"Mare Nostrum"があれば、属国でない国はすべて使うことができる。

Q4:傭兵隊の派遣先の国と戦っている国との間の関係が悪化したりはする?

A4:しない。

Q5:船は傭兵隊にできないの?

A5:できない。

Q6:傭兵(今までのシステムにあった傭兵)は貸せる?

A6:貸せる。

Q7:統治者や後継者を将軍にした軍を傭兵隊として貸すことはできる?

A7:できない。

Q8:ライバル国家にも貸すことはできる?

A8:できるけど、AIはたぶん断る。

Q9:同盟国が他国をライバルにしているときに、その国に貸すことはできる?

A9:できる。

Q10:インフレは進む?

A10:進まない。


来週は"Mare Nostrum"で新たに実装される内容について。

次回:開発日記 3月24日