CK2の次期拡張「Conclave」開発日記#4-1――v2.5チェンジログ

ck2-conclave4

CK2の次期拡張「Conclave」の開発日記#4が更新されていましたので、その内容をご紹介。今回も長いので2分割です。

前回:動画版開発日記

2016/2/5 #4-2へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

開発日記#4は、Conclave発売で変わったことについて。追加されたアチーブメントとv2.5のチェンジログが内容ですが、チェンジログのみご紹介します。

大きな変更

  • 結婚によって不可侵条約が締結され、この不可侵条約は仲人が死亡した場合には再交渉できるようにした。
  • 同盟は明確に形成され、形成には不可侵条約が必要になるようにした。
  • 徴兵軍は味方の領地で補充されるようにした。
  • ユニットは「バラバラの」状態となっていくつかのプロヴィンスに退却するようにした。
  • 配下との関係をよく保つことがより難しくなるように、多くの態度修正を調整した。
  • 選挙制以外の継承法の間は、第一継承者が以前の称号保有者の配下から50%の一時的な態度修正を得られるようにした。
  • 死亡時の効果音が年齢・性別・死因によって変わるようにした。
  • 技術画面に新たにアンビエント音を追加した。
  • 歴史はプレイヤーがセーブゲームをロードしたら実行しないようにした。(?)
  • ロビーを介さずに最新のセーブファイルをロードできる「Continue」ボタンを追加した。
  • 戦闘での死傷者の計算で数字が-200万というようにオーバーフローする問題を修正した。
  • 悪名システムを追加した。
  • 悪名の高い国に対して連合が形成されるようになった。
  • 派閥がなくなったときに、派閥画面を見てもクラッシュしないようにした。(?)

小さな変更

  • add_spouseはヌルキャラクターと結婚しているときは影響しないようにした。
  • 聖職者の称号は、後継者がいない場合やグランドマスターが上位の称号を持っている場合でも主君に移転しないようにした。(?)
  • 「Horse Lords」を持っていないプレイヤーでも、寺院の建造物から正しく道徳的正当性を獲得できるようにした。
  • ライバルは、彼らの地位がプレイヤーよりも低い場合、イベントが発生して正しく取り除かれるようにした。
  • 商業貴族はincapableの者を後継者に指名できないようにした。(?)
  • marshal_highway_robbersによる月ごとの威信点修正を引き上げた。
  • 傭兵隊長は、傭兵隊の作成者が死亡した後も能力を向上させるようにした。(?)
  • 僧侶と宦官は後継者に指名できないようにした。
  • 若い領主は初夜権を求めないようにした。(?)
  • ムスリムがfaqihの特性を既に持っていたら、faqihのイベントチェインが発生しないようにした。
  • 子供は狩猟権を求めないようにした。
  • 子供には放浪の騎士イベントが発生しないようにした。
  • 僧侶は傭兵隊長になれないようにした。
  • 領主は自分自身に不満を述べるための使者を立てないようにした。
  • 近い親族を殺害したことが明らかになった者は、態度ペナルティなしに処刑できるようにした。
  • 交易所を奪う大義名分は、Warscoreが5倍早く上下するようにした。
  • AIが誘惑する対象を選択するときのバグを修正した。
  • seize_trade_post_plotのOOS(非稼働?)を修正した。(?)
  • その場所に行くツールチップでは、キャラクターがどこでなにをしているかを表示するようにした。
  • 宣戦布告に関する人質ツールチップで、人質リストを見れるようにした。
  • 態度修正は線形に時間経過で減衰していくようにした。
  • デフォルトの法律はmtthトリガーでスクリプトし、最も高いスコアを採用するようにした。(?)
  • 小人症の継承は、より正しく実施されるようにした。(?)
  • 皇帝が収入を得られない月があるバグを修正した。
  • インド人がフォーカスウィンドウを正しく使うようにした。
  • 陸戦用のサウンドが正しく流れるようにした。
  • 称号を持たない遊牧民のクランメンバーは、役職がないことでクランにネガティブな感情を持たないようにした。
  • 政府マップモードで無人の地が水のように見えるのを修正した。
  • キャラクター選択画面でツールチップが表示されないのを修正した。
  • 大きな反乱について、いろいろなところを修正した。
  • クビにした評議員は2年間再登用できないようにした。
  • 軍を選択しているとき、プロヴィンスのツールチップに軍事情報を表示するようにした。
  • 主君が戦争中の場合、新たに宣戦布告できないようにした。
  • AIが母系結婚を使わないのを修正した。
  • パワフルな配下のアイコンを評議会画面に表示するようにした。
  • has_positionトリガーを投票行動をチェックしたり他のキャラクターと投票行動を比較するために追加した。
  • in_coalition_againstトリガーを追加した。
  • on law_vote_passedイベント、on_law_vote_failedイベントを追加した。
  • root scopeは法律を通した称号保持者とした。(?)
  • from scopeは投票を始めたキャラクターとした。(?)
  • fromfrom scopeは称号とした。(?)
  • 強制的な平和を始めるトリガーであるon_enforce_peaceというon_actionイベントと、平和の強制が実際に始まるトリガーであるon_enforce_peace_startというon_actionイベントを追加した。
  • rootは平和を強制した称号とした。
  • owns_mercenary_unitsトリガーを追加した。ROOT scopeのキャラクターが傭兵隊を保有したらtrue、それ以外ではfalseとなる。
  • 商業貴族は陰謀イベントで総督が殺害されても領地を失わない。
  • 商業共和国が他の商業共和国の首都を征服したとき、負けたほうの商業貴族は勝ったほうの商業共和国に加わらなかったのを修正した。
  • 「invite to court」がよりやりやすくした。
  • プレイヤーキャラクターが信仰している宗教の聖職者は属国にできないようにした。
  • 聖職者を追放するときに3つの大義名分が使えるようにしたた。(?)
  • 宦官は誘惑フォーカスを使えないようにした。
  • 配下のグルを投獄しようとすると自分自身を投獄してしまうイベントが起こらないようになった。(?)
  • 意味のないライバル関係を解消するイベントが正しい相手に起こるようにした。
  • 生成されたキャラクターも正しく教育特性を得るようにした。
  • 盲目の宰相はプレイヤーの配偶者を見ることができないようにした。(?)
  • Militia Training Grounds IVという建造物の必要条件を正しく表示するようにした。
  • Inform Liegeは、自分の汚職が主君に発見された場合は使えなくなるようにした。
  • スパイの標的は、死亡後、正しく消去されるようにした。
  • インターフェースのアニメーションの一部を高速化した。
  • プロヴィンスで右クリックすると、そのプロヴィンスの所有者の王朝ビューを表示するようにした。(?)
  • ゲーム中でローカライゼーションをリロードするreloadlocというコンソールコマンドを追加した。
  • _MODIFIER_DEFENSIVE_PLOT_POWER_という修正を追加した。
  • 返事が来るまでにかかる日数が間違っているバグを修正した。
  • マルチプレイでは、イベントウィンドウが表示されてから長い時間が経つと自動的に選択肢を選択するようにした(30日以下で)。
  • 妊娠すると個人の戦闘スキルに-2の修正が入るようにした。
  • プレイヤーキャラクターの孫は、子供がWolf's Bloodを継承している場合は同じボーナスを得るようにした。

長いので2分割でご紹介します。

次回:開発日記#4-2