「Europa Universalis 4」開発日記 8月14日

eu4-dd0814

昨日に引き続き、EU4Wikiで翻訳されていない回の開発日記について、その内容を簡単にご紹介。今回は8月14日分。

前回:開発日記 6月18日

2015/11/21 9月10日分へのリンクを追加。

スポンサーリンク

概要

8月14日分の開発日記国家デザイナーの今後の改良について。

カスタム国家テンプレートのセーブ

  • 国家デザイナーに寄せられたリクエストの中で一番多いのが、カスタム国家のセーブだ。これはおそらくバージョン1.14で使えるようになるだろう。
  • セーブとロードのボタンが新たに付け加えられる。セーブは作成した国家のプロヴィンス以外の情報をセーブする。ロードは今のカスタム国家情報をセーブした国家の情報に置き換える。

政府のランクの選択

  • これは1.12/13には間に合わなくて、1.14で搭載されるものだ。公国ランクはタダ、王国なら10点、帝国なら30点を消費する。

色の選択の改良

  • これはまだ作っていないが、1.14には間に合わせたいと思っている。プリセットの色リストから選ぶだけでなく、ゲーム内のRGBピッカーから色を選べるようにする。

パターンとエンブレムの追加

  • これも1.14には間に合わせたいと思っている。より多くのフラッグパターンとエンブレムを追加することで、選択肢が増える。

ランダムセットアップの改良

  • これは国家デザイナーの機能ではないが、現状では単調さがある。いつもいくつかの大国と多数の中規模国家ができ、生成される世界にはもっともらしさがなかった。
  • 生成される国家のサイズをコントロールしたり、名前を変えたり、ランダムなアイディアを生成することができる。技術グループやまだ植民地化されていない部分の設定もできる。

アチーブメント

  • 国家デザイナーはアイアンマンモードを使えるが、今はカスタム国家でアンロックされるアチーブメントはない。将来的には、カスタム国家特有のアチーブメントを追加する予定だ。例えば、ノース国家で北ヨーロッパを征服した場合のように。

9月に入ってからも精力的に更新されています。EU4は発売からもうかなり経つはずですが、パラド社としてはまだまだ開発を続けていくタイトルのようです。

次回:開発日記 9月10日