「Imperator: Rome」発売は4月25日!

「Europa Universalis IV」開発日記2018年12月10日

「Europa Universalis IV」開発日記2018年12月10日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回はパッチノートについて。

前回:開発日記2018年12月4日


スポンサーリンク

概要

2018年12月10日分の開発日記は、パッチノートについて。

拡張の内容

  • 新たなMinority Expulsion(マイノリティの追放)機能により、こうした者たちを「対岸の火事」にできるようになった。
  • 自国のステートや自国に従属する植民地国家のステートにEstablish Orders(修道会の設立)が行えるようになった。
  • 強力で独立したAndalusia/Granada向けにSufi Orders(スーフィー教団)を追加。
  • プレイヤーの海におけるプレゼンスを高めるFlagship(旗艦)であるthe pride of your navy(海軍旗艦)を建造できるようになった。
  • Artillery Barrageを補完するNaval Barrage(艦砲射撃)を追加。
  • Dharma所有者向けにPirate Republics(海賊共和国)に6つの新たなgovernment reforms(政府改革)を追加。Dharma非所有者向けには似たような効果を持つ3つのディシジョンを追加。
  • 海賊国家を出現させる8つの動的な史実イベントを追加。
  • 海賊国家向けミッションを追加。
  • Dharma所有者向けにCouncil of the Indies(インディアス枢機会議)の政府改革を追加。
  • 海賊共和国の政府改革とlegacy government(注:非Dharma所有者向けのディシジョンのことと思われる)を追加。
  • 海賊共和国になるディシジョンを追加。
  • Rule Britannia所有者向けにイベリア諸国用のnaval doctrinesを追加。
  • Castile、Spain、Aragon、Portugal、Granada、Andalusia、Morocco、Tunisiaのミッションを追加。
  • 修道会、スーフィー教団関連イベントを追加。
  • 旗艦イベントを追加。
  • マイノリティの追放に関するイベントを追加。

無料の内容

  • Navarra向けに10の無料のミッションを追加。
  • Andalusiaのアイディアを追加。
  • Berberのミッションを追加。
  • Brazilian cultureを追加。South AmericaのPortugueseのプロヴィンスや国家により出現する。
  • Mexican cultureを追加。
  • Nahuatl、Mayanの宗教の国家に関するスタートアップ画面のコンテンツを追加。
  • Asturias、Barbary Pirates、Morocco、Texas、Tunisのnational ideasを追加。
  • Aragon、North Africanの国家のスタートアップ画面を追加。
  • スパニッシュメインのマップの見直し。
  • イベリア半島、マグレブ地域の見直し。
  • CastileとSpainのnational ideaの分離。
  • Portugal向けのFlee to Brazil(ブラジルへの避難)ディシジョン。
  • Morocco向けのStirrings in the South(南部の動揺)イベント。
  • イベリアのキリスト教国向けのSublimis Deusイベント。

ゲームバランス以下については省略します。

  • Golden Centuryには以下のDLCの機能をアンロックするホットフィックスも付属している。
    • Treasure FleetはGolden Centuryでアンロックされる(これまではEl Doradoの機能)
    • Privateeringに関するすべての機能はGolden Centuryでアンロックされる
    • Transfer Occupationはすべてのプレイヤーにアンロックされる(これまではArt of Warの機能)
    • Increase Developmentはすべてのプレイヤーにアンロックされる(これまではCommon Senseの機能)

EU4開発日記は今回が年内最後とのこと。

1.28「スペイン」アップデートと最新DLC「Golden Century」は12月11日リリース予定です。

次回:開発日記2018年12月18日

コメント

タイトルとURLをコピーしました