「Europa Universalis 4」開発日記 3月10日

eu4-dd20160310

「Europa Universalis 4」開発日記3月10日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は海軍について。

前回:開発日記 3月3日

2016/3/18 3月17日分へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

3月10日分の開発日記は、海軍について。

海軍ミッションについて

  • 海軍ミッションはほぼ完全に変更された。艦船を修理のために帰港させる設定や、艦隊がどれくらい攻撃的でいるかを決めるシステムが導入される。
  • 海軍ミッションは新たなミッションインターフェースから選択し、それぞれのミッションでターゲットとする海域・沿岸プロヴィンス・交易ノードを選ぶ。かつての交易の保護・私掠行為・海賊狩り・探検も以前と同様に行える(今持っている拡張にもよる)が、"Mare Nostrum"では新たに3つのミッションが追加される。
    • 敵艦隊攻撃:艦隊が自動的にそのリージョン内の弱った敵艦隊を攻撃する。
    • 港湾封鎖:艦隊を分割し、そのリージョン内の港をできるだけ多く封鎖する。
    • 輸送妨害:リージョン内の海岸線を防護し、輸送艦隊を優先的に攻撃する。

海軍の運用について

  • 損害を受けた艦船を分離する機能は、"Mare Nostrum"では大きく強化される。艦隊から分離した艦船は、修理が終わると元の艦隊に自動的に合流するようになった。
  • 1.16では、海軍指揮官も攻城戦のステータスを持つようになる。1点ごとに封鎖効率が10%向上する。"Mare Nostrum"があれば、艦隊が海上にいても補給圏内であれば指揮官を任命できる。
  • 封鎖されている海岸線は太い赤線で表示されるようになった。紫の線はプレイヤーが封鎖している海岸線だ。

海戦について

  • 海戦も完全に作り直した。全然役に立たず、どのように影響しているのかプレイヤーにわかりにくかったポジショニングを撤廃した。
  • 海戦において、一度に砲撃できる艦船の数には制限を設けた。20隻がベースラインで、沿岸で戦う場合は+10%、さらに艦隊司令官の機動の値によって±10%される。
  • さらに、艦船が撃沈されると残りの艦船すべての士気に2%までダメージが入るようになった。
  • 撃沈された艦船は沈没ではなく拿捕される可能性がある。これは敵司令官の機動の値による。艦隊が退却する際には、拿捕した艦船は自沈する。

来週は、傭兵隊について。

次回:開発日記 3月17日