「Europa Universalis IV」開発日記2016年12月20日

「Europa Universalis IV」開発日記12月20日分が公開されていましたので、その内容をご紹介。今回は2016年のEU4まとめについて。ゲーム内容についての記載はほとんどありません。

前回:開発日記2016年12月13日


スポンサーリンク

概要

12月20日分の開発日記は、2016年のEU4まとめについて。今回はAnona氏(どういうポジションかは不明)によるもの。

  • EU4チームはまだリリースされていない新たな内容のバグ潰しをして、今年の仕事を終えようとしているところだ。チームはみな興奮していて、次の拡張のアナウンスを待ちきれないでいる。既に2名がクリスマス休暇に入っており、私たちほぼ全員も今週の木曜か金曜には休暇に入る予定だ。
  • 2016年はチームに大きな変化があったが、新しいことを経験し、学び、仕事の新しい方法を探していることは変わりない。悲しいことに私たちの伝説的なAIプログラマーの一人が自分の道を進むためにチームを去ったが、まことに尊敬すべき2名が新しくチームに加わった。"Rights of Man" の開発の間、CK2チームの二人のコンテンツデザイナーからイベント作成の手伝いをしてもらう機会があった。ときどきやる評価における新たな活動だけでなく、かつてないほどに、私たちははっきりしたフィードバックセッションをもつことができた。だが、いつも多くの変更が行われるが、チームで誰よりも長くEU4に関わってきており、この先もディレクションを行うJohanを中心に制作できるのは幸運なことだ。
  • 今年誇りに思う仕事は、"Rights of Man" をリリースできたことだ。これはSteamレビューで86%の支持を得た。"El Dorado" と並んで同率2位、"Art of War" より2%低い。これは素晴らしい結果であり、次の拡張ではより高いスコアを目指す。
  • 加えて、献身的なファンからフランス語とドイツ語の翻訳者になってくれた2名を得ることができた。彼らは私たちのファンに近くあることという私たちのビジョンに合致している。私たちの翻訳の質は情熱と技術によってさらに向上している。将来的には、すべてのテキストがファンによって翻訳されることになるだろう。
  • ところで、少し前に私たちのオフィスでファン向けの集会が行われ、みなさんと素晴らしい会話をすることができた。来年のPDX Conにも是非参加していただきたい。
  • 私が皆さんに対して望むのは、私たちがやっている面白いマルチプレイセッションを楽しんでほしいということだ。セッション外での計画や戦略はなにをカメラに映すかという制限はないが、カメラがオフのときにどのように同盟を組むかについてはチームの中では継続的に話し合いが持たれている。勝利したWiz、おめでとう!
  • 今年の私たちへのフィードバックすべてに感謝する。フィードバックは私たちにとって非常に役立つものだし、チームのメンバーはみなさんのフィードバックを毎日読んでいる。私たちとのやり取りを続けてもらいたいと思うし、私たちもまた皆さんの声を聞き続けたい。
  • すべてのEU4ファンへ、メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!

質疑応答

Q1:フランス語とドイツ語の翻訳者に2名のファンがなったということだけど、スペイン語の翻訳者に興味ない?

A1:ある! 私にプライベートメッセージを送って。そこから話を続けましょう。


次の開発日記は3週間後(1月10日)とのこと。

翻訳に関しての話が出ていますが、これ日本語は……まあEU4では無理でしょうね……。

次回:開発日記2017年1月10日