「Europa Universalis 4」開発日記 11月12日

eu4-dd1112

「Europa Universalis 4」開発日記11月12日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。日本時間では12日20時以降の更新でしたので、1日遅れです。

前回:開発日記 11月5日

2015/11/20 11月19日分へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

11月12日分の開発日記は、属国との関係について。

軍事力による威嚇(拡張の内容)

  • 軍事力による威嚇は、プレイヤーが請求権を持つプロヴィンスについて戦争を仕掛けると、他国を脅迫する新たな外交行為だ。
  • これが受け入れられると、そのプロヴィンスを獲得することができ、さらに5年間の停戦協定を締結する。
  • 拒否された場合は、そのプロヴィンスについて自動的に宣戦を布告する。
  • 停戦協定が発効中の国家に対しては、威嚇することができない。

プロヴィンスの譲渡(拡張の内容)

  • プロヴィンスの譲渡は、属国に対してプロヴィンスを与えることができる。これは、属国の領土に隣接しているか、ひとつの海域を挟んで接続される領土なら、どのプロヴィンスでも譲渡できる。
  • 与えようとするプロヴィンスが属国の中核州である場合は、そのプロヴィンスの開発度の分だけ属国の自由の要求が減少する。

中核州の権利・請求権の譲渡(拡張の内容)

  • プロヴィンスの譲渡と同様に、中核州の権利や請求権も属国に譲渡することができ、属国がよりプロヴィンスを獲得しやすくできる。
  • 中核州の権利や請求権の譲渡では、自由の要求を減少させることはできない。

また、パラド社スタッフがその後の質疑応答で、

  • プロヴィンス等の譲渡では威信は低下しないこと
  • 相手の首都プロヴィンスには軍事力による威嚇を行えないこと
  • "The Cossacks"で実装される属国との関係は、"Common Sense"がなくても動作すること

と回答しています。

来週は、1.14で実装される無料の内容について。

次回:開発日記 11月19日