こちらが滅びるか、人類が滅びるか――「Plague Inc: Evolved」

plagueinc

感染症を持つ病原体を作って人類を絶滅させるゲーム「Plague Inc: Evolved」のご紹介。本作はPC版ですが、スマホ向けの「Plague Inc」というゲームアプリもあります。


スポンサーリンク

概要

  • ジャンル:シミュレーション
  • 発売年:2014年(Steamでは)
  • 開発会社:Ndemic Creations(イギリス)
  • Steamで購入可能(1,680円。早期アクセスですが、充分遊べます)
  • 日本語でのプレイ:可能

PC版は有料ですが、スマホアプリ版はAndroid版:無料(アプリ内課金)、iOS版:120円です。

冒頭でご紹介したとおり、感染症を持つ病原体を作って人類を絶滅させるゲームです。感染が拡大していくことで病原体を進化させることができるので、いかに感染者を増やすか、どんな症状を引き起こすべきかを考えながら、病原体を進化させていきます。

当然ながら人類も感染症には黙っていないので、一旦病原体が認知されると特効薬の開発を始めます。そうなったら、特効薬が完成する前に人類を絶滅させなければなりません。スピード勝負です。

ちょっとだけ詳しく

plagueinc-main

メイン画面はこんな感じ。最初の感染国を選んで、そこから感染者を増やしていきます。この画像では日本を選択。日本は富裕国という括りなので、そのままではなかなか感染者が広まりません。

plagueinc-evolve

日本は都会的な国という括りでもあるので、都市部で広まりやすくなる症状「咳」を獲得しましょう。

plagueinc-main2

その後も富裕国で有利になるような形質を獲得し、およそ10か月で日本の人口の9割近くが感染。さすがに人類にも見つかりました。

plagueinc-main3

およそ2年強で世界人口の8割に感染しましたが、特効薬CUREが完成してしまいました。

plagueinc-lose

敗北。人類によって病原体は絶滅させられてしまいました。

plagueinc-result

最後にはこんなグラフもあります。だいたい1回のプレイは15~20分くらいのお手軽なゲームです。


このゲーム、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のブログにも取り上げられたそうです。伝染病についての啓蒙や教育に関して、CDCが興味を持ったということのようです。

人類を絶滅させるという暗い喜びを感じられるゲームですが、いかがでしょうか。