「Europa Universalis IV」開発日記2018年7月17日

「Europa Universalis IV」開発日記2018年7月17日分が公開されましたので、その内容をご紹介。今回はマルチプレイの新機能とグラフィックについて。短め。

前回:開発日記2018年7月10日


スポンサーリンク

概要

2018年7月17日分の開発日記は、マルチプレイの新機能とグラフィックについて。今回の内容はどちらも1.26パッチに含まれるとのこと。

マルチプレイの新機能

  • Happy Three Friends」というDev Clashキャンペーンをご覧になったみなさんはこの機能を覚えておいでだろう。このとき私は午後に大急ぎでいくらか改造を施した。すなわち、特別ルールをいくらかつけて私たち3人がチームとしてプレイできるようにし、さらにスコアを互いに共有できるようにもした。多くの人がこの機能をつけてプレイできるようにしてほしいと求めてきたが、その時点ではまったく使い物にならなかった。そこで私たちはこれを取り出して磨きをかけ、少しばかり手直しした。

  • この画像は私たちと幾人かのベータテスターたちがこの機能を使っているところだ。
  • これはマルチプレイタブ下の設定インターフェースで有効にできる。またホストに限らず誰でもチームを作れるようにできる追加オプションもある。しかし権限の設定とチームの廃止はホストだけが可能だ。
  • この機能では他に、プレイヤーに対してどのように同盟や勝利カード(victory cards)が機能するかも変更できる。例えばプレイヤー全員に強制的に同盟を結ばせ、手動で同盟を破棄する手段のほぼすべてをブロックするなどだ。属国化などのように同盟が破棄される特別なケースはいくつかあるが、プレイヤーがチームに属している場合は、プレイヤーと他のチームメンバーの間の評価にかかわらず、いつでも同盟を結ぶことができる。こうした同盟は関係スロットにカウントされない。
  • 勝利カードについては、プレイヤーは互いに勝利カードを獲得するということはなくなる。
  • 頭に入れておいてほしいのは、技術的にチームとはチーム内のプレイヤーではなく、国家それ自体を指すということだ。つまりプレイヤーがゲームを抜けた場合でも、その国は依然としてチームにカウントされる。

インドの攻城戦グラフィック

  • こちらはインド諸国用のフレーバー豊かなアートを加えたインドの攻城戦グラフィック。

来週はバランスの変更について。

次回:開発日記2018年7月24日

コメント