「Cities: Skylines」の新DLC「Financial Districts」ほか2本は2022年12月13日発売予定!

HoI4バージョン1.11.12ベータ版がリリース

HoI4 バージョン情報

2022年6月3日、HoI4バージョン1.11.12ベータ版がリリースされました。

前バージョン:1.11.11正式版


スポンサーリンク

1.11.12ベータ版パッチノート

パラドフォーラムのパッチノートはこちら。以下では私が気になった部分を抜粋してご紹介しています。

  • 戦車モジュールに関する戦車の転換コストを改善。
  • 戦車モジュール「砲安定装置(Stabilizer)」を1両につき1つに制限。
  • defines「ARMOR_VS_AVERAGE」を0.3→0.4に変更し、貫徹値に関するものと一致させた。
  • 戦車アップグレードの資源コストを引き下げ、装甲アップグレードを改善。
  • 高初速砲の貫徹値を引き下げ。
  • 駆逐戦車と自動車化対戦車砲に関する技術の貫徹値ボーナスを引き下げ。
  • 火炎放射器の地形補正を調整。
  • 偵察戦車の能力値がユニットサイズに比例するように変更(装甲を含む)。
  • 「No Step Back」が有効な場合、技術による装備転換速度ボーナスが戦車生産ラインに適用されなくなった。代わりにこのボーナスは転換の基礎コストを低減し、車体コストの最大20%→90%になった。この2つの技術はコストをそれぞれ50%と10%に引き下げる。
  • 自動車化装備は自動車化砲兵/対戦車砲/対空砲大隊に必須のものとなった。
  • 技術「改良型装備転換(Improved Equipment Conversion)」「発展型装備転換(Advanced Equipment Conversion)」のアイコンを変更し、効果をわかりやすくした。
  • axis armor packが有効な場合、現代ドイツ戦車の3Dモデルが対空車両しか利用できない不具合を修正。
なお、ベータ版で遊びたい場合はSteamのライブラリからタイトルを右クリック→プロパティ→ベータからプルダウンメニューでバージョンを切り替えることができます。

質疑応答

Q:開発チームは陸戦の「段階的」あるいは「非二元的」な装甲貫徹システムの改良に関する話題を見直す時間をとってほしい。(注:参考

A:内部的に変更されたが、変更の範囲から追加パッチではなく次の大規模アップデートで行う予定だ。


次バージョン:1.11.12正式版

コメント

タイトルとURLをコピーしました