Steamにてパラド社タイトルが幅広くセール対象となっています。Stellaris・HoI4は無料プレイも可能。

パラド社CEOが突然の交代――今後の会社戦略の考え方の違いが理由

Paradox Interactive社

2021年9月1日(日本時間2日)、パラド社からCEOをEbba Ljungerud氏から前CEOのFredrik Wester氏に交代する旨、発表がありました。


スポンサーリンク

概要

2021年9月1日(日本時間2日)、パラド社はウェブサイトにおいて、同日付でそれまでCEOを務めていたEbba Ljungerud氏が退任し、前CEOで取締役会議長(Chairman of the Board)のFredrik Wester氏が新たにCEOに就任することを発表しました。交代の理由は「今後の会社戦略に対する考え方の違い」とされています。

Wester氏は同時に取締役会議長を辞任し、後任には取締役会副議長(Deputy Chairman of the Board)のHåkan Sjunnesson氏が就任すると発表されています。

考察

2021年第2四半期決算の記事でも書いたように、パラド社は2021年上期で2四半期連続前年同期比減収減益となっていましたが、これはスウェーデンクローナの為替レート変動が原因であるとされており、CEOが更迭されるほどの経営上の失敗があったようには思われません。業績推移を見ると2018年8月のCEO就任以来、Ljungerud氏は非常にうまく経営できていたように見えます。発表どおり、「今後の会社戦略に対する考え方の違い」が交代の理由なのでしょう。

新CEOとなったWester氏はパラド社株式の33.4%を保有する筆頭株主でもあり、Wester氏はLjungerud氏と会社戦略について異なる考え方をしていることが今回の突然のCEO交代につながったものと思われます。Ljungerud氏は2021年第1四半期決算のCEOコメントで中核分野であるストラテジー・マネジメントゲームにより多くの投資と資源を投入することを掲げていましたが、もしかするとこの点についてWester氏と折り合わなかったのかもしれません(具体的にどういう点の考え方の違いなのかは明示されていないため、想像に過ぎませんが)。


個人的にはパラド社開発スタジオのグランドストラテジーが好きなので、Ljungerud氏の中核分野への集中投資の方針は歓迎していたのですが、CEO交代でこの方針が変わってしまうとなると、新たなパラド社タイトルの広がりが出て経営が安定しそうな一方で、相対的にグランドストラテジーへの力の入れ方が軽くなってしまうのではないかと心配でもあります(上に書いたように、この点で方針転換があるかは現時点ではあくまで想像に過ぎませんが)。

なんにせよ、今後の展開を注視したいと思います。

コメント

  1. 主君押籠派閥の要求が通ったか

  2. なんらかの不祥事とかの可能性もあるしなんとも言えんなあ
    「経営方針の違い」ならストラテジー以外への注力へ方針転換あるかもしれないけど「大人の事情」ならそうとも限らんし…

    とりあえずNSBとVic3待ってます

  3. 良くも悪くもコーエーみたいになっていくのかな

  4. 阪神関係ないやろ!

  5. 開発中止とかやめてくれよ…

  6. 新CEOはモバイルに注力するに三千点

  7. 次の方針は早めに発表してほしいな

  8. Westerは筆頭株主である以前に元CEOで、パラドを実質的に創設した人
    取締役会会長に就任して第一線を退いていたけど、新体制にやっぱり納得できず戻ってきたんだろう
    どこに投資するかより、直近の業務体制の大幅な刷新に関して色々あったんじゃないかなあ

  9. 社内でセクハラに関する問題も燻ってるような記事も見かけたけどどうなるのかなー

  10. 前の人ならまだ安心かな?
    流石にck3のアップデート打ち切りとかないよな:( ;´Д`;):

タイトルとURLをコピーしました