「Victoria 3」の新DLC「Sphere of Influence」発売は6月24日!

「Cities: Skylines」Hotels & Retreats開発日記#2――無料アップデート

その他

「Cities: Skylines」Hotels & Retreats開発日記#2が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は無料アップデートの内容について。「Hotels & Retreats」リリース前の開発日記です。

前回:Hotels & Retreats開発日記#1――新機能


スポンサーリンク

開発日記

Hotels & Retreats開発日記#2無料アップデートの内容について。

  • 今回は5月23日リリースの無料アップデートの内容について。今回のアップデートではベースゲームのほか、「Green Cities」「Parklife」「Industries」「Sunset Harbor」「Airports」「Plazas & Promenades」に追加物がある。

新たな乗り物

  • ベースゲームには6種類の産業車両と新たな貨物列車が追加される。調理バンや大型トラックのような産業車両や貨物列車は都市に登場する車両の選択肢に自動的に追加され、バリエーションをより豊かにする。

  • Green Cities」では新たに40人乗りと75人乗り連節バスの2つのバイオ燃料バスが追加される。

  • Sunset Harbor」ではトロリーバス2種類、連接トロリーバス5種類、観光客向けの2階建て都市間バス1種類の合計8種類が追加される。新たなトロリーバスは26人乗りから90人乗りまであり、またトロリーバスのバランスを見直して通常のバスより静かになった。詳細は後述する。

  • Parklife」では公園整備車両(Park Maintenance Vehicle)が追加され、公園を整備し、娯楽度を高めてくれるようになる。公園整備棟(Park Maintenance Building)の車両セレクターから、新たなものか既存のものか、それともランダムにするかを選べる。

新たな道路

  • Industries」では3種類の産業道路が追加される。小さな4車線産業道路(Small Four-Lane Industry Road)は狭いが交通量の多い工業地帯の車線を増やすもので、6車線のものもある。片側3車線ずつの産業用高速道路(Industry Highway)は安価な高速道路だ。

  • Sunset Harbor」ではトロリーバス路線をより柔軟に構築できる新道路が4種類追加される。トロリーバス架線がある街路樹つき4車線道路(Four-Lane Road with Trolleybus Wires and Trees)とトロリーバス架線がある中央分離帯つき6車線道路(Six-Lane Road with Median and Trolleybus Wires)があり、これには芝生の中央分離帯と街路樹つきのものもある。

  • Sunset Harbor」と「After Dark」の両方を持っている場合は、自転車レーンつきの道路3種類が追加される。小さな道路・大きな道路どちらでも、トロリーバスを道路に追加するときに自転車レーンを犠牲にする必要はなくなった。中央分離帯のある中くらいの道路・大きな道路では、中央分離帯の木・トロリーバス架線・自転車レーンつきの6車線道路がある。

  • Sunset Harbor」と「Plazas & Promenades」の両方を持っている場合は、トロリーバス架線つき歩行者道路6種類を利用できる。これにはバスレーン付きのものもあり、通常のバスとトロリーバス両方を利用できる。トロリーバス用道路は路面電車の電線と交差できるようになっており、そうでなくても路面電車とトロリーバス両方を歩行者エリアに容易に通せるようになっている。

新たな建物と装飾

  • 今回のアップデートではベースゲームにシラカバ・オウシュウトウヒ・大きな低木を追加した。アセットエディターには建物の装飾に使える2種類の生け垣のプロップも追加されている。

  • Green Cities」ではより汚染の少ない先進石炭発電所(Advanced Coal Power Plant)が新たに追加され、最初から利用できる。クリーンなエネルギーを提供するわけではなく、コストも高くなるが、通常の石炭発電所より多くの電力を生み出す。

メガネザルハウス(左)・急流滑り(中央)・自然保護区博物館(右)は観光客に喜ばれること間違いなし

  • Parklife」では遊園地・動物園・自然保護区に新たな建物が追加される。急流滑り(Log Ride)は市民に新たなスリルを提供し、メガネザルハウス(Tarsier House)では市民にメガネザルについて教育し、自然保護区博物館(Nature Reserve Museum)では地域文化の歴史を保存しよう。こうした建物はパークエリアの娯楽度を高めるほか、道路沿いに設置すると独立した公園として利用できる。

  • Industries」では鉄道接続倉庫(Warehouse with Railway Connection)が追加される。通常の倉庫と同じ機能を持ちつつ鉄道経由で直接商品を出し入れできる。容量は中くらいの倉庫と大きな倉庫の中間の600トンある。

  • Industries」と「Sunset Harbor」の両方を持っている場合は、魚とプラスチックを組み合わせる新たなユニーク工場「海産物工場(Seafood Factory)」を利用できる。また、倉庫に魚を保管できるようになり、魚関連製品の生産がより便利になる。

  • Airports」では大小2つのコンクリートエプロンが追加される。このエプロンはネットワークにスナップし、区画タイルをブロックするが、ネットワークやほとんどの建物と重ねることができ、航空機スタンド・格納庫・駐機中の航空機など、都市の舗装された場所ならどこでも使用できる。

  • Plazas & Promenades」では小さな噴水広場(Small Fountain Plaza)や花の広場(Flower Plaza)に新たなバリエーションが追加される。これまで石材の種類は1種類だったが、歩行者道路に合わせて砂岩・青石・丸石が追加され、大きな噴水広場(Large Fountain Plaza)でもさらなるバリエーションがある。設置時にはランダムに選択されるが、建物情報パネルのサブメッシュのバリエーション選択で変更可能だ。

改善点

  • 前回のアップデートでは輸送車両のバランスを調整したが、今回のアップデートではトロリーバスに関するフィードバックに対処し、交通手段としての実用性を高めたいと思い、以下の変更を行った。
    • トロリーバスの騒音を引き下げ。
    • トロリーバス1台当たりのコストを引き下げ。
    • トロリーバス架線がある道路のコストと維持費を少し引き下げ。
  • また、フェリーの容量も見直され、すべてのフェリーで定員を30人増やし、40~80人とした。
  • 公園のバランスも調整した。「Hotels & Retreats」ではホテルに恩恵をもたらす観光関連の建物が追加されるが、ベースゲームの公園も有効な選択肢として残しておきたかった。一部の公園は他と同程度の恩恵がないのに大きかったり、効果だったりしたが、建設費・維持費・娯楽度・娯楽をもたらす半径・訪問者数を調整し、効果の低い公園を他の公園と同程度に引き上げた。

  • 道路建設については新たなツールで区画のマスを制御できるようになった。既存の道路ツールの隣にある「区画の切り替え(Toggle Zoning)」ボタンで、両側に区画を作る、右側のみ、左側のみ、区画なしを切り替えられる。最初に道路を作るときに好みの区画配置を選択できるし、後でアップグレードツールから変更も可能だ。
  • 「Hotels & Retreats」は5月23日に利用可能になるが、このアップデートで予定していたすべてのバグ修正を含めることができなかったため、後でバグを修正する小規模なアップデートを行う予定だ(リリース日は未定)。

「Hotels & Retreats」についてはこちら。

スポンサーリンク

コメント

  1. 鉄道接続倉庫良いですねえ

  2. 確か、日本の鉄道が追加されるとは聞いたけど…あれはどうなったんやろ…

タイトルとURLをコピーしました